サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リバウド(ヒヴァウド、ヒバウド, Rivaldo Vítor Borba Ferreira, 1972年4月19日 - )はブラジル出身のサッカー選手。攻撃に関するすべての能力が世界最高レベルで巧みな左足のボール捌きから、「レフティモンスター」、「左足の魔術師」と言われる。

元ブラジル代表。かつて元フランス代表のジネディーヌ・ジダンと並び称され、世界最高峰の司令塔の一人だった。1999年には世界最優秀選手と欧州最優秀選手(バロンドール)に選ばれ、2002 FIFAワールドカップではロナウド、ロナウジーニョらと共に3Rと呼ばれる世界屈指の攻撃陣を結成し、ブラジル優勝に貢献した。しかし若いアドリアーノ、ロビーニョらの台頭、強豪リーグではないギリシャリーグに所属していたことにより2006 FIFAワールドカップのメンバーには選ばれなかった。2006-2007シーズン限りでヨーロッパの舞台から離れることを表明している。


■リバウドのプレイスタイル

ブラジル代表の司令塔としては珍しい大柄な選手。スルーパスを出し味方のゴールの演出をするだけでなく、得点を決める能力も非常に高く、パスであれシュートであれ、ワンプレーで試合の流れを変えてしまえる一人で試合を決めてしまえるプレイヤー。FWではないにもかかわらず、驚異的な得点力を持ち、鬼才という言葉が似合うプレイヤー。足元の技術に優れ、ドリブルでの突破、キープも非常に巧み。多少強引とも思われる単独のドリブル突破でゴールを陥すプレーも多かった。トラップなどのテクニックも一級品である。フリーキックは精度、威力ともに世界トップクラスである。えぐるような低く抑えられた破壊力のあるミドルシュートは高確率で枠内を捉える。長い足を最大限に生かしたシュートフォームは非常に独特で足の振りが速いのでDFがシュートを防ぐ前に振りぬくことが出来る。ラボーナやオーバーヘッドキックなどの華麗なプレーも持ち味で、胸でのトラップからオーバーヘッドキックに持ち込むプレーもしばしば見られ観客を大いに魅了した。同国の英雄ペレ、ジーコらと共にサッカー史に名を残す選手といえるだろう。


■リバウドのエピソード

少年時代のリバウドは家計が非常に苦しくユース時代にはバス代を節約するために25キロも離れた練習場まで歩いて通った。 また栄養失調から虫歯になり歯が抜け落ち入れ歯になってしまっている。デポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍をする前にヴェルディ川崎(現在は東京ヴェルディ1969)から500万ドルのオファーが届いていた。F1レーサーのアイルトン・セナが 自分のアイドルだったと語っている。


■リバウドのブラジル代表での活躍

1996年 アトランタオリンピックでは自身のミスもあり準決勝で敗戦し戦犯扱いされたがFIFAワールドカップではブラジルの栄光の№10を1998年と2002年の二大会にわたってつけ、1998年大会では3得点をあげるもののブラジル国民を納得させることが出来なかった、それはクラブでのようなプレーを期待している国民はリバウドに対して厳しかったからである。しかしブラジル代表が苦しんだ2001年の南米予選、10月7日のチリ戦で1得点を上げ勝利に貢献し本大会出場を決める。試合後スタジアムを埋め尽くしたサポーターがリバウドへ大喝采を送った。リバウドはこのサポーターの行為に「代表のためにプレーして、称賛されてフィールドを後にするのはこれが初めてだ。本当にうれしい」と感激し一生忘れられないシーンとし心に刻み込まれているという。 2002 FIFAワールドカップでは5得点と活躍をし、ロナウド、ロナウジーニョ、カフーらとともに5度目の優勝に貢献した。この大会ではドイツ代表のオリバー・カーンではなくリバウドがMVPだという声も多く聞かれた。また1999年のコパ・アメリカではロナウドとともに得点王になりMVPにも輝いた。

