サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルコ・ファン・バステン(Marco van Basten, 1964年10月31日 - )は、オランダ・ユトレヒト出身のサッカー選手。現同国代表監督。

度重なる怪我のため選手生命は長くなかったが、スピード・パワー・テクニック・高さ・アイディア・メンタル・瞬発力・決定力・スター性とFWに必要な能力を全てを兼ね備えた万能ストライカーで、1988年の欧州選手権、対ソ連戦では伝説となったボレーシュートを決めた。これは後に20世紀最高のゴールと賞賛されている。ACミラン在籍時にヨーロッパ/サウスアメリカ カップやUEFAチャンピオンズカップなどのタイトルを獲得した。

1987年から在籍したACミランではルート・フリット、フランク・ライカールトらと共にオランダトリオと呼ばれ、グランデミラン(偉大なるミラン:他のメンバとして、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、デメトリオ・アルベルティーニ、アレッサンドロ・コスタクルタなど)と称された当時世界最強チームの偉大なストライカーとして君臨した。91/92シーズンには25ゴールを決め自身得点王にもなり、ACミラン無敗優勝の立役者ともなった。スパイク契約はミラン移籍後からディアドラであり、オランダ代表のチームカラーであるオレンジ色のロゴのスパイクを履いていた。ロベルト・バッジョと並び、同社の看板選手であった。

史上最高のFWの一人として多くの人が名を挙げるにもかかわらず、バロンドール最多受賞やクラブチームでのタイトルの栄光に比べると、W杯の活躍が乏しいこと(1点も決めてない)が評価を下げていることも事実である。

しかし、彼のその天才的なプレースタイルは他の追随を許さず、イタリアのサッカーファンに『神は8日目にマルコを創造した』とまで言わしめた。また、彼が引退を表明した直後のシーズンにはACミランのファンに「マルコのいないサンシーロは羽の無い風車だ」という横断幕を掲げられたほどである。

愛称は「ユトレヒトの白鳥」。


■マルコ・ファン・バステンのプレイスタイル

長身ながら繊細なボールタッチが魅力的な万能センターフォワード。自らサイドに流れてのプレーは言うに及ばず、下がりながらボールを受け、ラストパスを出す事もたやすくこなした。オフサイドラインをかいくぐりゴール前に飛び出すプレーも得意であったし、ドリブルでディフェンダーを抜くこともでき、当然ながら長身を生かしたヘディングも素晴らしく、さらに、アクロバティックなシュートも決めいていた。豪快さには欠けるが、頭、両足から繰り出されるシュートは針の穴を通すように正確で、かつ、ミドルシュート、ループシュート、ドリブルでキーパーをかわしてシュート等、得点パターンを豊富に持っていた。自らのゴールで勝利を呼ぶ事も多かったが、マークを自分に引き寄せ周りに得点させることも多かった。あらゆるプレーの質が高く、一発で試合をひっくり返すことができた。これだけの選手でありながらセットプレーからの得点時にはフリーでボールを受ける場面も多く、ディフェンダーのマークを振り切る技術にも長けていた。

また、彼は執拗なきついあたりやバックチャージなどを度々受けていたが見事なボディーバランスで倒れようとはしなかったため(有名なのは1990年のトヨタカップのループシュートまでのプレーの流れ)、そのことが怪我をまねく原因と見る人も多かった。

PKの蹴り方が独特であり、一度ジャンプしてから長めの助走をつけて蹴る(これは練習中の癖が残ったものだという)。しかしGKに間を読まれることもあり、1992年の欧州選手権ではデンマークの名手・ピーター・シュマイケルに読み切られ止められてしまう。オランダは彼だけが失敗し、準決勝で敗退することとなってしまった。

プロデビューは17歳のときで、先発のクライフが自ら指名して交替出場。その試合でハットトリックを達成している。

彼を史上最高のFWと評価する声は多い。 彼に憧れる選手は多く、ティエリ・アンリ(アーセナル・フランス代表)、アンドレイ・シェフチェンコ(チェルシーFC・ウクライナ代表)、日本では高原直泰(アイントラハト・フランクフルト・日本代表)など枚挙に暇が無い。

彼の姿を現代サッカー選手で例えるならば、ズラタン・イブラヒモビッチとダビド・トレゼゲの長所だけをとった様な選手だった。


■神 ”マルコ”

あるファンはこう言った。「神は8日目にマルコを創造した」。旧約聖書によると、8日目は世界が神によって創造された日。という事は、このファンにとってマルコは世界だったのだろうか?大袈裟過ぎると思うかもしれない。しかし、紛れも無くファンとって彼は世界そのものだった。またそうでないものにとっても特別な存在だったことは言うまでもない。


■マルコ・ファン・バステンの監督業

1995年に引退後はしばらくサッカーから離れていたが、2003年に古巣アヤックスのユースチームのアシスタントコーチに就任すると、そのわずか1年後にはディック・アドフォカートの後任としてオランダ代表監督に就任した。

