サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨハン・クライフ(Johan Cruijff, フルネーム:Hendrik Johannes Cruijff, 1947年4月25日 - )は、オランダ・アムステルダム(ヘームステーデ)出身の元サッカー選手、および指導者。現役時代のポジションはフォワード(センターフォワード)、攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。英語表記では「Cruyff」とも。


■ヨハン・クライフ

オランダが生んだ天才プロサッカープレイヤー。1960年代後半から70年代にかけて世界のフットボールシーンを席巻した。サッカー史上屈指の選手に位置づけられているプレーヤーである。選手時代に欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)を3度受賞。

また、独自のフットボール理論とその傲慢とも取れる程の強烈なカリスマ性で、指導者としても実績を残した。1996年以降は監督業からも退いてはいるが、選手としてもプレーしたFCバルセロナ(スペイン)やオランダ代表をはじめ、今もなおサッカー界に多大な影響を与え続けている。

クライフにはその活躍を称える様々なニックネームが付けられているが、最も有名なのは「空飛ぶオランダ人(フライング・ダッチマン)」。これはリヒャルト・ワーグナーの楽劇「さまよえるオランダ人(Der fliegende Holländer)」に由来する。またイニシャルの「J.C.」がイエス・キリストと同じであることから、「Jesus(ジーザス)」とも呼ばれた。

息子のジョルディ・クライフもプロサッカー選手。バルセロナ所属当時(1974年)に産まれたため、カタルーニャ語風に「Jordi(ジョルディ)」と命名したという。

選手時代は、プーマとスポンサー契約を結んでいた。1974 FIFAワールドカップのオランダ代表はアディダスのユニフォームを採用しており、袖にはアディダスのシンボルである3本線が入っていたが、クライフのユニフォームだけは線が2本になっていた。


■ヨハン・クライフのプレイスタイル

オランダが誇る名将、リヌス・ミケルスが提唱した革命的な組織戦術・通称「トータルフットボール」の最高の体現者として知られる。

11人の中央のポジション、文字通り「心臓部」に位置し、俊足と当たり負けしない抜群のバランス感覚、卓越した華麗なテクニック、試合の流れを読む洞察力、そしてミケルスの意思を具現化する戦術理解力と、選手として全てにおいて秀でていた。試合中はフィールドの指揮官としてチームを牽引し、状況に応じてフォワードから最後尾まで至るところに顔を出す。ゲームメイクからラストパスの供給、フィニッシュまでひとりでこなしてしまうオールマイティプレイヤー。

ミケルス監督とは1965年のアヤックス時代から、FCバルセロナ、そしてオランダ代表でも共に戦っており、ミケルスの戦術の中で唯一無二の存在として君臨した。

特徴的なプレーとしては、軸足の後ろ側にボールを通す「クライフ・ターン」が有名。現代サッカーでは基本テクニックのひとつとして各クラブの下部組織などで少年たちに教えられている。ちなみに、ジネディーヌ・ジダンの「マルセイユ・ルーレット」と混同されがちだが、全く異なる技である。

またワンタッチプレーを好み、独特のタイミングで放つパスやシュートで相手選手を翻弄した。1974年のワールドカップ西ドイツ大会、対ブラジル代表戦で魅せたジャンピングボレーシュートは、後の「フライング・ダッチマン」の愛称に繋がっている。


■ヨハン・クライフの経歴

▽少年時代

1947年4月25日、第二次世界大戦後のオランダ・アムステルダム郊外(ヘームステーデ)で、父親が青果店を営む家庭に産まれた。少年時代は店の前でサッカーの練習に明け暮れる。この頃から華奢で、周囲の大人から「この子は病気じゃないか」と心配されていた程だったが、ヨハン少年は元気にストリートサッカーで技を磨いていった。
小さい時からアヤックスの大ファンだったクライフは、10歳の時にアヤックスの下部組織に入団。合格の可能性1%と言われた中での入団だった。12才の時に父親が死去、その2年後に母親がアヤックスのグラウンド作業員と再婚している。13歳の時、サッカーへ専念するため学校を退学した。
ちなみにアヤックスユース時代、審判のポジショニングミスを指摘して退場処分になった事があると言う。


▽アヤックス時代

16歳の時にアヤックスのトップチームに昇格し、1964-65シーズンにデビュー。デビュー戦のFCフローニンゲン戦で初ゴール。その後オランダサッカーリーグはプロ化され、クライフはオランダ2番目のプロ選手となる。また1966年9月7日の対ハンガリー戦でオランダ代表デビュー、以降オランダを代表するスターとして世界に名を馳せていく。
アヤックスには1973年まで9シーズン以上在籍し、その間UEFAチャンピオンズカップ(UEFAチャンピオンズリーグの前身)に3回優勝、個人ではバロンドールに2回選出されている。
ちなみにクライフの代名詞である背番号「14」はアヤックス当時から好んで付けていた。当時背番号は選手固定ではなく、毎試合前に選手同士で話し合って決めていた。ある時、主に控え選手が付ける「14」を選ぶクライフに監督がその理由を尋ねると、クライフは「誰も付けていないこの番号を、これから自分の番号にするためだ」と言ったという。


