サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム OBE(David Robert Joseph Beckham OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス(イングランド)のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(主に右サイドハーフ)。レアル・マドリード移籍後はセンターハーフ(ボランチ)でもプレイ、この経験から守備の意識が高まり、華やかな外見や評判からは想像しがたい献身的な働きを見せている。愛称は「貴公子」「Becks」。日本では、「ベッカム様」とも。妻は元スパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(ヴィクトリア・アダムス)。2006年には自身が強迫性障害であることをメディアに告白した。

多くの企業とスポンサー契約を交わし、幾多の広告・テレビコマーシャルにも出演。現在はブラジル代表のロナウジーニョに次ぐ、世界第二位のお金持ちサッカー選手である。ロンドン郊外に大邸宅を構えており、「ベッキンガム宮殿」と呼ばれている。

イングランド代表として100試合出場を目標としているが、現在のマクラーレン監督からは代表の構想外であると告げられたため、ドイツW杯以降は代表メンバーから外れている。

2007年1月12日、レアル・マドリードとの契約は延長せずメジャーリーグサッカー(アメリカ合衆国)所属のクラブチーム、ロサンゼルス・ギャラクシーと2007年8月から5年契約を結ぶことを明らかにした。


■デビッド・ベッカムの略歴

▽父の影響から、幼少のころよりイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンチェスターU)の大ファンであった。しかし祖父はトッテナム・ホットスパーの大ファンだったため、父と祖父を両方喜ばせるため、下半身はトッテナムのショーツ、上半身はマンチェスターUのTシャツを身に着けていた。

▽少年期に憧れていたプレイヤーはブライアン・ロブソン。

▽1986年、11歳でマンチェスターUのサッカースクールに入学。
一時期、トッテナムのユースに所属するも、14歳の誕生日である1989年5月2日にマンチェスターUに加入する。

▽1991年、16歳のときにマンチェスターUと練習生契約。ユースで実績を積み、1993年1月23日にアレックス・ファーガソン監督の希望によりプロ契約。

▽2部のプレストン・ノースエンドにレンタルに出され、1993年4月2日プレミアデビュー。

▽1996年9月1日 イングランド代表デビュー(モルドバ戦)。

▽1997年、エリック・カントナの後を受けマンチェスターUのエースの証、「背番号7」を背負う。

▽1998年、フランスワールドカップに出場。決勝トーナメント1回戦・対アルゼンチン代表戦において、シメオネのタックルで倒された際に報復行為をはたらき一発退場。チームも敗退し、大きな批判を受ける(「10人のライオンとひとりの愚か者」)。後に当時の状況を「多くのチームメイトが僕を白い目で見たが、キャプテンのトニー・アダムスだけはずっと僕のそばに寄り添っていてくれたんだ」と振り返っている。また、イングランド代表のキャプテンに就任した際、「目標はトニー・アダムス」と語っている。

▽98-99シーズンのマンチェスターUの3冠(FAプレミアリーグ、FAカップ、UEFAチャンピオンズリーグ)達成に主力選手として貢献。

▽1999年5月、女性アイドルグループ、スパイス・ガールズのヴィクトリア・アダムズと結婚。

▽2000年11月よりイングランド代表キャプテンを務める。

▽2002年、日韓ワールドカップに出場。直前の親善試合で足の甲を骨折し本調子ではなかったものの、得意のクロスとプレースキックで観客を魅了。チームをベスト8に導いた。地元開催のコモンウェルスゲームズ開会式で難病の少女と共に最終バトンランナーを勤めた。

▽2003年、以前より噂されていたマンチェスターU監督・アレックス・ファーガソンとの確執から、6月にスペインのレアル・マドリードへ電撃移籍。背番号は23。

▽2006年、FIFAワールドカップ ドイツ大会に、イングランド代表キャプテンとして出場を果たす。決勝トーナメントの準々決勝でポルトガル代表に敗れベスト8に終わる。敗退後の会見でサッカーイングランド代表の主将から退くことを発表。