指導者としては皆無に等しい実績から、疑問を差し挟む声も少なくなかったものの、フタをあけてみればワールドカップドイツ大会予選でチェコ、ルーマニアといった強豪と同居し「死のグループ」と呼ばれたグループ1を10勝2分けという圧倒的な成績で1位通過を果たし、日韓ワールドカップ予選敗退の悪夢を払拭した。

監督としてのファン・バステンは4-3-3システムを重用しているように、リヌス・ミケルス以来のトータルフットボールの伝統を受け継いでいるが、最大の特徴は新しい選手の召集に非常に積極的な点である。彼はこれまでほとんど注目されていなかったオランダ3強(アヤックス・フェイエノールト・PSVアイントホーフェン)以外のチームからも多くの選手を召集している。特に3強を脅かすクラブに成長したAZアルクマール出身の選手は今や最大勢力となり、そこからデニー・ランツァート(現ウィガン・アスレティック)、ヤン・クロンカンプ(現PSVアイントホーフェン)、ヨリス・マタイセン(現ハンブルガーSV)、バリー・オプダムなどの有能な選手がブレイクするきっかけともなった。

またライアン・バベル、ヘドヴィヘス・マドゥロ といったリーグでの実績がほとんど無かった選手でも戦力になると思えば躊躇なく召集する一方で、実績はあるが調子が悪かったり代表でのプレーの質が悪い選手(パトリック・クライファート、クラレンス・セードルフなど)は容赦なく戦力外としている。彼の下では実績は意味を成さない。そのため、クライファートなど実績のある代表候補の選手の中には「(ファン・バステンが監督在任中は)代表に復帰しない。」と明言する者もいる。

アドフォカート時代の硬直的な選手起用で溜まっていた代表の閉塞感を打破し、チーム内の風通しをよくしたことは大きな意義がある。もっとも、あまりにもメンバー構成が毎試合異なるので、「いくら何でも試しすぎ」との批判もある。

2006年のワールドカップは死のグループと呼ばれたグループCを2勝1分けの成績で突破したが、決勝トーナメント1回戦でポルトガルに敗れベスト16に終わった。しかしオランダサッカー協会はファン・バステン監督を留任させることを決定し、契約を2010年まで延長した。


■マルコ・ファン・バステンの印象に残るプレー

1988年、欧州選手権決勝のソ連戦に見せたシュートは伝説とも言われるワンプレーだった。ミューレンの左サイドからのクロスに走り込み、ダイレクトボレーで自分とは対角のゴールに豪快にたたき込む。しかも、ドライブがかかっていた(ファン・バステンによれば「意図してかけたわけではなかった。ふと見たら、ゴールにボールが入っていたので僕が驚いた」)ため、レフ・ヤシンの後継者と呼ばれた当代屈指の名GKリナト・ダサエフですら防ぐことは不可能であった。

難易度の極めて高いプレーを、後で自分でも驚くほどいとも簡単にやってのける、それが全盛期のファン・バステンだった。

1988年、欧州選手権決勝のソ連戦。54分に左サイドのアーノルド・ミューレンからクロスが上がる。だがこのクロスは失敗のように思われた。周りから見れば、その時点でファン・バステンは中央に折り返すか、ボールをコントロールするかしかなかったからだ。しかしファン・バステンはそのパスを自分とは対角のゴールに叩き込んでしまう。ソ連のGKリナト・ダサエフはボールを取ることはおろか、見ることすら出来なかっただろう。ただ自分の頭の上を通過するボールの唸り声だけが聞こえていた。


■マルコ・ファン・バステンの語録

「9本のスーパーゴールと10本の平凡なゴール、どちらかを選べというなら僕は迷わず10本の方を選ぶよ」との発言からわかるように「どんなゴールだったか?」よりも「ゴールしたか否か?」にこだわっていた。この事を表しているのがゴール後だといえよう。彼はゴールを決めても、チームメイトに祝福された瞬間だけ笑顔をみせ、それ以外は素っ気無い表情でジョグで自陣に戻るというのが常だった。


■マルコ・ファン・バステンの所属チーム

アヤックス(オランダ) 1981-1987
ACミラン(イタリア) 1987-1995


■マルコ・ファン・バステンの代表経歴

1988年 - 欧州選手権優勝


■マルコ・ファン・バステンの個人タイトル

バロンドール (1988年、1989年、1992年) - 3度の受賞は最多タイ
世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌) (1988年、1992年)
ゴールデンブーツ(1986年)
FIFA最優秀選手賞 (1992年)
リーグ得点王(1984年~1987年:エールディヴィジ、1990年&1992年:セリエA)


■マルコ・ファン・バステンの監督歴

オランダ代表 2004-



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/287-031eb55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。