サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンドリー・シェフチェンコ(アンドリイ・シェウチェンコ、アンドレイ・シェフチェンコ;ウクライナ語:Андрій Миколайович Шевченкоアンドリーイ・ムィコラーヨヴィチュ・シェウチェーンコ、Andriy Shevchenko;ロシア語:Андрей Николаевич Шевченкоアンドリェーイ・ニイコラーイェヴィチュ・シェフチェーンコ、1976年9月29日 -)は、ウクライナの首都キエフ郊外のDvirkivschyna出身のサッカー選手。[1]

ポジションはFW(CF、WG)。


■アンドリー・シェフチェンコの略歴

6歳でウクライナの名門、ディナモ・キエフのサッカースクールに入り、1992年にディナモ・キエフユースに昇格。1994年にトップチームでデビューを果たす。最初のクラブであるディナモ・キエフではチームを5年連続リーグタイトルに導いた。しかし、彼のキャリアの転機となったのは、国内で見せた素晴らしい活躍ではなかった。

彼の名とその才能が世界に知れ渡ったのは1997-98シーズンのUEFAチャンピオンズリーグにおいてである。中でも FCバルセロナをカンプ・ノウで0-4と言う記録的スコアで打ち破った衝撃は相当なものであった。バルセロナの圧倒的優位が報じられる中、当時無名だったシェフチェンコはこの試合でハットトリックを達成。世紀の番狂わせの立役者となった彼は次シーズンのチャンピオンズリーグでも大活躍し、10得点を挙げて1998-99シーズンのCL得点王を獲得。ディナモ・キエフをCLベスト4に押し上げる原動力となった。

ヨーロッパに強烈なインパクトを残したシェフチェンコの才能をビッグクラブが黙って見ているはずもなく、1999-00シーズンからは推定移籍金2600万ユーロでACミランに移籍を果たす。移籍初年度から高い順応性を見せた彼は、鋭い突破力と高い決定力で32試合で24得点を挙げていきなりセリエA得点王を獲得。2002-03シーズンは開幕前に負傷したこともあってか期待された活躍は見られなかったものの、ACミラン在籍時に「不振」と言われるような成績を残したのは僅かこのシーズンのみである。2003-04シーズンには再び24得点を挙げて得点王に輝き完全復活を果たし、ACミランのスクデット獲得に大きく貢献。この年、ポルトガルのデコとブラジルのロナウジーニョを抑えてヨーロッパ年間最優秀選手を受賞した。ウクライナ人でこの名誉を授かったのは、オレグ・ブロヒン(1975年)、イーゴル・ベラノフ(1986年)に次いで3人目である。

2005-06シーズン終了後、更なる高みを目指すためACミランからの退団とFAプレミアリーグへの移籍を表明。5月31日、4500万ユーロ(約63億円)の移籍金、年俸900万ユーロ(約13億円)の4年契約でチェルシーFCへの移籍が発表された。コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバと組む2トップは相手チームの脅威となっている。しかし、ここまではプレミアシップの水にまだ慣れておらずゴール数も少なく、期待外れになっている。

当初は粘り強くスタメン起用していたジョゼ・モウリーニョ監督も結果が出せないシェフチェンコに見切りをつけたのか、徐々に彼を起用する時間を短くしている。ついには「プレーよりロンドンでの生活を楽しむ方に興味があるようだ」と皮肉を浴びせるようになり、2007年1月14日のウィガン・アスレティック戦ではベンチ入りのメンバーからも外されてしまった。


■アンドリー・シェフチェンコのエピソード

▽愛称はウクライナの矢(Стріла Україниストリラー・ウクライィーヌィ;同じウクライナのFWであったオレグ・ブロヒンの愛称を受け継いだもの)、シェーヴァ(シェバ)。愛称のシェバはヘブライ語で数字の7を意味する。

▽2004年3月にペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選出され、同年度のバロンドールを受賞するなど、ウクライナの英雄的存在。実際に2004年にはウクライナのレオニード・クチマ前大統領から「ウクライナの英雄」として表彰されている。

▽同じく2004年にアメリカ人モデルのクリステン・パツィクとできちゃった結婚。長男はアメリカの元バスケットボール選手マイケル・ジョーダンにちなんでジョーダン君と名付けられた。彼がチェルシーへと移籍したのもこのチームが英語圏だったからという理由もあるようだ。

▽また、2005年6月2日にウクライナ大統領のユシチェンコの非常勤顧問に就任した。因みに2004年大統領選挙では、彼は対立候補であったヤヌコーヴィチの応援CMに出演している。

▽ACミランではデメトリオ・アルベルティーニ、アレッサンドロ・コスタクルタと仲が良かったようだ。


■アンドリー・シェフチェンコのプレイスタイル

フィジカル能力の高さとスピードを生かしての豪快な突破が持ち味。しかしプレーから無骨な印象は受けず、足下の技術の高さにスペースへの嗅覚も兼ね備え、「点獲り屋」として完成されたプレーを実行出来る当代随一のストライカー。ペナルティエリアに侵入してのプレーが相手にとって脅威なのはもちろん、僅かな隙を衝いて放つペナルティエリア外からのミドルシュートも精度が高い。ウクライナ代表ではFKも蹴っている。また、代表では適したプレーヤーが他にいなかったため攻撃的MFを担っていたこともある。

チャンスメイクやポストワークをこなせない訳ではないのだが、優れた得点感覚と積み重ねた輝かしい実績のためか「あらゆる意味でエゴイスティック」と評されがちな選手でもある。そのような声はチェルシーに移籍してからより顕著なものとなり、「チームのことより自分のことしか考えていないのではないか」とコンビを組むディディエ・ドログバに名指しで批判を受けたりもした。


■アンドリー・シェフチェンコの経歴・タイトル

▽クラブ
初出場 1994年10月28日 対シャフタール・ドネツク戦
初得点 1994年12月1日 対ドニプロー・ドニプロペトロフスク戦

▽代表
初出場 1995年3月25日 対クロアチア代表戦
初得点 1996年5月1日 対トルコ代表戦

▽ワールドカップ戦績
初出場 2006年 6月14日 対スペイン代表戦 0-4
初ゴール 2006年 6月18日 対サウジアラビア代表戦 4-0(三点目に決める)

ウクライナリーグ優勝 5回(1995年 - 1999年)
ウクライナカップ優勝 3回(1996年、1998年 - 1999年)
ウクライナリーグ得点王 1回(1999年)
セリエA得点王 2回(2000年、2004年)
UEFAチャンピオンズリーグ優勝 1回(2003年)
UEFAチャンピオンズリーグ得点王 2回(1998年-1999年, 2005年-2006年)
バロンドール(欧州年間最優秀選手)受賞 1回(2004年)


■アンドリー・シェフチェンコの所属チーム

1994年-1999年 - ディナモ・キエフ(ウクライナ)
1999年-2006年 - ACミラン(イタリア)
2006年- 現 在 - チェルシーFC(イングランド)




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/281-be7d305d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。