サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラレンス・クライド・セードルフ(Clarence Seedorf、1976年4月1日 - )は、スリナム出身のオランダ代表、セリエA・ACミラン所属のサッカー選手(MF)。ACミラン日本語公式サイトではシードルフと表記されている。


■セードルフのプレースタイル

身体能力、守備能力が高く、中盤で激しく動いてボールを奪い、すばやく前線の味方の攻撃につなげる。技術的にも高いものを持ち、ドリブルやパス、ミドルシュートを中心にしかけていく積極的な攻撃参加も魅力である。かつてはサイドバックでプレーしたこともある。戦術理解能力も非常に高い。

オランダ代表でプレーする際にはエゴイスティックなプレーが多く、マルコ・ファン・バステン現オランダ代表監督に失格の烙印を押されてしまった。しかし2006年11月15日のイングランドとの親善試合で久しぶりに代表に召集され、試合では背番号"10"を着けて先発出場。快調なプレーとキャプテンシーを見せ、再びマルコ・ファン・バステン監督の信頼を得た。

スキルフルな選手が揃うオランダ代表の中でも、特別に優れたスキルを持った天才プレーヤー。ボールの扱いが非常に巧く、どの世界トップレベルの選手と比べても全く遜色ない。


■セードルフのその他

▽ミラノで人気日本食レストランを経営している。

▽髪型が以前はドレッドだったが、2004年頃にボウズにする。トヨタカップでPKを蹴りたがらない選手がいたと発言し、ミランの選手たちを怒らせた反省の表れでもあった。

▽2005年に自宅に強盗が入り、10万ユーロの被害を受けたが、幸いにも本人、家族ともに無事だった。

▽ACミランでルイ・コスタがチームを離れることになり、その背番号10番を自ら志願して受け継ぐ。

▽所属チーム3つ(アヤックス・レアル・マドリード・ACミラン)でのUEFAチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたのはセードルフだけである。


■セードルフの所属チーム

アヤックス(オランダ) 1992-1995
サンプドリア(イタリア) 1995-1996
レアル・マドリード(スペイン) 1996-1999
インテル(イタリア) 1999-2002
ACミラン(イタリア) 2002-


■セードルフの獲得タイトル

▽アヤックス時代
エールディビジ優勝 2回(1993-1994、1994-1995)
オランダ・カップ 1回(1992-1993)
オランダスーパーカップ 2回(1993年、1994年)
UEFAチャンピオンズリーグ優勝 1回(1994-1995)


▽レアル・マドリード時代
リーガエスパニョーラ優勝 1回(1996-1997)
スペインスーパーカップ 1回(1997年)
UEFAチャンピオンズリーグ優勝 1回(1997-1998)
トヨタカップ 1回(1998)

▽ACミラン時代
セリエA優勝 1回(2003-2004)
コッパ・イタリア 1回(2002-2003)
UEFAチャンピオンズリーグ優勝 1回(2002-2003)
UEFAスーパーカップ 1回(2003年)



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/283-502771d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。