サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ (Ronaldo Luís Nazário de Lima, 通称「ロナウド」"Ronaldo" , 1976年9月22日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手。セリエA (サッカー)のACミランに所属する元ブラジル代表のストライカー。


■ロナウド 怪我との戦い

1999年に右膝十字靭帯を部分断裂をするという怪我をするが2000年のラツィオ戦で今度は同じ箇所を完全に断裂するという悪夢のような出来事が起こってしまった。この怪我は普通はスキーやバレーボールの選手に起こる怪我で、サッカー選手に起こるのは稀。つまりロナウドの地を蹴るパワーが強すぎて起こってしまったのではないかと言われている。選手生命の危機が囁かれたが1年半以上に及ぶ長いリハビリの末に無事復帰する。

復帰後はリハビリで膝の筋肉を鍛えたため体重が増加し、走力とスタミナが以前より落ちたためにドリブルをする距離が短くなったと言われる。一時は100kgを越える体重を記録したこともあった。

しかし、足元のテクニックやディフェンスの裏へ抜け出ししてからの加速力とトップスピードの速さは相変わらず世界でもトップクラスであり、シュートの決定力やゴール前での狡猾さ・冷静さは若い頃より増した感がある。

シザースの名手としても知られ、左に持ち出す事が分かっていながら止められない事でも有名。

2006年6月28日(日本時間)のドイツW杯の決勝トーナメント一回戦ブラジル対ガーナ戦で、今大会3得点目、W杯通算15得点目を挙げ、ゲルト・ミュラー(西ドイツ)が打ち立てた14得点という大会得点記録を更新した。この大会では、体重の増加が「太り過ぎ」とされたことと、予選グループリーグの第1試合、第2試合でシュートを空振りするなど動きが悪かったことも重なり、母国を始めとしてメディアや評論家から「レギュラー失格」の烙印を押されていたが、第3試合の日本戦では2ゴールを挙げて批判を一気に沈静化させた。

しかしクラブではファビオ・カペッロが監督に就任後、年齢や太りすぎによる運動量の低下を理由に構想から外され出場機会は減っていった。2007年1月30日、アンドリー・シェフチェンコの放出でストライカーを探していたACミランに、移籍金11億、1年半の契約で移籍が決まった。背番号はすでに9番をフィリッポ・インザーギが着ているためか、背番号は99番になった。この契約に関し、ライバルクラブでありロナウドの古巣であるインテルのモラッティ会長が「不快である」とコメントした。


■ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ

▽ここぞという場面での決定力は世界1。そのプレイぶりから「怪物」、「フェノーメノ」 (fenômeno、ポルトガル語で信じられないような現象・人の意)というあだ名を持つ。

▽「攻撃の戦術が無い」と批判された当時のインテル監督ルイジ・シモーニが「私の戦術はロナウドだ」と言い返したのは有名な逸話で、卓越した個の力で高レベルの守備組織をも凌駕して1人で得点を取れる世界でも数少ない選手で歴史に残る偉大なストライカーの一人である。

▽20代前半までは鋼のような体で世界最高峰のボディバランス、瞬発力、トップスピードを誇っており、長い距離をドリブルしGKまで抜き去ってのシュートというのが度々見られた。テクニックも非常に高いものも持っておりストライカーとしての資質をすべて備えている。左右両足で正確で強烈なシュートをうてるのも特徴である、インサイドで流し込むシュートは非常に高い確率で枠を捉える。スピードだけではなくシュート技術の高さ、ポジショニングの上手さもロナウドの大きな武器のひとつ。ヘディングは不得意。相手からは「ボールを渡さない」、「反則でしか止められない」と言われたほど。膝の十字靭帯を断裂するという大怪我からの復帰後は、全盛期のような豊富な運動量こそなくなったが、ボールを持てば相手のDFを一瞬で置き去りにできる速さと巧さを合わせ持ち、怪物たる所以とされる。全盛期のロナウドに対しある雑誌では「ロナウジーニョのプレーは子供たちが真似をする、しかし、ロナウドのプレーは真似などできるわけがない」と評していた。

▽趣味にF1観戦があり、ヨーロッパで開催されるレースを中心にしばしば姿を見せているほか、2005年には、この年に開幕した国別対抗チームによる自動車レース選手権A1グランプリでブラジル代表チームの共同出資者の一人として名を連ねている。その他、ゴルフを趣味としている。


