サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソクラテス(本名Sócrates Brasileiro Sampaio de Souza Vieira de Oliveira、1954年2月19日-)は、ブラジル出身のサッカー選手。実弟は同じくサッカー選手のライー。

1982年、1986年のFIFAワールドカップにブラジル代表として出場。 1982年スペインワールドカップの、ブラジル代表中心メンバーの一人で、ジーコ、ファルカン、トニーニョ・セレーゾとともに黄金のカルテットと呼ばれた。 コリンチャンスでプレーしていた。

キックの大半は右足からの正確なインサイドキックであったが、ヒールキックは、彼が世界に広めたといっても過言ではない。またPKの蹴り方がきわめて独特であり、ほとんど助走をつけず、蹴る前に一瞬間を作って蹴る。

現在は医師。その免許は現役時代に取得しており、「ドトール」の愛称で呼ばれた。


■ソクラテスの選手経歴

ボタフォゴFC(ブラジル)1974-1978
コリンチャンス(ブラジル)1978-1984
フィオレンティーナ(イタリア)1984-1985
フラメンゴ(ブラジル)1986-1987
サントスFC(ブラジル)1988-1989
ボタフォゴFC(ブラジル)1989


■ソクラテスの代表歴

ブラジル代表(1979年-1986年、63試合25得点)



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/250-41013a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。