FIFAワールドカップ14試合出場8得点。
代表デビュー 1993年12月16日 メキシコ戦


■リバウドのクラブでの活躍

パルメイラスでの活躍を経てスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍初年度にも関わらず46試合で21得点という好成績を残し、移籍をしたロナウドの後釜としてFCバルセロナへと移籍をした。 バルセロナ在籍中での活躍がキャリアの中で全盛期だっただろう。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し1998-99シーズンにはバロンドールとFIFA最優秀選手賞を受賞した。2000-2001シーズンから背番号が11から「10」になり、スター選手であるルイス・フィーゴがライバル関係にあるレアル・マドリードへ移籍したため、リバウドがエースとなった。また2001-02シーズンではパトリック・クライファート・ハビエル・サビオラと共にトリデンテ(三椏の矛)とよばれるトリオの中心として、強烈な攻撃を披露していた、しかしこのシーズンのリバウドは怪我が多く試合数得点数ともに入団以来最低の成績であった。個人技でも奇跡的なプレーを随所に見せたものの、相手のマークが厳しくなるに従って、シミュレーションと思われる行為が目につくようになってしまった。また、ルイ・ファン・ハール監督との折り合いが悪く2002-03シーズンから彼がバルセロナの監督を再び就任することになり、2002年にACミランへ移籍する。だが、イタリアのプレイスタイルに馴染めず更に自身の離婚問題でコンディションを崩し出場機会に恵まれず2003年に退団。現在はギリシャのオリンピアコスに所属している。オリンピアコスではバルセロナ時代のように自由にプレーが出来るようになり素晴らしい活躍をしている。


■リバウド伝説のハットトリック

バルセロナ所属時の2000-2001リーガ最終節、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場をかけたバレンシアCF戦でのハットトリックはそのすべてがスーパーゴール、とりわけ3点目は今もファンの間では語り草となっている。2対2の同点、残り時間はわずかであり、引き分けならバレンシアがチャンピオンズリーグに出場することになるという状況。ここでリバウドはフランク・デ・ブールからのパスをペナルティエリア少し手前で受け、胸でボールを浮かしそのまま左足でオーバーヘッドキックを放った。アウトカーブがかかったシュートは名手カニサレスでも止められずゴール左下隅に突き刺さった。ルイス・エンリケに「あれはキャプテン翼でしか表現できないプレーだよ」と言わしめ、メディアも「キャプテン翼は実在した」と絶賛を受けた。当時低迷するチームの中でリバウドの孤軍奮闘のプレーが目立つシーズンだった。


■リバウドの獲得タイトル

1996年 アトランタオリンピック3位
1997年-1998年 スペインリーグ優勝(FCバルセロナ)
1998年-1999年 スペインリーグ優勝(FCバルセロナ)
1998年 ワールドカップ準優勝
1999年 コパ・アメリカ優勝
2002年 ワールドカップ優勝
2002年-2003年 UEFAチャンピオンズリーグ優勝(ACミラン)
2004年-2005年 ギリシャリーグ優勝(オリンピアコス)
2005年-2006年 ギリシャリーグ優勝(オリンピアコス)


■リバウドの所属チーム

1988-1991 - パウリスタFC(ブラジル)
1991 - サンタ・クルスFC(ブラジル)
1992-1993 - モジ・ミリンEC(ブラジル)
1993-1994 - コリンチャンス(ブラジル)
1994-1996 - パルメイラス(ブラジル)         
1996-1997 - デポルティーボ・ラ・コルーニャ(スペイン)
1997-2002 - FCバルセロナ(スペイン)
2002-2003 - ACミラン(イタリア)
2004-2004 - クルゼイロEC(ブラジル)
2004 - オリンピアコス(ギリシャ)


■リバウドの個人タイトル

1999年 - FIFA最優秀選手賞
1999年 - バロンドール




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/210-e9ca0834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。