サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシア(Luis Enrique Martinez Garcia, 1970年5月8日 - )は、スペイン・ヒホン出身の元サッカー選手。元スペイン代表。ポジションは主に攻撃的ミッドフィールダー、ウイング。ニックネームは「Lucho(ルチョ)」。


■ルイス・エンリケのプレイスタイル

どのポジションでもこなす選手で、現役生活の中でゴールキーパー以外の全てのポジションを経験している。代表ではセンターフォワードなのに、クラブではサイドバックなどということもあった。全盛期は2列目の攻撃的なポジション(メディアプンタ)を主に担当した。

ポジションよりも、むしろその感情を剥き出しにするようなガッツ溢れるプレイや、鋭い得点感覚で、スペイン国内のみならず世界中のフットボールファンに愛された選手。その闘志をみなぎらせた姿から「闘将」とも呼ばれた。


■ルイス・エンリケの略歴

1989年に地元のクラブ、スポルティング・デ・ヒホンでプロデビュー。その後レアル・マドリードCFへ移籍。レアル・マドリードCFでは中盤のダイナモとして機能し、リーグ優勝に大きく貢献した。スペイン代表にも選ばれ、そこでもなくてはならない存在となった。

ところが、レアル・マドリードCFで栄光を極めた後の1996年に、突如としてライバルのFCバルセロナへ移籍する。起用法などを巡りフロントと対立した(中盤より前にタレントが多かったチームの中で彼はラテラルをやらされていた)のがきっかけだった。それ以前にミカエル・ラウドルップが逆の形で移籍をしていたため、話題になったとはいえそれほど驚きのあるものではなかったが、マドリーのファンからは「裏切り者」として非難の対象となった(後にルイス・フィーゴがFCバルセロナからレアル・マドリードCFに移籍した際に、「罵声を受けてプレイすることになると思うけど、彼の気持ちを理解できるのは逆の移籍をした自分くらいだろう」と語っている)。

しかし、ルイス・エンリケは持ち前の熱いプレイでカンプ・ノウの観客を魅了。移籍直後のシーズンは主に右サイドのポジションでフル回転。レアル・マドリードCF時代とは、ガラリとプレースタイルを変えてシャドーストライカーとして機能し、得点ランクの上位に顔を見せるようになった(17ゴール)。また、翌1997-1998シーズンからはリーガ・エスパニョーラ2連覇の原動力として活躍。FCバルセロナではクラブのシンボルとして、すべてのバルセロニスタ(FCバルセロナのサポーターの通称)から愛される(カタルーニャのファンの為に自らカタルーニャ語を学んだ姿勢は殊に好まれた)存在となった。キャリアの晩年は主将も務めた。

ルイス・エンリケ自身はFCバルセロナのソシオ(Socio、所謂ファンクラブ)会員でもある。

ナショナルチームレベルでは、1991年のルーマニア代表戦でスペイン代表デビュー。1992年のバルセロナ・オリンピックでは主力選手として活躍し、金メダルを獲得。1994年・1998年・2002年と3度のワールドカップにも出場したが、最高成績はベスト8に留まった。

2004年、惜しまれつつ現役を引退。


■ルイス・エンリケの所属クラブ

1989-1991 スポルティング・デ・ヒホン(スペイン) 
1991-1996 レアル・マドリードCF(スペイン) 
1996-2004 FCバルセロナ(スペイン) 


■ルイス・エンリケの獲得タイトル

国内リーグ 3回(94-95,97-98,98-99)
UEFAカップウィナーズカップ 1回(96-97)
UEFAスーパーカップ 1回(1997)
コパ・デル・レイ 3回(92-93,96-97,97-98)
バルセロナ・オリンピック 金メダル(1992年)



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/297-8bc4467b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。