サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨハン・ニースケンス(Johan Jacobus Neeskens、1951年9月15日 - )は、オランダ・ヘームステーデ出身の元同国代表サッカー選手(MF)。

史上最高のセンターハーフの一人。戦友であるヨハン・クライフとファーストネームが同じことから「もう一人のヨハン」と呼ばれた。オランダ人にしてはさほど長身ではないが、強靭な下半身からのシュート力は強烈なものがあった。


■ヨハン・ニースケンスの経歴

ヘームステーデ・ハーレムでデビュー後、1970年にアヤックス・アムステルダムへ入団。同年11月11日の西ドイツ戦で代表デビューを飾り、1970-1971シーズンからのUEFAチャンピオンズカップ3連覇や1971-1972、1972-1973シーズンのリーグ連覇に貢献した。

1974年にはFCバルセロナへ移籍。攻守にわたる活躍と闘志溢れるプレーでファンを魅了し、活躍を見せた。また同年の西ドイツW杯ではヨハン・クライフらを中心とする「トータル・フットボール」で準優勝に貢献。1978年のアルゼンチンW杯ではクライフが出場辞退した中で主軸として活躍し、代表通算49試合に出場。17得点を挙げた。

その後、当時サッカー不毛の地と言われていたアメリカへ渡り、ニューヨーク・コスモスではフランツ・ベッケンバウアーとともにプレーし、1980年と1982年にはリーグ優勝を果たした。1シーズンオランダのFCフローニンゲンでプレーした後、再び渡米し、選手生活の終盤はスイスでプレーした。

引退後は指導者としての道を歩み、1999年にはオランダ代表のアシスタントコーチに就任。エールディヴィジ・NECナイメヘンの監督も務めたが2004年12月に成績不振により解任されている。

2005年12月にはオーストラリア代表のアシスタントコーチに就任。

2006年6月、古巣のバルセロナにアシスタントコーチとして復帰することが決まり、ドイツW杯終了後に就任した。契約期間は3年間。


■ヨハン・ニースケンスのエピソード

アヤックスはかつてアマチュアの野球チームも所有していた。サッカーチームの休日にはクライフやニースケンスも野球に参加することがあったという。クライフは野球はさっぱりだったようだが、ニースケンスは本職の選手顔負けのバッティングや守備を見せていたという。


■ヨハン・ニースケンスの所属クラブ

ヘームステーデ・ハーレム(オランダ) 1966-1970
アヤックス・アムステルダム(オランダ) 1970-1974
FCバルセロナ(スペイン) 1974-1978
ニューヨーク・コスモス(アメリカ) 1978-1984
FCフローニンゲン(オランダ) 1985-1986
フォートローダーデール・サン(アメリカ) 1986
ローウェンブリュー(アメリカ) 1987
FCバール(スイス) 1987-1990
FCツーク(スイス) 1990-1991


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/289-085db615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。