▽世界のクライフへ

1973年、200万ドルという当時としては破格の移籍金でスペインのFCバルセロナに移籍。当時低迷していたクラブの救世主として、22戦連続無敗記録など快進撃の立役者となり、このシーズンのリーグ優勝に貢献した。特にアトレティコ・マドリード戦でのゴールやアウェーサンティアゴ・ベルナベウで行われたエル・クラシコに5-0で歴史的大勝を収めた事などは語り草となっている。その後5シーズンにわたってバルセロナに多くのタイトルをもたらした。
1974年のワールドカップ西ドイツ大会には、オランダ代表の中核として出場。「時計じかけのオレンジ」と称された完成度の高いチームの心臓として、チームを決勝戦まで押し上げた。しかし決勝の対西ドイツ戦で、クライフは西ドイツのディフェンダー・ベルティ・フォクツの執拗なマークに遭い完全に封じ込められる。チームとして機能しなくなったオランダは1対2で敗れ、惜しくもワールドカップを逃した。しかしこの決勝戦は、ワールドカップ史上最もスペクタクルな一戦のひとつとして現在も語られている。クライフ自身はこの大会の最優秀選手に選ばれ、またこの年のは3度目のバロンドールにも輝いた。
4年後の1978年にアルゼンチンで開催されたワールドカップでは、欧州予選にこそ出場したものの、当時のアルゼンチンのビデラ軍事政権に対する抗議のため大会参加を拒否。さらにその後はオランダ代表が2大会連続で欧州予選で敗退しており、クライフのワールドカップにおける成績は、1大会のみの出場で7試合3得点に留まっている。


▽選手キャリアの晩年

1979年、FCバルセロナ上層部と運営方針を巡って衝突し、クラブを退団。一時は引退を宣言するも、アメリカ・北米サッカーリーグのロサンゼルス・アズテックスに移籍。ベッケンバウアーと共にリーグを彩った。
その後スペインのレバンテを経て、1981年に古巣アヤックスに戻り、全く衰えを見せないプレーで故郷の観客を魅了。その後キャリア最後のシーズンをフェイエノールトで過ごし、1984年に現役を引退する。最後の2年は連続でオランダ年間最優秀選手に選ばれており、余力を残しての引退であった。最後の試合を終えた後、ロッカールームでスパイクを無造作に放り投げ、引退の意思を示した。


▽指導者としての成功

翌1985年、アヤックスの監督に就任。就任時はまだ公式な指導者ライセンスを取得していなかったため、当初の肩書きは「テクニカルディレクター」だった。3年間同クラブを指揮し、1987年にはUEFAカップウィナーズカップ優勝に導いた。この時の教え子にフランク・ライカールト、マルコ・ファン・バステン、アーロン・ヴィンター、デニス・ベルカンプといったその後のオランダサッカー界を牽引する選手たちがいる。
1988年に監督としてFCバルセロナに戻ったクライフは、それまでの主力選手を大量解雇するなど低迷するクラブの再建に着手。多額の費用を投じてフリオ・サリナスらスター選手たちを次々獲得していき、在任8シーズンの間にリーガ・エスパニョーラ4連覇(1990-94)を含む数々のタイトルを獲得。1991-92シーズンにはクラブ初のチャンピオンズカップ奪取を成し遂げた。このクライフが創り上げたチームは「エル・ドリーム・チーム」と称され、バルセロナの栄光の歴史に刻まれている。


▽その後

1996年、健康上の理由で監督を勇退。これ以降クライフは第一線を退いているが、その後も事ある毎に至るところで「クライフ監督待望論」が持ち上がるのは、彼の功績の素晴らしさを物語っている。現在は世界のフットボール界のご意見番として、多くの後輩たちに辛辣で愛のあるアドバイスを送り続けている。


■ヨハン・クライフの所属クラブ

▽選手として

1964-1973 アヤックス
1973-1978 FCバルセロナ(スペイン)
1979 ロサンゼルス・アズテックス(アメリカ)
1980-1981 ワシントン・ディプロマッツ(アメリカ) → レバンテ(スペイン)
1981-1983 アヤックス
1983-1984 フェイエノールト

▽監督として

1985-1988 アヤックス
1988-1996 FCバルセロナ


■ヨハン・クライフの経歴

1966年9月7日 代表デビュー(対ハンガリー戦)
1966年9月7日 代表初ゴール(対ハンガリー戦)


■ヨハン・クライフの個人タイトル

▽バロンドール(欧州年間最優秀選手賞) - 1971、1973、1974年
同賞を3度受賞しているのはクライフのほかにプラティニ現UEFA会長、そしてクライフの愛弟子ファン・バステンの3人だけ。

▽1974年ワールドカップ西ドイツ大会
-最優秀選手賞、ベストイレブン(チームは準優勝)



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/288-c9536eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。