サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーター・ボールスロウ・シュマイケル MBE (Peter Boleslaw Schmeichel MBE, ペーデル・ボレスラフ・シュマイヒェル、1963年11月18日 - )は、デンマーク出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。193cm。96kg。リカルド・サモラ、レフ・ヤシン、ゼップ・マイヤー、ゴードン・バンクス、ディノ・ゾフらと共に20世紀最高のGKの1人に挙げられる。愛称は“白い巨人”。190cmを越す巨漢で、足元でのプレーやゴールエリア外に飛び出すプレーはあまり得意ではないが、ゴールライン上での圧倒的な存在感を放ち、ハイボールや至近距離からのシュートに抜群の反応を見せる。また、リードしている試合以外のロスタイム時のセットプレイには果敢にも相手ゴールまで上がりゴールを狙うことが多くアストン・ヴィラ在籍時に1得点、代表でも1得点挙げている他、練習試合などでは見事なボレーシュートを決めていたりした。

元々ハンドボールのキーパーだったが(そのためか、センターラインを超えるほどのスローイングを放つことができた。また、度々ハンドボールのようなセービングも見せている)、スカウトされてサッカーに転向する。マンチェスター・ユナイテッドでは1991年から8年間プレーし、リーグ5回、FAカップ3回、チャンピオンズリーグとリーグカップを1回ずつ獲得した。特に所属最終年の1999年にはキャプテンとして三冠(トレブル)を果たした。マンチェスター・ユナイテッドのGKとして圧倒的な存在感を放っていたため、彼が退団した後のマンチェスター・ユナイテッドのGK達は彼の亡霊に苦しむことになる。

デンマーク代表の最多キャップ保持者(129試合)。EURO1992では好セーブで優勝に貢献し、MVPに選出された。

また、彼の息子、カスパーも、U-19デンマーク代表にも選出されるなどしている。


■ピーター・シュマイケルの所属クラブ

グラッドサクス・ヘロ(デンマーク) 1975-1983
フビドブレIF(デンマーク) 1984-1986
ブロンビー(デンマーク) 1986-1991
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 1991-1999
スポルティング・リスボン(ポルトガル) 1999-2001
アストン・ヴィラ(イングランド) 2001-2002
マンチェスター・シティ(イングランド) 2002-2003


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/300-92605b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。