サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルロス・アウベルト・トーレス(Carlos Alberto Torres、1944年7月17日 - )は、ブラジル・スドナバラ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(右サイドバック、センターバック)。

攻撃的サイドバックの創始者とも言える選手で、クラブチーム・代表チームの両方で「王様」ペレのチームメイトとして活躍した。サントス時代には5度のリーグ優勝に貢献。

カラーテレビ放映が開始された1970年のW杯メキシコ大会にはブラジル代表キャプテンとして出場。 特に決勝戦での得点は彼のハイライトとも言うべきもので、完全に相手ディフェンダーの裏を取ってオーバーラップし、そこからダイレクトでファーサイドのゴールを射抜いてみせた。ブラジルに最後のジュール・リメ杯をもたらしたこのスーパーゴールは、ブラジル国民の魂を熱く喚起させる素晴らしいものだった。

現役引退後はフラメンゴや各国代表チームの監督を歴任。2004年、ペレが選ぶ世界の名プレーヤー「FIFA 100」のひとりに選ばれた。

1995~99年にJリーグの名古屋グランパスエイトで活躍したトーレス(Carlos Alexandre Torres)は実の息子に当たる。


■カルロス・アウベルトの所属クラブ

1963-65 フルミネンセ(ブラジル)
1965-71 サントス (ブラジル)
1971   ボタフォゴ (ブラジル)
1972-76 サントス(ブラジル)
1976   フルミネンセ(ブラジル)
1977   フラメンゴ(ブラジル)
1977-81 ニューヨーク・コスモス(USA)
1981   ニューポート・ビーチ(USA)
1982   ニューヨーク・コスモス(USA)


■カルロス・アウベルトの指導経歴

1983-85 フラメンゴ(ブラジル)
1986-87 ナウチコ(ブラジル)
1987-93 マイアミ・シャークス(USA)
1995-97 ナイジェリア
2000-01 オマーン
2001   ザマレク(エジプト)
2004-05 アゼルバイジャン


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/247-f02c0de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。