サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイドアタックとはサッカーにおける戦術の一つで、サイドを使った攻撃を指す。サイド攻撃とも呼ばれる。現代サッカーにおいて重要な攻撃。サイドアタッカーなどのポジションには優秀な選手が置かれることが多い。

ピッチの中央にはディフェンダーとボランチが数多く置かれ、プレッシャーをかけられるために、人数の少ないサイドのスペースを使うことにより攻撃を組み立てる。ボールがサイドに展開すると、ディフェンダーはサイドが抜かれた場合のカバーリングも考えポジション修正をするため、中央のスペースが空きやすい。またディフェンダーはボールとマークマンの両方を視野に入れておく必要があるが、サイドにボールがある場合視野を動かさなくてはならない。ボールがサイドに動くことでディフェンダーの仕事が増え、攻撃側は点を取りやすくなる。

現代の高名なサイドアタッカーとしては、ポルトガルのフィーゴやスペインのビセンテ・ロドリゲスなどが挙げられる。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/216-68526c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。