▽同年8月、代表新監督のスティーブ・マクラーレンの下、新体制初のメンバー発表でベッカムは代表メンバーの選考から漏れる。

▽2006-07シーズンはファビオ・カペッロが監督に就任。カペッロの構想から外れベンチを暖める機会が多くなっていた。2007年1月12日、レアル・マドリードとの契約は延長せずメジャーリーグサッカー(アメリカ合衆国)所属のクラブチーム、ロサンゼルス・ギャラクシーと2007年8月から5年契約を結ぶことを明らかにした。ベッカムが手にする収入は5年総額約2億5000万ドル(約300億円)と見られる。

▽上記により、カペッロが「今後、ベッカムを(試合で)使わない」と発言。ベンチ入りも許されずスタンド観戦する日々が続いた。このことから、LAギャラクシー入団が前倒しになる可能性が高まっている。しかしその後、カペッロ監督は1月17日(現地時間)の会見でベッカムの起用の可能性が無くなったわけではないと発言し、ベッカム起用の可能性に含みを持たせていた。

▽ベッカム不在のチームは格下のチームに2連敗し、そのためメディアやファンからカペッロ解任の声も高まりつつあった。そのような状況から、一転して次のレアル・ソシエダ戦で久々に出場機会を与えられた。そして、その試合でそのフリーキックを決め、3連敗を免れた。


■デビッド・ベッカムのプレイスタイル

イングランドが世界に誇るスター選手。 右足で蹴る「inch perfect」と称される正確なクロスボールとロングパスを得意とし、ゴールキーパーが触れることすら出来ないコースにカーブを描いて放たれるロングシュートは、時に「残忍なロングシュート」と形容される。アーリークロスの精度は世界一との評判もある。また、世界屈指のプレースキッカーとしても知られ、「黄金の右足」と呼ばれる右足は正確無比。スタミナも十分にありサイドを何度も往復出来る、守備面でも積極的に相手にプレスしチームに貢献している。

2002年日韓ワールドカップ出場を決定づけたギリシャ戦のフリーキックでのゴールはイングランド代表の歴史に残る名場面である。また運動量も豊富で献身的なプレーも厭わずチームの状況によってはサイドバックでプレーさせられることもあった。

一方、ドリブルや守備が不得手な事から「止まっているボールを右足で蹴らせたら世界一」(ヨハン・クライフ)と揶揄する声もあり、評価は分かれている。


■デビッド・ベッカムのクラブでの活躍

下部組織からの生え抜きであり、ファーガソン監督の眼鏡にかなったこともあり、若くしてアタッカー的役割を任せられた。エースの証である背番号7を背負い、マンチェスターU時代後期はクラブのエース・顔として君臨した。 中盤の右サイドでプレイし正確なクロスを上げチャンスを演出していた。一番得意とするフリーキックやコーナーキックでは独特な姿勢から放たれ急激に曲がるボールは世界屈指。

レアル・マドリードに移籍後は会長の意向を具現化するように、右にベッカム、左にルイス・フィーゴ、中にジダンという並びにしたが、余りにもバランスが悪く守備に負担が掛かるために、フィーゴを右に戻し、ベッカムを1列下がったポジションでプレイさせることになった。これにより彼はロブソンと同じポジションをすることになった。フィードでは貢献したもののピボーテとして機能はしなかった。フィーゴの退団後は中盤の右サイドでプレイし、ルシェンブルゴ監督下では徐々に本来の輝きを取り戻すに至った。しかし、カペッロ監督の構想から外れ、新加入のレジェスとロビーニョにポジションを奪われた。

2007年に入るとカペッロは「シーズン中に移籍を決めた選手は忠誠心がない」としてベッカムを出場させない決断をしていたが、常に練習を懸命に行う彼の姿を見てラウールやグティがカペッロに出場を懇願し、カペッロもレアル・ソシエダ戦にて撤回されたのは上記の通り。


