サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パトリック・ステーフェン・クライファート(Patrick Steven Kluivert、1976年7月1日 - )は、オランダ・アムステルダム出身の同国代表、オランダ・エールディビジ・PSVアイントホーフェン所属のサッカー選手(FW)。しばしば、オランダ語読みに近い「クライフェルト」などと表記されることもある。FIFA100に選ばれている。現在オランダ代表歴代最多得点者でもある。

アヤックスの育成組織での才能を見込まれて1994年にトップチームでデビュー。得点能力の高さを発揮して、その年のチャンピオンズリーグ決勝でゴールを挙げ、アヤックスに22年振りの欧州タイトルをもたらすとともに、オランダ代表としてデビュー。活躍を見込まれて1997年にイタリア・セリエAの名門クラブであるACミランへ移籍するが、実力を発揮できず、1年でバルセロナへ移籍。リーガ・エスパニョーラ制覇に貢献する。またEURO2000では得点王を獲得した。 そのプレースタイルは極めて個性的で、テクニカルなプレーを得意としトラップの技術は極めて高い。記憶に残る鮮烈なゴールを多く決める反面、イージーなシュートを外すなど、魅力的なプレーでファンを飽きさせない。「気まぐれの天才」と呼ばれる。長身を生かしたヘディングとポストプレーも得意である。

バルセロナではエースとして活躍していたが、次世代のエースロナウジーニョの加入やライカールト監督の『脱オランダ路線』の方針により、徐々に出場機会が減り2004年から1シーズンはFAプレミアリーグ・ニューカッスル・ユナイテッドでプレー。2005年/2006年シーズンからはバレンシアへ移籍するも、1得点しか挙げられなかった。

2006-2007シーズン開幕前には新加入のモリエンテスに背番号9を奪われ、半ば戦力外通告を受けていたが2006年8月31日、移籍市場が閉じる直前に母国オランダのPSVアイントホーフェンへ加入した。

なお、同じオランダ代表のルート・ファン・ニステルローイとは生年月日が全く同一。クライファートは彼を「理想のセカンドトップ」と評しているが、個人的な仲はかなり悪いといわれる。

また、バルセロナ時代は日本料理店を経営していた。現在は日本のミズノ社と契約している。何かと問題を起こす選手でもある。


■パトリック・クライファートの選手経歴

1994年-1997年 - アヤックス(オランダ)
1997年-1998年途中 - ACミラン(イタリア)
1998年途中-2004年 - FCバルセロナ(スペイン)
2004年-2005年 - ニューカッスル・ユナイテッド(イングランド)
2005年-2006年 - バレンシアCF(スペイン)
2006年- 現 在 - PSVアイントホーフェン(オランダ)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/285-70ec5a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。