サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio 1967年2月18日 - )(バッジオ/バッジォと表記することもある)は、イタリア共和国ヴェネト州ヴィチェンツァ県カルドーニョ出身のサッカー選手。「イタリアの至宝」と称され、現役を退いた今も世界中に多くのファンをもつ。華麗なプレースタイルはアレッサンドロ・デル・ピエロやフランチェスコ・トッティらが、その系譜となる。今ほどCSやBSが普及していなかった頃からでさえ、彼の名は日本で知られていた(それとは別だが親日家である)。イタリアの女性が求める「力強さと美しさ」を併せ持つ稀な存在。

趣味はハンティング。通称は「ロビー」、愛称は「コディーノ」(馬の尻尾。髪型に由来する)。03-04シーズンで現役引退。セリエA通算205ゴールは歴代5位。使用スパイクはデビューから引退までディアドラ(1999年、イタリア代表での試合など一時期のみkappaを使用)。


■ロベルト・バッジョのプレイスタイル

一言でいえばファンタジスタ。重心の低いドリブルはスピードとテクニックを兼ね揃えディフェンダーは彼の間合いになる前にボールを奪う必要がある。シュートはコースをついたテクニカルさを持ち味とし、キーパーのキャッチしづらいコースを狙う。この点では、シュートとは「スピード」でなく「コントロール」が重要である、ということの証明であり現役選手のよき見本であろう。プレースキッカーとしても一流で、FKは非常に精度が高く、元ブラジル代表のジーコに「バッジョのFKは素晴らしい、もし同じ時代にプレーしていたなら習っていただろう」と言わしめた。 ここ一番の無類の勝負強さを持ち合わせており、代表、クラブのいずれでも発揮された。晩年は、さすがに多少スピードは衰えたが絶妙なボールコントロールと見事な動きで得点感覚も衰えることはなく03-04シーズンには、パサーやゲームメーカーとして、生粋のストライカーではないにも関わらず、セリエA史上5人目となる通算200得点も達成した。


■ロベルト・バッジョの信仰その他

カトリック信者の多いイタリアにおいては珍しい熱心な仏教徒(創価学会インターナショナル会員)であるが、これは若手時代に膝の怪我で苦しんでいた頃に信心し始めたもの。漢字で「必勝」と書かれたキャプテンマークを巻くこともあった(これは創価学会員から特別にプレゼントされたもので、以後バッジョはそのキャプテンマーク、後にそのキャプテンマークから必勝の文字が消えても、創価学会旗の柄である黄・赤・青の3色ボーダー柄を好んで使った。なお、この三色ボーダーはチームが用意したのではなく、バッジョが自ら持参している。バッジョはこのキャプテンマークを使用前、プラダのスカーフをキャプテンマークとして使用していたりした)。また彼の自伝に、創価学会名誉会長兼創価学会インターナショナル会長の池田大作氏が、端書を寄せている。


■ロベルト・バッジョのクラブチーム

1981年にセリエC1のヴィチェンツァでデビューした。1984-85シーズンに12得点を記録し、1985年にはセリエAのフィオレンティーナに移籍した。ところがフィオレンティーナ移籍後に右膝十字靭帯断裂の怪我を負い、移籍後の1985-86シーズンは未出場(コッパ=イタリアでの試合には出場)、1986-87シーズンも数試合の出場にとどまってしまう。だが、怪我の回復した1988-89シーズンには15得点(ヴィオラはUEFAカップ出場)、1989-1990シーズンには17得点という活躍をした。

1990年には、当時史上最高の移籍金、150億リラで鳴り物入りでユヴェントスに移籍。1992-93シーズンにはバッジョは21得点を挙げ、チームはUEFAカップを優勝して久々のヨーロッパタイトルを獲得、この功績が認められ、同シーズンのFIFA最優秀選手賞とバロンドールを獲得した。

その後、若手のアレッサンドロ・デル・ピエロが台頭、若返りを進めるチームはライバルチームであるACミランへ1995年に放出。ACミランではファビオ・カペッロ(およびアリゴ・サッキ)監督が(ポジションが重なるためとはいえ)FWにはデヤン・サヴィチェヴィッチを重用し、さらにバッジョ本人の怪我もあって、在籍2シーズンを通じてインパクトのある活躍はできなかった。

