サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガブリエル・オマール・バティストゥータ(Gabriel Omar Batistuta, 1969年2月1日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。元アルゼンチン代表。

ニックネームは獅子王、バティゴール 長くイタリア・セリエAで活躍し、セリエAの外国人最多通算得点記録を保持またアルゼンチン代表歴代得点記録保持者でもある。1998年に日本代表が初めて出場したフランスW杯において、日本が初戦で対戦したアルゼンチン代表の当時のエースで、決勝点を決めて日本のワールドカップ初失点と初の敗北を演出したことや、日本人として初めてセリエAで優勝を経験した中田英寿とチームメイトであったことなどから、日本でもよく知られた選手である。身長185cm、体重73kg。家族は妻と4男。


■ガブリエル・バティストゥータの愛称

よく使われる愛称はBati(バティ)。その他にも荒ぶるその容姿からRe leone(レ・レオーネ = 獅子王)とも言われる。少年期には太り気味だったことからel gordo(エル・ゴルド = でぶ)と言われたこともある。


■ガブリエル・バティストゥータのプレイスタイル

1990年代における世界最高のフォワードの一人。 爆発的なシュート力とエリア内での相手の視界から消える巧みなポジショニングでゴールを量産する。セリエAの外国人最多通算ゴール数を誇り、しかもそのほとんどをそこまで強豪ではないヴィオラで成し遂げた事からマルコ・ファン・バステンより評価する者も多い。

その強烈過ぎるシュートと大柄な体格から力強さが印象に強く残るが、パワーだけのプレイヤーではなくヘディングも上手く、パスやフリーキックなどのテクニックも優れたものを持つ。また、ループシュートでのゴールも得意とする。


■ガブリエル・バティストゥータはフィレンツェの英雄

1991年、イタリア・フィレンツェの人気クラブ フィオレンティーナに移籍したバティストゥータは、その年のシーズン開幕当初こそ出場機会に恵まれなかったが、低迷するチームを立て直すべく途中就任したルイジ・ラディーチェ監督によりレギュラーに抜擢されると得点を量産、移籍初年度にクラブでの確固たる地位を築く。

1992-1993シーズンにフィオレンティーナは思うような成績を上げられずセリエB(2部リーグ)に降格してしまうが、バティストゥータはフィオレンティーナに留まり翌年の再昇格へ大きな役割を果たす(バティストゥータのような世界的なプレイヤーが2部リーグでプレイすることは極めて珍しい)。その後1994-1995シーズンにはセリエA得点王、1995-1996シーズンにはチームのコッパ・イタリア(イタリアプロサッカーリーグのカップ戦)優勝に貢献、フィオレンティーナへの献身がファンの心をすっかり掴む。最終的には合計9シーズンをフィオレンティーナで過ごし269試合出場・167ゴールと言う結果を残した彼はフィレンツェの英雄と称えられ、フィオレンティーナのファンはホームスタジアムの前に銅像を建てる。

2000年にASローマへ移籍。フィオレンティーナのファンは悲しみ、また憤りのあまり彼の銅像を破壊してしまった。この移籍はバティストゥータ自身がフィオレンティーナでは成し得なかったスクデット(セリエA優勝)をどうしても獲得したかったことと、多額の移籍金(約40億円、当時セリエA史上2番目の高額)によりクラブが断りきれなかったことが理由であり、彼自身、フィオレンティーナへの愛は不変であることを公言している。

ローマへの移籍初年度にオリンピコ(ローマのホームスタジアム)でフィオレンティーナと対戦した際には同点で迎えた終了間際に彼らしい豪快なミドルシュートで決勝点となる劇的なゴールを奪ったが喜びの感情を表すことはなく、チームメイトに祝福される輪の中で見せた俯いたままの哀しげな表情は彼のフィオレンティーナへの愛着を表すシーンとして、そしてスクデットを獲得したチームに数々のゴールによって最大限に貢献した彼の献身を象徴する試合として、その年のハイライトシーンとなった。 後のフィオレンティーナとの対戦では彼本来の実力を発揮する場面は少なかった。また、キャリアの最後はフィオレンティーナでプレイしたいと述べるなど、フィオレンティーナへの変わらぬ愛情を示している。

2005年3月13日現役引退を表明。静かにそのキャリアの幕を閉じたが、引退声明文の中で「今後も違う形でサッカーに関わっていく」と述べられており、今後は彼のサッカー界におけるピッチ上以外での活躍が期待される。


■ガブリエル・バティストゥータの所属クラブ

1986-1987 レコンキスタ・サンタフェ (ARG)
1987-1989 ニューウェルズ・オールドボーイズ (ARG)
1989-1990 リーベルプレート (ARG)
1990-1991 ボカ・ジュニオルズ (ARG)
1991-2000 フィオレンティーナ (ITA)
2000-2002 ローマ (ITA)
2002-2003 ローマ (ITA) (1月まで) → (1月から) インテル (ITA)
2003-2004 アル・アラビ (QAT)
※ ARG=アルゼンチン, ITA=イタリア, QAT=カタール


■ガブリエル・バティストゥータの代表歴(国際大会)

1991年 コパ・アメリカ チリ大会 (チーム成績:優勝) (個人タイトル:得点王)
1993年 コパ・アメリカ エクアドル大会 (チーム成績:優勝)
1994年 W杯アメリカ大会 4試合出場4得点 (チーム成績:ベスト16)
1995年 コパ・アメリカ ウルグアイ大会 (個人タイトル:得点王)
1998年 W杯フランス大会 5試合出場5得点 (チーム成績:ベスト8)
2002年 W杯韓国・日本大会 3試合出場1得点 (チーム成績:グループリーグ敗退)
代表通算キャップ:78試合 得点:54得点




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/226-cd822ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。