サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルトヘルス・ヨハネス・マルティニウス・ファン・ニステルローイ "ルート・ファン・ニステルローイ"(Rutgerus Johannes Martinius van Nistelrooij "Ruud van Nistelrooy", 1976年7月1日 - )は、オランダ・北ブラバント州オス出身でリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードに所属するサッカー選手(FW)。


■ルート・ファン・ニステルローイの経歴

1993年にオランダのクラブチーム・デン・ボッシュでキャリアをスタート。フォワードとして頭角を現し、1998年にPSVへ当時のオランダリーグ最高額の移籍金で移籍。オランダ代表にも招集され、同年11月19日のドイツ戦で代表デビューを果たす。

PSVでの活躍が海外からも注目され、2000年にマンチェスター・ユナイテッドが獲得に名乗りを挙げたが、故障のため先送りとなり翌年入団。2001-2002シーズンから2年連続でチャンピオンズリーグ得点王、2002-2003シーズンにはプレミアリーグ得点王に輝くなど、オランダのみならず世界有数のストライカーに成長した。 所属するマンチェスターユナイテッドでは2005-2006シーズンもゴールを量産したが、ウェイン・ルーニーを主軸にルイ・サハとファン・ニステルローイをチョイスする監督のアレックス・ファーガソンの起用法に反発。2006-2007シーズンを前にスペインのレアル・マドリードに移籍した。 2006年11月12日のオサスナ戦で、前半にハットトリック後半にも1点を追加し計4得点を取るなど、移籍1年目から得点ランキングに載る活躍をしている。

また、オランダ代表としても2006ドイツワールドカップメンバーにも選ばれたが、監督のファン・バステンの起用法などに不満を持ち、大会終了後には「マルコ(ファン・バステン)がベンチにいる間は代表として戦わない」とその後の代表召集を拒んでいる。また、EURO2008の予選で若きエースのアヤックスのフンテラールが怪我で出場できない試合があったときにはファン・バステンから直接出てくれないかと電話があったが、ファン・ニステルローイは断った。フンテラールの代役という形が嫌だったらしい。

なお、同じオランダ代表のパトリック・クライファートとは生年月日が全く同じであるが、非常に仲が悪く犬猿の仲であることはよく知られている。彼とは2トップを組んだことがあったが、全く噛み合わなかった。

マンチェスター・ユナイテッド所属時代は地元の大学に通いながらプレーを続けていた。サッカーの他に、テニスと体操をやっていた時期がある。


■ルート・ファン・ニステルローイのプレイスタイル

その長身と柔らかい足元、深い懐を生かした典型的なセンターフォワードであり、一人でポストプレイヤーとストライカーを同時にこなすプレーは世界屈指。「ファン・バステンの再来」と言われている。SCヘーレンフェーン在籍時に、コーチ陣から、デニス・ベルカンプを手本にするように指導されていた。


■ルート・ファン・ニステルローイの所属チーム

1993年-1997年 - FCデン・ボッシュ(オランダ) 69試合17得点
1997年-1998年 - SCヘーレンフェーン(オランダ) 31試合13得点
1998年-2001年 - PSV(オランダ) 67試合62得点
2001年-2006年 - マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 150試合95得点

2006年- 現 在 - レアル・マドリード(スペイン)


■ルート・ファン・ニステルローイの経歴・タイトル

エールディヴィジ得点王 2回 1998-99、1999-2000
FAプレミアリーグ得点王 1回 2002-2003
チャンピオンズリーグ得点王 3回 2001-2002、2002-2003、2004-2005





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/290-0a6225cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。