サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランク・ライカールト(Frank Rijkaard、1962年9月30日-)は、オランダ・アムステルダム出身の元サッカー選手。現在はサッカー指導者としてFCバルセロナ監督を勤める。スリナム系オランダ人。


■フランク・ライカールトの経歴

1980年、17才でプロ選手としてのキャリアをスタート。この頃からすでにヨハン・クライフにその実力を認められていた。現役時代は主に守備的ミッドフィールダーとして、オランダ代表とイタリアセリエA・ACミランの中心選手として活躍。

ルート・フリット、マルコ・ファン・バステンと共に、1980年代末から続いたACミランの黄金期を支えた「オランダトリオ」のひとりである。

1995年に現役引退。1998年オランダ代表監督として現場に復帰。2003年から現在はFCバルセロナの監督。選手掌握術に長け、チームのモチベーションを上げ、選手の不満を無くすのが非常に上手い。2004年-2005年、2005年-2006年シーズンに同チームをリーガ・エスパニョーラ優勝に導き、さらには2005年-2006年シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ優勝へと導いた。


■フランク・ライカールトのプレイスタイル

ブラックスワンと呼ばれたオランダトータルフットボール第二世代の申し子。抜群の身体能力と守備センスで敵の攻撃の芽を摘むプレーはボランチの鏡とも言え(ただし、代表では中央のDFとしてもプレー)FWの理想形と呼ばれる同僚ファン・バステンと同じく、サッカーの教科書の教材としてふさわしい存在である。また、長身の割にボールコントロールも正確で、セットプレーからの得点も多かった。彼のような選手が一人いると負け試合でもそれなりに戦える。中盤で我慢するプレーは実にチームメイトからは心強かったと思われる。

高い位置でのボール奪取を得意とし、確実に味方に繋ぐ。空中戦でも頼りになり戦術眼にも優れ、更には得点にも絡む。オールラウンダーとはライカールトのためにある様な言葉だ。


1990年のイタリアW杯、対ドイツ戦において2枚のイエローカードを貰い退場。オランダ敗退の戦犯となってしまった(ドイツのフェラーに人種差別的な暴言を吐かれた事に対し、感情をあらわにした為。後に本人は謝罪した)。

見た目に反して意外にひょうきん者。


■フランク・ライカールトの獲得タイトル

選手として

▽クラブ
欧州カップウィナーズカップ 1回(86-87シーズン)
欧州チャンピオンズカップ 3回(88-89、89-90、94-95シーズン)
トヨタカップ 2回(1989、1990年;1990年大会は大会優秀選手)

▽代表
欧州選手権 優勝(1988年)
※代表キャップ数73、通算10ゴール


監督として

▽クラブ
リーガ・エスパニョーラ 2回(04-05、05-06シーズン)
欧州チャンピオンズカップ 1回(05-06シーズン)


■フランク・ライカールトの所属チーム

1980-88 アヤックス (オランダ)
1987-88 レアル・サラゴサ(スペイン)
1988-93 ACミラン(イタリア)
1993-95 アヤックス


■フランク・ライカールトの監督キャリア

オランダ代表 1998-2000
スパルタ・ロッテルダム 2001-2002
バルセロナ 2003-




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/286-a85c3679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。