サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーナーキック (Corner kick) は、サッカーの試合でコートの角からフリーでキックすることができる制度である。プロの試合などでは長方形のコートの各々の角にコーナーフラッグと呼ばれる旗が立っている。

守備側の選手が自軍のゴールラインから外にボールを出した際にコーナーキックとなる。フリーの状態からゴール前にセンタリングをあげることができるので攻撃側の選手からするとチャンスになる。

完全にゴールラインを割らないとコーナーキックにはならない。従ってコーナーフラッグにボールが当たってまだラインからボールが出ていない場合はインプレーとみなされる。

コーナーキックのキッカーがセンタリングを上げず、近くにいる味方選手にボールを渡すことをショートコーナーという。ショートコーナーではボールを受けた選手がセンタリングを上げるパターンが多い。

また、コーナーからカーブをかけてそのままゴールを狙うことも可能である。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/112-ad94c62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。