しかし、ワールドカップシーズン直前の1997-98にボローニャに移籍すると、カルロ・マッツォーネ監督の庇護の下、自己ベストの22得点をマークして結果を残す。このためイタリア代表監督チェーザレ・マルディーニ(当時)は、バッジョの召集を見送ることができなくなってしまった。

1998年から、 インテルで2シーズン過ごす。しかしここでも怪我と(特にマルチェロ・リッピ)監督との確執によって再び出場機会が減少してしまう。

このインテル時代のハイライトは、2000年5月23日のパルマ戦(CL出場権プレーオフ)であろう。このシーズンは、スクデット争いにさえも参加できない低調で無様なシーズンであった。そのため、クラブ首脳陣はせめてCL出場権を獲得しなければ、監督更迭をも視野に入れていた。この試合は、まさにバッジョのためのゲームだった。前半35分にFKで先制、同点にされた後半38分左足ボレーで決勝点を奪う活躍を見せ、ガゼッタ・デロ・スポルト誌での評価点“10”を獲得(通常、最高評価点で有る10が出ることは滅多に無く、引退する選手へのご褒美もしくは生命を救った選手に与えられる)。この試合でバッジョは退団、有終の美を飾り、CL出場権を獲得したリッピは監督続投決定、というなんとも皮肉な結果に終わる。

2000年から、 ブレシアで4シーズンを過ごし、再び信頼するカルロ・マッツォーネ監督の下でいぶし銀の活躍を見せる。2004年5月16日のサン・シーロでのACミラン戦(2-4で敗戦)を最後に引退した。この試合で83分にバッジョの途中交代(コルッチが出場)を告げられると、バッジョに対してスタジアム全体からスタンディングオベーションが送られた。ブレシアの背番号10はクラブの永久欠番となっている。ちなみに、ブレシアのクラブショップでは彼の引退後も、新しいレプリカユニフォームにNo,10/BAGGIOのネームナンバーが入った物が発売されている。

独自の美学を貫いたため監督と意見が合わず、幾つもチームを渡り歩くキャリアであった(監督の立場としては、怪我が多く常時戦力と期待できない面もあった)。しかし、守備戦術が横行するファンタジスタ受難の時代においても、バッジョのサッカーセンスは何処でもまばゆい輝きを放ち続けた。


■ロベルト・バッジョのイタリア代表・W杯

1988年11月16日 オランダ戦でイタリア代表デビュー。'89年4月22日ウルグアイ戦でアズーリ初ゴール。1990年イタリア、1994年アメリカ、1998年フランスワールドカップに出場し、3位、準優勝、準々決勝進出と、いずれもベスト8に入った。ちなみに3大会の敗退はいずれもPK戦によるもので、バッジョは3大会ともPKキッカーをつとめている。

1990年の地元開催では、司令塔にジュセッペ・ジャンニーニがいたためスーパーサブ的立場であったが、グループリーグ第3戦目のチェコスロバキア戦において中盤から単独ドリブル突破を仕掛け、ディフェンダーを次々と抜き去り鮮烈なゴールを決めた。これはしかし、バッジョ自身のハイライトのひとつとして考えられようが、同じくサブメンバーから大会得点王になったサルバトーレ・スキラッチほどは注目されなかった。とはいえこの得点は、大会のベストゴールのひとつと数えられ、バッジョはイタリア代表の新たな旗手として世界に名を知られることになった。彼がスタメンから外れた準決勝ではイタリアはアルゼンチンに1-1の後PK戦で破れ、バッジオを先発させなかったビチーニ監督に非難が集中した。フル出場した三位決定戦のイングランド戦では先制点を記録し、決勝点となるPKを誘い(蹴ったのは大会得点王のかかったスキラッチ)、幻に終わった試合終了間際のゴールの基点となるなど、存分に持ち味を発揮した。

3大会中、最も存在感を示したのは1994年のアメリカワールドカップである。ヨーロッパ予選ではイタリアの10番、まさにエースと呼ぶにふさわしい活躍で、さらには前年の1993年にバロンドールを受賞していたこともあって、周囲の期待は大いに高まっていた。ところが大会直前に右足に怪我を負ってしまう。一抹の不安を抱えたまま、1994年ワールドカップを迎えた。