■ロナウドのエピソード

▽1993年クルゼイロECの一員として日本に来日。ジュビロ磐田とのプレシーズンマッチに出場しハットトリックを達成(試合は3対1)。なおこの際の試合会場は東京ドームである。

▽1996年のアトランタオリンピックにブラジル代表として出場したときの登録名称は「ロナウジーニョ」だった。また同大会のハンガリー戦では後半開始前のグラウンド上で座り込んで股間をボールで隠しながら放尿をするという前代未聞の行為をやってのけている。

▽1996年のバルセロナ移籍後のコンポステーラ戦で約60メートルをドリブルで次々とDFを交わしながら決めたゴールはナイキ社のCMにも使用され知名度が飛躍的に上がるきっかけとなった。

▽1997年、イタリア・セリエAに移った初年度に25ゴールを挙げ、同リーグにおいて1年目の外国人選手によるものとしての最多ゴール記録を樹立した。この記録は未だに破られていない。

▽2002年の日韓ワールドカップの途中に、前髪のみを三角形に残して残りの髪を全部剃るという奇抜な髪型にしたことがある(日本では、三角の前髪を海苔に見立てて「おにぎりカット」、またはドラマ『子連れ狼』の登場人物から「大五郎カット」と呼ばれた)。本人は非常に気に入っていたようだが、世界中のファン、果ては自分の息子からも「変だ」と総バッシングを食らい、結局ワールドカップ終了後すぐにやめてしまった。が、それは自身が緊張するあまりフランス大会で活躍できなかった轍を踏むまい、そして仲間達に踏ませまい、との心遣いだった。事実、当時のキャプテンことカフーから「至上最悪の髪型」と揶揄されるほどだったが、セレソン全てが和む事が出来、決勝戦での勝利という最高の形に繋げる事が出来た。

▽2002年の日韓ワールドカップ優勝の翌日、ロナウド1人が夜遊びから宿泊ホテルになかなか戻らず、このためチーム全員の出発時間が遅れた。

▽2002年のワールドカップ終了後、帰国に際して、空港でちょんまげのかぶり物をかぶりながら飛行機に乗っていった。
レアル・マドリードでのチームメイトだったジダンとともに、2003年から国連開発計画(UNDP)の親善大使を務めており、貧困撲滅キャンペーンへの協力とチャリティマッチを開催している。

▽2005年にスペイン国籍を取得した。ブラジル国籍は放棄していない二重国籍であり、所属チームの外国人枠を空けるための選択。なお、イタリアに移籍した現在でも規定によりスペイン国籍はEU圏内なので外国人とはみなされない。


■ロナウドの経歴

▽代表
代表デビュー 1994年3月24日 アルゼンチン代表戦
1994 FIFAワールドカップ・アメリカ大会 - 優勝(出場機会は無し)
1996年 アトランタオリンピック - 3位(銅メダル)
1998 FIFAワールドカップ・フランス大会 - 準優勝・MVP
2002 FIFAワールドカップ・日韓大会 - 優勝・得点王(8得点)
2006 FIFAワールドカップ・ドイツ大会 - ベスト8

この大会で3得点を挙げ、ゲルト・ミューラー(14得点)を抜きワールドカップ通算得点歴代1位(15得点)になる


▽クラブ
1996-97 UEFAカップウィナーズカップ - 優勝 (FCバルセロナ)
1997-98 UEFAカップ - 優勝 (FCインテル・ミラノ)
2002-03 トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ- 優勝 (レアル・マドリードCF)
2002-03 リーガ・エスパニョーラ - 優勝 (レアル・マドリードCF)


■ロナウドの主要な個人タイトル

1996年 - FIFA最優秀選手賞受賞
1997年 - FIFA最優秀選手賞受賞、バロンドール受賞
2002年 - FIFA最優秀選手賞受賞、バロンドール受賞

▽リーグ
1994-1995 オランダリーグ得点王(33試合30得点)
1996-1997 スペインリーグ得点王(37試合34得点)
2003-2004 スペインリーグ得点王(32試合24得点)

▽代表
2002年 FIFAワールドカップ 得点王(7試合8得点)


■ロナウドの所属チーム

89-91 ソシアル・ラモス(ブラジル)
91-93 サンクリストバン(ブラジル)
93-94 クルゼイロEC(ブラジル)
94-96 PSVアイントホーフェン(オランダ)
96-97 FCバルセロナ(スペイン)
97-02 FCインテル・ミラノ(イタリア)
02-07 レアル・マドリード (スペイン)
07- ACミラン (イタリア)



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/256-df758090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。