サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンツォ・フランチェスコリ・ウリアルテ(Enzo Francescoli Uriarte、1961年11月12日 - )はウルグアイ首都モンテビデオ出身の元サッカー選手で元ウルグアイ代表。ポジションはFW。1997年に現役引退。 ニックネームはEl principe(エル・プリーンシペ、スペイン語)やLe prince(ル・プランス、フランス語)、どちらも王子という意味。

ダイレクトプレー、両足フェイント、トリックプレイ、1対1シュート、ペナルティーキックなど、多彩なテクニックで観客を魅了した。 サッカーウルグアイ代表の一員として1986と1990 FIFAワールドカップに出場した。 コパ・アメリカ1983、1987、1995にウルグアイ代表メンバーとして3回優勝している。

2004年、偉大なサッカー選手100人でペレに選ばれた。

ちなみに世界最高峰のMFであるジネディーヌ・ジダンが最も尊敬する選手に彼の名前を挙げている。 その証拠にジダンは自分の息子に「エンツォ」という名前を授けている。

1997年、ワールドカップ予選で苦戦するウルグアイ代表を救うため、テレビに出演し代表チームに大きな声援を送ってくれるよう国民に向けて訴えた。


■エンツォ・フランチェスコリの所属クラブ

モンテビデオ・ワンダラーズ(ウルグアイ)1980-1982
リバープレート(アルゼンチン)1983-1986
ラシン・パリ(フランス)1986-1989
オリンピック・マルセイユ(フランス)1989-1990
カリアリ(イタリア)1990-1993
トリノ(イタリア)1993-1994
リバープレート(アルゼンチン)1994-1997



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/231-b5a77f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。