サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常の4バックにおいては、4人のDFのうち中央の2人はセンターバックとして中央の守備を担当し、左右のサイドバックはサイドの守備を行う。3バックよりもDFの数が多いため、攻撃の厚みを増すために状況に応じてDF(センターバック・サイドバックとも)のオーバーラップが求められる。通常の戦術としてはセンターバックはより守備的に行動し、サイドバックはより積極的に攻撃に参加することを求められる場合が多い。

相手チームがワントップの場合には中央が2対1となり、あるいはスリートップの場合でも両サイドは1対1、中央は2対1となって守備が安定するが、ツートップの場合には中央で2対2になってしまって、相手FWと味方センターバックの力量によっては危険をもたらす可能性がある。

4バックにおいては、相手FWをオフサイドにかけることを意図したラインディフェンスを行うことが多い。ただし、2人のセンターバックのうち1人をディフェンスラインとゴールキーパーの間に配置し、3人のDFをカバーするスイーパーとして機能させる場合もある。


▽4-4-2

一般的な4-4-24-4-2は4バックを主体とした中で最も普遍的で、DFが4人、MFが4人、FWが2人というフォーメーションである。

MFの4人はボランチが2人、サイドMFが2人という構成が一般的である。サイドMFはサイドを攻略するだけでなく、組み立てに貢献することも期待されている。サイドバックが中盤を追い越すプレーをする事が戦術として組み込まれていることが多い。

このフォーメーションは4バックの基本フォーメーションとも言える。理論上フィールドプレーヤーが満遍なくピッチをカバーできることがその理由である。そのため、世界的にコーチングスクールの教科書には4-4-2か4-3-3が基礎戦術として掲載されている。


▽4-4-2(ダイヤモンド型)

ダイヤモンド型の4-4-24-4-2でありながらトップ下を配置するダイヤモンド型のフォーメーション。

トップ下以外の3人はほぼ守備に専念するボランチと、ディフェンス力のあるサイドアタッカーが起用される。

中盤が菱形になりトライアングルをより形成しやすくなるため、パスを駆使したポゼッションに適している反面、MFが中央に寄りやすくなるのでサイドアタックが手薄になりやすい。 


▽4-2-3-1

4-2-3-14-2-3-1は、後ろから順にDF4人、センタハーフ2人、攻撃的MF3人、FW1人を置いたフォーメーションである。スペインのクラブで好んで持ちいられることが多い。オーソドックスな表記で言えば4-5-1となるが、同時に4-3-3の利点を取り入れているフォーメーションでもある。

4-4-2の派生系で、DFとセンターハーフに関しては、オーソドックスな4-4-2と変わりは無い。

違いは2トップの一人にトップ下の役割をさせることが可能で、さらにサイドも高い位置に張り出しているためポゼッションに適している。その反面どうしても中盤が薄くなりがちなので、そのスペースを有効に埋める戦術センスが必要である。


▽4-3-3

4-3-34-3-3は、後ろから順にDF4人、MF3人、FW3人を置いたフォーメーションである。

プレイヤー1人1人の役割がわかりやすく、指導しやすいため、少年サッカーや急造のチームではこのフォーメーションが採用されることも多い。ただし、ポジションが固定的になりやすく、センターMFなど特定のポジションのプレイヤーの力量によってチーム力が大きく左右されてしまう可能性がある。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/22-b61cbd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。