サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンニ・リベラ(Gianni Rivera, 1943年8月18日 - )は イタリア出身のサッカー選手。ポジションはMF。

イタリア史上最高のファンタジスタとも称される天才司令塔。類稀なパスセンス、優れた得点感覚、創造力溢れるプレーで観客を魅了した。『ゴールデンボーイ』、『超頭脳』の愛称がある。

1953年地元クラブ・アレッサンドリアと契約。1960年に名門ACミランへ移籍。1961-62シーズンにはスクデット、翌季にはチャンピオンズカップ優勝に貢献、この年のバロンドールの投票ではレフ・ヤシンに次ぐ第2位に選出された。その後もスクデット2回、コパ・イタリア優勝4回、チャンピオンズカップ優勝1回、得点王1回(72-73 17得点)を記録。 1969年には遂にバロンドールを獲得した。 ちなみにデメトリオ・アルベルティーニは、彼の再来とまで言われた。

▽代表デビューは1962年5月13日vsベルギー戦
▽代表通算 60試合出場 14得点
▽1970年メキシコワールドカップではサンドロ・マッツォーラとの熾烈なポジション争いに敗れ控えに回ってしまう。
▽ワールドカップ通算 9試合出場 3得点


■ジャンニ・リベラの所属チーム

1953-60年 アレッサンドリア
1960-79年 ACミラン



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/263-bebd7f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。