サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダニエル・パサレラ(Daniel Passarella、1953年5月25日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元同国代表サッカー選手(DF)、元同国代表監督・元ウルグアイ代表監督。

現役時代はリバープレート、フィオレンティーナ、インテルナツィオナーレ・ミラノを渡り歩き、セリエAでの成功の後にリバープレートに戻った。ディフェンダーであったが、通算451試合で134ゴールを記録した(この記録はオランダのロナルド・クーマンに破られている)。

アルゼンチン代表でもキャプテンを務めた。1978年のFIFAワールドカップでのアルゼンチンの優勝に大きく貢献し、ワールドカップを掲げた初めてのアルゼンチン人となった。1986年のFIFAワールドカップ予選では、ペルーを相手に予選突破を決定づけるゴールを挙げた。本戦では腸炎のため出場できなかった。当時のスタープレイヤーディエゴ・マラドーナおよび代表監督であったカルロス・ビラルドと仲が悪く、パサレラは後にこの2人が自分を欠場させたと主張している。

アルフィオ・バシーレの後任として、1998年のFIFAワールドカップの予選・本戦を通じてアルゼンチンの監督を務めた。この大会ではオランダに敗れ、ベスト8に終わった。彼が監督である間、ガブリエル・バティストゥータのような長髪の選手を代表に呼ぶことを拒絶することについて議論が起こっていた。パサレラはバティストゥータやフアン・セバスティアン・ベロンなどの選手とソープオペラのような関係であった。後任はマルセロ・ビエルサ。

その後、ウルグアイの監督となるが、2002年のFIFAワールドカップの予選の最中にその職を失った。

その後、2001年にパルマの監督を務めた。2003年には、CFモンテレーを率いてメキシコリーグの覇者となった。2004年、ペレによってFIFA 100のうちの一人に選出された。2005年にはコリンチャンスの監督となったが、数ヶ月で解任された。2006年、レイナルド・メルロの辞任によって空白となっていたリバープレートの監督の座についた。


■ダニエル・パサレラの選手経歴

CAサルミエント(アルゼンチン)1971-1973
リバープレート(アルゼンチン)1974-1982
フィオレンティーナ(イタリア)1982-1986
インテル・ミラノ(イタリア)1986-1988
リバープレート(アルゼンチン)1989


■ダニエル・パサレラの指導経歴

リバープレート(アルゼンチン)1989-1994
アルゼンチン代表 1994-1998
ウルグアイ代表 1999-2001
パルマAC(イタリア)2001
CFモンテレー(メキシコ)2002-2004
コリンチャンス(ブラジル)2005
リバープレート(アルゼンチン)2006-



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/227-af6124dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。