サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンリケ・オマール・シボリ(Enrique Omar Sivori, 1935年10月2日 - 2005年2月17日)は、アルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションはMF。愛称は『カベソン(デカ頭)』

1952年リバー・プレートとプロ契約。1955年から3年連続でのリーグ優勝に貢献。1956年にはアルゼンチン代表デビューを果たす。1957年当時の世界最高の移籍金でユベントスに移籍。ユベントスに在籍した8シーズンでスクデット3回、コパ・イタリアも3回制覇、1959-60シーズンには27得点を挙げ得点王に輝き、1961年バロンドールを受賞した。1965年チーム内の不和が原因でナポリへ移籍、ここで4シーズンを過ごし1969年に引退した。

イタリア国籍を取得し(当時は複数の国の代表でプレーが可能)イタリア代表として1962年チリワールドカップにも出場した経験がある。


■オマール・シボリの所属チーム

リバープレート 1952-1957
ユヴェントス 1957-1965
ナポリ 1965-1969


■オマール・シボリのプレイスタイル

彼以前はほとんど見られなかった股抜きドリブルを世界に広めたことで有名。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/225-dc0fce43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。