サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シザースフェイントとは、サッカーで使われるフェイントの一種。まずボールをまたぐフェイントで相手の動きを誘い、それを見て逆方向へ突破するフェイント。エラシコと同様、ボールタッチの技術が上手くなければ使いこなすことは難しい。

ロビーニョが得意としている

■ロブソン・デ・ソウザ
ロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 通称「ロビーニョ」"Robinho", 1984年1月25日 - )は、ブラジル連邦共和国サンパウロ州サン・ヴィセンテ出身の同国代表、リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリードCF所属のサッカー選手(FW)。余談だが、2006年のFIFA W杯の準々決勝の対フランスで、 ブラジルが負けたにもかかわらず、試合終了後にジダンのユニフォーム欲しさにジダンに駆け寄った。

体の線は細いが、「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つほどの名手で、相手にボールを触らせない。「ペダラーダ」と呼ばれる高速のまたぎフェイントで相手を幻惑する。最終的にファウルで止められPKを獲得すると言うのも彼のスタイルの1つ。又、ゴール前では正確なキックで冷静にシュートを叩き込み、得点能力も高い。 サントス時代のペダラーダ8連発は有名である。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/205-c593b7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。