サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エミリオ・ブトラゲーニョ・サントス(Emilio Butragueño Santos, 1963年7月22日 - )は、スペイン・マドリード出身の元同国代表サッカー選手(FW)。

「エル・ブイトレ」(ハゲワシ)のあだ名を持つスペインを代表するフォワード。1980年にレアル・マドリードとアマチュア契約を交わし、1984-1985シーズンにトップデビューを飾ると、1984年10月17日のウェールズ戦で代表デビューを果たした。以来翌シーズンからのリーガ5連覇など数々のタイトル獲得に貢献し、黄金期の一角を担うとともに1985年、1986年と2年連続で1位こそ逃したものの、バロンドール投票で3位を獲得。1986年のメキシコW杯ではデンマーク戦で4得点を挙げるなど活躍を見せた。

1990-1991シーズンには19得点を挙げて得点王を獲得するとともに、イタリアW杯にも出場。1994年のアメリカW杯に出場後、メキシコのクラブチームへ移籍し1998年に現役を引退した。

現役引退後は古巣レアル・マドリードへフロント入りし、スポーツディレクターとしてチームの強化を担当している。 2006年、会長の交代により、退団。


■エミリオ・ブトラゲーニョの選手経歴

カスティージャCF(スペイン) 1982-1983
レアル・マドリード(スペイン) 1983-1995
アトレティコ・セラヤ(メキシコ) 1995-1998



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/295-ef4a8ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。