サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲルト・ミュラー(本名:ゲルハルト・ミュラー Gerhard Müller, 1945年11月3日-)は、西ドイツ出身のサッカー選手。ポジションはFW。

ドイツ史上最高のストライカー。抜群の得点感覚とポジショニングで泥臭いゴールを得意とし、どんな体勢からでもゴールを奪った。驚異的な数の得点を量産し『デア・ボンバー(爆撃機)』と呼ばれた。


■ゲルト・ミュラーのプレイスタイル

観客からすれば面白いとはお世辞にも言えないプレーをした。ボール扱い、ドリブル、パスなどは高校生レベルだと話すドイツ人もいる程、下手であったと言われる。しかし、「ゴールへの嗅覚が鋭い」という表現が正にそのまま当てはまる選手で、何故かゴール前の彼の所にボールが集まってくるのである。ミュラーは特にペナルティエリア内でゴールを背にし、相手DFにコースを消されているときでさえ、比類のないすばやさで下半身を反転させ、左右どちらの足からもグラウンダーのシュートをゴール隅にたたきこんだ。また、決して高いとはいえない身長ながらも抜群のポジション取りによって、多くのヘディングシュートも決めることができた。

数字上の記録(得点数)もさることながら、74年のW杯決勝、オランダ戦の決勝ゴールに代表されるように大舞台での勝負強さも持ち合わせていた。「FWの仕事は得点を挙げること」を体現した選手であり、史上最高のストライカーが誰かを論ずる際に必ず名前が挙がる選手である。


■ゲルト・ミュラーのクラブ

1963年地元のクラブ・TSVネルトリゲンでデビュー。ここでの活躍がスカウトの目に留まり翌季にはバイエルン・ミュンヘンと契約。在籍15年間で4回のリーグ優勝 (1969 / 72 / 73 / 74年) 、7回のドイツ・ブンデスリーガ得点王 (1967 / 69 / 70 / 72 / 73 / 74 / 78年) 、チャンピオンズカップ優勝3回 (1974 / 75 / 76年) 、カップウィナーズ・カップ優勝1回 (1967年) 、ドイツカップ優勝4回 (1966 / 67 / 69 / 71年) 。

1979年ドイツを後にしアメリカへ渡り、フォートローダーデール、スミス・ブラザーズに所属したあと、1982年に現役を引退した。

引退後はアルコール依存症に苦しんだ時期もあったが、バイエルンのコーチなどもつとめた。


■ゲルト・ミュラーの代表

1966年10月12日 vsトルコ戦で代表デビュー、無得点に終わるが2戦目のアルバニア戦では4ゴールを挙げた。

1970年メキシコワールドカップでは10得点、1974年西ドイツワールドカップでは決勝戦オランダとの試合では決勝点を決め優勝、この大会4得点を挙げる。ワールドカップ通算14ゴールはブラジル代表のロナウドが2006年ドイツワールドカップで塗り替えるまで32年間通算ゴールトップの座を守った(2006年現在歴代2位)。

1972年欧州選手権でドイツ代表は優勝、ミュラーも4得点を記録し得点王に輝く。29歳で代表を引退。最後の試合は、上記の1974年決勝である。


■ゲルト・ミュラーの歴代最多得点記録

ブンデスリーガ 365得点(427試合)
ドイツ代表 68得点(62試合)


■ゲルト・ミュラーの所属クラブ

1954-64年 TSVネルトリゲン ドイツ
1964-79年 バイエルン・ミュンヘン ドイツ
1979-80年 フォートローダーデール アメリカ合衆国
1980-81年 スミス・ブラザーズ アメリカ合衆国



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/305-d144faa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。