サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イバン・サモラーノ(Iván Luis Zamorano Zamora、1967年1月18日 - )は、チリ出身の元同国代表サッカー選手(FW)。空中戦に強く、ヘリコプターの異名を持った。

地元のクラブチーム・コブレサルでデビュー。1987年6月19日のペルー戦では代表デビューを果たす。その後1988年にスイスのクラブチームへ移籍して頭角を現し、23得点を挙げて得点王になり翌年セビージャへ移籍。ここでも得点能力の高さを証明し、1992-1993シーズンにはレアル・マドリードへ移籍を果たすと26得点を挙げ、1994-1995シーズンには28得点を挙げて得点王に輝き、数々のタイトル獲得に貢献した。

さらに1996-1997シーズンにはセリエA・インテルへ移籍。翌年にはチリの4大会ぶりの出場となったフランスW杯に出場し、マルセロ・サラスとともにチームをベスト16へと導いた。また2000年のシドニー五輪にはオーバーエージ枠で出場し6得点。チームに銅メダルをもたらし、自身も大会得点王となった。

2001年にはメキシコのクラブチーム・アメリカへ移籍して初戦でハットトリックを達成するなどの活躍で優勝に貢献。キャリアの最後を母国のクラブチーム・コロコロで過ごし、2003年12月23日にはサンティアゴで引退試合が行われ、5万の観衆が引退を惜しんだ。


■イバン・サモラーノのエピソード

インテル在籍時の97/98シーズンには、サモラーノが背番号9、そしてロナウドが背番号10をつけていたが、98/99シーズン、ロベルト・バッジョ加入時にバッジョが背番号10をつけ、ロナウドが背番号 9をつけることになったため背番号の明渡しを命じられた。拒否したが結局奪われたため、その後背番号18を要求しユニフォームの1と8に小さな+を付けて出場していた。(1+8)

「僕がイタリアに来てから、ずっとバッジョとプレーする夢を見ていた」と言い、インテルで共にプレーしていた当時、バッジョがゴールを決めると靴を磨くパフォーマンスや祈りを捧げるパフォーマンスで敬意を惜しまなかった。


■イバン・サモラーノの選手経歴

コブレサル(チリ) 1986、1987-1988
コブレ・アンディノ(チリ) 1986-1987
ザンクト・ガレン(スイス) 1988-1991
セビージャ(スペイン) 1991-1992
レアル・マドリード(スペイン) 1992-1996
インテル(イタリア) 1996-2001
クラブ・アメリカ(メキシコ) 2001-2002
コロコロ(チリ) 2002-2003



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/233-ff327187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。