サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリオ・アルベルト・ケンペス (Mario Alberto Kempes, 1954年7月15日-)は、アルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションはFW。

華麗な身のこなしとその得点力から『エル・マタドール(闘牛士)』と称されたストライカー。

地元開催となった1978年アルゼンチンワールドカップで6得点を挙げ得点王となり、アルゼンチンのW杯初優勝に大きく貢献した。

2004年3月にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』に選出された。

代表デビュー:1973年9月23日
代表通算:43試合出場 20得点


■マリオ・アルベルト・ケンペスのワールドカップ経歴

1974年西ドイツW杯: 6試合 無得点(2次リーグ)
1978年アルゼンチンW杯: 7試合 6得点(優勝)
1982年スペインW杯: 5試合 無得点(2次リーグ)
W杯通算: 18試合 6得点


■マリオ・アルベルト・ケンペスの個人タイトル

ワールドカップ得点王:1回
1978年:6得点
リーガ・エスパニョーラ得点王:2回
1976-77年:24得点
1977-78年:28得点
南米年間最優秀選手:1回
1978年


■マリオ・アルベルト・ケンペスの所属チーム

1971-73年 インスティトゥート・コルドバ(アルゼンチン)
1974-76年 ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)
1976-81年 バレンシア(スペイン)
1981-82年 リバープレート(アルゼンチン)
1982-84年 バレンシア(スペイン)
1984-86年 エルクレス(スペイン)
1986-87年 ファースト・ヴィエナ(オーストリア)
1987-90年 サンクト・ペルテン(オーストリア)
1990-92年 クレームス(オーストリア)
1995年 フェルナンデス・ビアル(チリ)
1996年 ペリタ・ジャワ(インドネシア)


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/246-365ee16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。