サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロマーリオ・デ・ソウザ・ファリア(Romário de Souza Faria、1966年1月29日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW) 。 1980年代後半から90年代にかけて世界最高のストライカーのひとりであり、サッカーブラジル代表チームおよび各国のクラブチームで活躍した。

ワールドカップには1990年イタリア大会と1994年アメリカ大会に出場した。(ブラジル代表デビュー戦:1987年5月23日 対アイルランド戦)

問題児としても有名で、ホテルの窓から観光客に向かって小便をしたり、野次を飛ばしたファンに殴りかかったりと逸話は数知れず。一時期は問題児として名高いエジムンドと「バッドボーイズ」を形成した。性格に難があることは自分でも自覚しているようで、「自分が監督なら関わりたくない存在」と発言している。しかし、その気質が愛されてかブラジル国民からの人気は高い。

その存在感を示す逸話として、優勝した1994年アメリカワールドカップの南米予選時、監督と反りがあわず代表に呼ばれていなかったロマーリオが、「オレを召集したら次の試合で必ず2点取る」と公言、その通りに復帰戦で2点を決め、窮地に立っていたブラジル代表を救ったというエピソードが残されている。このような彼の有言実行ぶりは、熱狂的なファンを生んだ。

また、この1994年ワールドカップ前には移動の飛行機内でミューレルの隣の席を拒否した。

国内外の強豪クラブを渡り歩き、スペイン・バルセロナ在籍時の93~94シーズンは出場33試合で30ゴールという驚異的な決定力を発揮して得点王を獲得し、チームをリーグ優勝に導いた。そのあまりに常人離れしたプレーぶりから相手チームの監督からは「アニメの世界の住人だ」と評された。とりわけハット・トリックを達成した94年1月の対レアル・マドリード戦で奪った見事な先制ゴールは「牛の尻尾」と呼ばれ今でも現地のファンの間では語り草となっている。

2004年にフルミネンセに解雇されたが、自らがデビューしたCRヴァスコ・ダ・ガマに移籍。2005年ブラジル全国選手権で22得点を決め、得点王に輝いた。2005年末までの現役続行の予定だったが、米国下位リーグのマイアミFCに移籍し、現役を続けることになった。マイアミでは19得点を上げ、リーグの得点王になる活躍を見せた。その後、オーストラリアAリーグのアデレード・ユナイテッドに、リーグ戦4試合限定の「ゲストプレーヤー」として移籍する事が決定。前所属のマイアミFCとの親善試合なども契約に含まれている。

2007年から再び古巣のヴァスコ・ダ・ガマに復帰。1年間の内に3度移籍をしてはいけないというFIFAの規定によってFIFA側はその移籍を正式には認めていなかったが、ヴァスコ・ダ・ガマは「アデレード・ユナイテッド在籍は『招待』であり『移籍』ではない」と言う主張を掲げチームに帯同させ、試合にも出場させている。ちなみに、その復帰初戦では10分間でハットトリック達成の離れ業を演じている。

なお、ロマーリオは現役生活で通算990ゴールを挙げている(2007年2月現在)と主張しており、1000ゴールを達成するまでは現役を続けるものと予想されている。

本人曰く、プライベートでも仲が良かったのはバルセロナのチームメイトであったフリスト・ストイチコフと、ブラジル代表でチームメイトだったドゥンガ。特にドゥンガに関しては、「代表に召集されればいつでも行く」とコメントしている逆に仲が悪かったのはブラジル代表のチームメイトであったミューレルとベベット。ベベットに対しては「彼とはピッチの外では友達とはいえない」と発言している。


■ロマーリオのプレースタイル

小柄ではあるが、その卓越したポジショニングと恐ろしいほどの冷静さでゴールを量産。決して思いっきり打っているわけではないのだが、明らかに他のストライカーとはシュートタイミングが違うため、GKは何も出来ないことが多い。

またドリブルも非常に上手くスピードに乗った状態でも静止した状態からでも鮮やかに相手を抜くことが出来きる、かつてバルセロナの監督をしていたヨハン・クライフに「ロマーリオは止まった状態からでも30センチのスペースがあれば相手を抜ける、こんな選手ははじめて見た」と言われたことがる。

素晴らしいタッチのゴールによく「ロマーリオのタイミング」と評されることがある。

特に1994年のワールドカップアメリカ大会で挙げた5ゴールは屈強な守備の一瞬の隙をついた、彼らしいものだった。また多くのスーパースターがそうだったように天才的であるが故の傲慢さを併せ持ち、どんなプレッシャーの中でも平気だった。ゴール前やや左から裏へ抜け出し、右足アウトで逆サイドのネットを揺らすオランダ戦でのゴールでGKのエド・デ・フーイは全く無力だった。 世界中のどの選手よりも存在感のある選手と言われたこともあり、かのマラドーナも自著の中で「類まれなストライカーであり、過去の全ての世代をかき集めたオールスターイレブンを作るとしても迷うことなく名前を入れる」と述べている。

以前バルセロナに所属していたときエル・クラシコでハットトリックを決めた事がある、その際浮き球をエラシコでトラップして相手を抜き去り、いろんな人の度肝を抜いていた。


■ロマーリオの所属チーム

1978年 - 1980年 オラーリアAC(ブラジル)
1980年 - 1988年 CRヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
1988年 - 1993年 PSVアイントホーフェン(オランダ)
1993年 - 1995年 FCバルセロナ(スペイン)
1995年 - 1996年 フラメンゴ(ブラジル)
1996年 - 1996年 バレンシアCF(スペイン)
1997年 - 1999年 フラメンゴ
2000年 - 2002年 CRヴァスコ・ダ・ガマ
2003年 - 2003年 フルミネンセ (ブラジル)
2003年 - 2003年 アル・サード(カタール)
2003年 - 2004年 フルミネンセ
2005年 - 2006年 CRヴァスコ・ダ・ガマ
2006年 - 2006年 マイアミFC(アメリカ合衆国)
2006年 - 2006年 アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
2007年 -    CRヴァスコ・ダ・ガマ


■ロマーリオのFIFAワールドカップでの活躍

ロマーリオのワールドカップは1990年のイタリア大会から始まった。イタリア大会ではカレッカ、ミューレルなどのライバルにポジションを奪われ、出場機会に恵まれなかった。

1994年のアメリカ大会では、5得点を上げてブラジルの4度目の優勝に大きく貢献、同大会のMVPと同年のFIFA最優秀選手に選出されスター選手の地位を不動のものにした。

1998年フランス大会は、直前の怪我のために出場できず。ブラジル代表は決勝でフランスに3-0で敗北し準優勝止まり。しかも、決勝ではエースのロナウドが不調で振るわなかった。

2002年の日韓共催ワールドカップでは、南米予選の後半で低迷するチームを救う救世主となるも、本大会のメンバー選考でルイス・フェリペ・スコラーリ監督の構想から外された。その事実を知ったロマーリオは、会見で人目を憚らず涙した。

2004年、代表チームからの引退。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/257-d9668ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。