サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーリー・リネカー(Gary Winston Lineker、1960年11月30日 - )は、イングランド・レスター出身の元イングランド代表サッカー選手(FW)。ガリー・リネカー、ギャリー・リネカーと表記されることも多い。

青果商の息子として生まれ、1974年に地元のクラブチーム・レスター・シティに入団。1984年5月26日のスコットランド戦にてイングランド代表チームに初招集される。1986年のメキシコW杯では直前に手首を怪我しギプスをつけた状態で出場、一次リーグ最終戦のポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど6得点を挙げて得点王に輝き、1990年のイタリアW杯でも4得点を挙げ、その大会以降はブライアン・ロブソンの後を継ぎ主将をつとめた。

イングランド代表通算歴代2位の48得点で迎えた1992年5月17日に行われたブラジルとの親善試合では自ら得たPKを外してしまい、歴代1位のボビー・チャールトンの代表49得点に並ぶ事が出来ず。直後に行われた欧州選手権でも得点を記録出来ないままにイングランド代表から身を引いた。イングランドA代表通算80キャップ48得点。ワールドカップ通算12試合出場10得点。現役通算333得点。

1984-85シーズンはレスター・シティで24得点、1985-86シーズンはエバートンで30得点、1989-90シーズンはトッテナムで24得点と得点王を3度獲得。全て異なるチームであった。

1993年のJリーグ開幕時に名古屋グランパスエイトに移籍。当時のJリーグ最高年俸(3億円)だった(リーグ戦通算18試合出場4得点)。2年目の1994年シーズン終了後に怪我を理由に現役を引退した。後に、2006 FIFAワールドカップでイングランド代表の主将であったベッカムが、翌年アメリカのクラブチームに移籍する際に、自身の日本でのキャリアになぞらえて、「それは半引退に等しいね。僕もキャリアの最後には日本に行って同じようなことをした。日本人にサッカーを広めて金を稼ぐことは面白い経験だった。」と発言している。

13年間の現役生活で一度もレッドカードどころかイエローカードすらも貰ったことが無く、1991年には「FIFAフェアプレー賞」を受賞している。

現在はイギリス・BBCのサッカー番組「Match of the Day (en:Wikipedia)」(1964年から続くサッカーのニュース番組)の司会を務める他、新聞などのコメンテーターとして活躍中。洒脱な語り口と紳士的な人柄から同国民に大変人気があるが、労働者階級の一部からは違和感を指摘されることもある。

2002年には古巣レスター・シティが経営破綻した際には、私財を提供し救い、翌2003年にはイングランドサッカー栄誉の殿堂 (English Football Hall of Fame)入りを果たした。


■ゲーリー・リネカーの選手経歴

レスター・シティ(イングランド) 1974-1985 
エヴァートンFC(イングランド) 1985-1986
バルセロナ(スペイン) 1986-1989
トッテナム・ホットスパー(イングランド) 1989-1992 
名古屋グランパスエイト(日本) 1993-1994



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/275-25a5d131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。