不安は現実となり、予選グループ初戦を落としたイタリアは、1勝1敗1分けで辛うじて決勝トーナメント進出という低調にあえいだ(当時の規定でグループ3位ながら救われた)。気温40度を超すピッチで「ゾーンプレス」戦術が機能しにくかったことが苦戦の原因だが、無得点と精彩を欠くバッジョへの風当たりは厳しく、地元メディアはジャンフランコ・ゾラへの交代を唱えた。さらに屈辱的だったのは、第2戦ノルウェー戦でペナルティーエリア外での故意のハンドの反則をしたGKジャンルカ・パリュウカが退場処分となった際、アリゴ・サッキ監督が控えGKルカ・マルケジャーニの投入のためにバッジョをベンチに下げたこと(このとき、バッジョはサッキに対して「狂っている」と漏らしたといわれる)である。試合後に監督は「(足を怪我して)走れないバッジョを人数の少なくなった状況では使いづらいから」と説明したが、エースと監督の信頼関係は微妙なものになっていった。

しかし、チーム内は徐々に意識統一が明確となり、サッキは1人の力に依存する方法に否定的ではあったが、選手達にはバッジョを中心とした攻撃態勢が整いつつあった。 決勝トーナメント1回戦のナイジェリア戦も先制を許し、しかも反撃の切り札で投入したゾラが退場処分となり1点を追い掛ける苦しい展開になった。しかし、試合終了直前の89分、ついにバッジョが劇的な同点弾を決め、延長戦でもPKを沈めてエースの真価を証明した。同点弾は冷静にコースを狙ったバッジョらしいシュートで、地元新聞は「アズーリを帰りの飛行機のタラップから引きずり下ろした」と見出しを打って賞賛した。

その後も、眠りから醒めたようにバッジョはゴールを量産した。準々決勝のスペイン戦でも再び終了直前にカウンターから決勝点をあげて、2-1で勝利。準決勝のブルガリア戦でも続けざまに芸術的な2得点を挙げて2-1と勝利した。決勝トーナメントの準決勝までの3試合でチーム6得点中5得点、どのゴールも試合を逆転・決定するもので、酷評から一転して救世主扱いとなった。しかし、準決勝で右足を再び痛め、決勝への出場が危ぶまれた。

決勝のブラジル戦はバッジョとロマーリオのエースFW対決(大会得点王争い)が見所のひとつであったが、バッジョは強行出場したものの精彩を欠き、試合はワールドカップ決勝史上初のPK戦となった。ブラジルがリードを保ったまま最終キッカーであるバッジョの番となるが、激しい疲労のためゴール上に打ち上げてしまい、イタリアは優勝を逃した。このとき撮影された、呆然とするバッジョの後姿の写真はあまりにも有名である。大会MVPはロマーリオに譲ったが、バッジョは悲劇の英雄としてサッカーファンの胸に感動を刻んだ。しかし、後にサッキ監督がバッジョのスタメン志願を「チームに不利益を招いた」と非難し、しばらく代表から遠ざかる結果となった。

1998年フランスワールドカップではデル・ピエロに10番を譲ったが、負傷開けの後輩に代わり要所でベテランらしい仕事ぶりを見せ、2得点1アシストをマークした。初戦チリ戦では因縁のPKを決めてトラウマを払拭。準々決勝のフランス戦も途中出場し、延長後半に決定的ともいえるボレーシュートを放つ。難しい体勢からながらも全盛期のバッジョを彷彿とさせる一瞬であったが、イタリアにとっては惜しくも(そしてフランスにとっては胸をなでおろす)ボールはクロスバーを越えていった。結局、イタリアは3大会連続PK戦敗退という失望を味わうが、今回最後に失敗したルイジ・ディ・ビアージョを優しく慰めるバッジョの姿が印象的であった。

この後も現役を続けたが、1999年以降は代表からは遠ざかる。現役引退を表明後の2004年4月28日にジェノヴァで行われたスペインとの親善試合にキャリアへの敬意から特別招集され、この試合を最後に代表を引退した。 尚、ロベルト・バッジョのイタリア代表ゴール数は56試合27ゴール。そのうち得点を決めた試合の成績は22試合中18勝4分で“バッジョが点を決めれば負けない”神話を持つ。


■ロベルト・バッジョの所属チーム

ヴィチェンツァ(イタリア) 1979-1985
フィオレンティーナ(イタリア) 1986-1990
ユヴェントス(イタリア) 1990-1995
ACミラン(イタリア) 1995-1997
ボローニャFC(イタリア) 1997-1998
インテル(イタリア) 1998-2000
ブレシア(イタリア)2000-2004



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/273-9faedb62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。