サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツーバック・システムはサッカーのフォーメーションの1つである。

現代サッカーは、19世紀にはじまったイギリスのパブリックスクールでのフットボールが直接の基である。そこで最初に登場したフォーメーションらしいフォーメーションがツーバック・システムで、1880年代に生まれたとされている。

現代式に言えば2-3-5のフォーメーションで2人のフルバックに3人のハーフバック、そして5人のフォワードからなっていた。現代人から見ればツーバックは無謀な戦術のように思えるが、当時のオフサイド・ラインは守備側の後方から3人目の選手であったため、フルバックの2人を前後にずらして、今で言うストッパーとスイーパーの役割を担うことで十分対応できた。フルバックは敵のセンターフォワードのマークが主な仕事であるが基本はゾーン・ディフェンスである。

5人のフォワードは時代が経つにつれて2人が下がり目となり「W」のような形をとるようになっていった。中央をセンターフォワード、両サイドをアウトサイド・レフト、アウトサイド・ライト、もしくはレフト・ウイング、ライト・ウイングと呼び、下がり目となった2人はインサイド・レフト、インサイド・ライト、もしくはレフト・インナー、ライト・インナーと呼ばれた。

ハーフバックは左からレフト・ハーフ、センターハーフ、ライトハーフと呼ばれ左右のハーフバックはウイングハーフとも呼ばれた。ウイングハーフの役割は敵ウイングの守備であった。センターハーフはこのフォーメーションで一番重要なポジションで攻撃は5人のフォーワードへの配球、守備では敵インナーが前線に進出したときのマークであった。攻守共に活躍し、司令塔でもあるセンターハーフにはチーム内の最高の選手が務めることが多かった。サッカー後進国であった日本ではWMフォーメーションの末期である50年代末でもツーバック・システムを用いて最高の選手をセンターハーフに据える傾向があったという。

ちなみに、ツーバック・システムの時代に背番号が生まれ、最後方のGKから順に番号が割り振られた。同一ラインに並んでいる選手については右側から順に番号が付けられた。ここからフォーメーションの変遷をたどっていくと、現在の背番号が表す大まかなポジションの意味が分かる。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/221-5fa40c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。