■デビッド・ベッカムの代表での活躍

1996年の代表デビュー以来、代表に定着。1998年のフランスW杯では準々決勝でアルゼンチン戦でシメオネに報復攻撃を加え退場するなど血気盛んなこともあった(「10人のライオンと1人の愚かな若者」という標語をつけられた)。 2000年11月よりイングランド代表主将としてチームを引っ張り、日韓W杯、ドイツW杯をはじめとして多くの国際大会に出場した。アルゼンチン戦のPK、エクアドル戦のFKは素晴らしい場面であるが、欧州選手権では大事なPKをミスしたり、ドイツW杯ではケガで途中交代し敗退の憂き目に遭うと優勝することはおろか決勝進出も叶わなかった。 ドイツW杯の後、会見で「代表主将の座を退く」と会見した。しかし新しく就任したスティーブ・マクラーレンの下、新体制初のメンバー発表でベッカムは代表メンバーの選考から漏れてしまった。本人は代表キャップ100を希求している。


■「ベッカム様」

2002年W杯以降、持ち前の甘いマスクで日本の女性たちから絶大な人気を獲得し、付いたアダ名が「ベッカム様」。
ソフトバンクモバイル(旧・ボーダフォン日本法人)、ペプシ・コーラ、アディダス、東京ビューティーセンター (TBC)、明治製菓、リニューカー、M702iS(NTTドコモ)などのテレビCM出演でもお馴染みとなった。彼が来日する際には空港に多くのファンが殺到し、“ベッカム様フィーバー”を引き起こす。

プレミアシップ発足後、マンチェスターU(プレミアシップ優勝 8回)をはじめ、多くのタイトル獲得に(特に1998年のフランスW杯での失態以降は)貢献した。しかし、チームの勢いが失墜し始めた頃、アレックス・ファーガソンとの確執が露呈し試合でもスタメン出場の機会が減り始めた。ベッカムのプレーからは泥臭さが消え、勝負をしかけることも少なくなっていった。ファーガソンは「昔はあんな奴じゃなかった」と語り、その原因が妻のヴィクトリアにあることをほのめかした。この確執が原因で、03-04シーズンからレアル・マドリードに移籍した。この移籍の直後、マンチェスターUはクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、背番号7は彼がつけている。しかし、本人はインタビューにて「僕がイングランドに帰るとしたら、マンチェスター・ユナイテッドにしか行くつもりはないし、親父(ファーガソン)のことは今でも尊敬している」と語っている(ファーガソン自身も「デビッドの心には常にユナイテッドがある。」と語っている)。

なお、マンチェスターU在籍最後の2002-03シーズンはプレミアシップ優勝を果たしており、ベッカム移籍後のマンチェスターUは2002-03以来、FAカップ、リーグカップのタイトルは獲得しているものの、リーグ優勝から離れている。また、現在所属するレアル・マドリードも2002-03のリーグ優勝以来3シーズン連続で無冠に終わっている。

主に右サイドのMFとしてプレーしているが、本人はセンターハーフを好んでいる。これはもちろんロブソンの影響。

その容姿からマーケティング面での貢献が非常に高く、レアル・マドリードは彼を獲得するために用意した約46億円ともいわれる移籍金を、彼のユニフォームの売上代金のみで取り戻し、さらに利益を得たとも言われる。一方、チームは彼が加入して以来、優勝から遠ざかっているため、ファンからは「彼がレアルにした貢献はユニフォームの売り上げを伸ばしたことだけだ」と皮肉られている。

鳴り物入りでレアル・マドリードに加入したが、いまだに優勝を経験していない。攻撃的なスター選手の多いチームにおいては、守備的な選手の重要性が問われており、特にベッカム獲得の代償としてクロード・マケレレを放出したことはレアル・マドリードにとって最大の失敗と言われている。それ以降3シーズン守備が安定せず、カマーチョ以後の監督の必須命題になっているがカペッロ・ミヤトビッチ体制になっても変わっていないことから、ベッカム本人の問題の域を超えている。

レアル・マドリードに加入した際、背番号7はラウール・ゴンサレスが既に着用しており、ベッカムの背番号に注目が集まったが、その番号はなんと23番であった。驚きをもって迎えられたが、本人曰く「マイケル・ジョーダンを尊敬していて、それにちなんだ」と話している。


■デビッド・ベッカムの所属チーム

マンチェスター・ユナイテッド 1991 - 1994
プレストン・ノースエンド 1994 - 1995
マンチェスター・ユナイテッド 1995 - 2003
レアル・マドリード 2003 - 2007
ロサンゼルス・ギャラクシー(予定) 2007 -




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/280-9cc056a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。