サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペシャルレフェリー (SR) とは、サッカーの試合の審判活動によって主たる収入を得ている日本のサッカー審判員の呼称。「十分な審判経験があり、高い技術を継続的に発揮できる者で、審判活動によって主たる収入を得る審判員」とされている。日本サッカー協会の規程上の資格としては1級審判員であるが、一部はFIFAの国際主審である。SRの認定は財団法人日本サッカー協会が行っている。

2007年現在、岡田正義、柏原丈二、吉田寿光、西村雄一、家本政明、扇谷健司の6人がSRに認定されている(引退した上川徹を含めると歴代7人)。主としてJ1の主審を務めるが、J2の主審および第4の審判員などを務めることもある。


■技術向上の取り組み

今日のサッカーにおいては、より一層スピーディーに、タフにプレーを行うことが求められており、スムースなゲームコントロールができるかどうかは、審判員の技量にかかっているといっても過言ではない。審判員は、判定の的確性に対しての疑問や批判の声に常にさらされ、それはSRに対しても同様である。 JFAは、SRを含めた日本のトップレフェリーの強化のため、専従の「チーフインストラクター」、「フィジカルトレーナー」を置いたり、SRのキャンプを実施するなど、積極的な取り組みを推進している。

プロの試合はプロの審判員をというビジョンのもとスタートした制度であるが、SRよりも高い評価を受けているアマチュア審判員も少なくない。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/200-1feb8bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。