サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイドハーフ、サイドミッドフィールダー(英:winger,wide midfielder)は、サッカーのポジション。中盤の両側に位置するミッドフィールダーのこと。 「右(左)のMF」、「中盤の右(左)」、「右(左)のハーフ」などと呼ばれる。 最近ではシステムの一番外側に位置するポジションとして、「右(左)のアウトサイド」などとも呼ばれる。

現代サッカーでは、ウイング(フォワード)の代わりに左右の空いたスペースを使ってサイド攻撃を仕掛けるキープレイヤー。サイドアタッカーとも呼ばれる。 さらに現代サッカーでは、ウイングの様に単純に空いたスペースに上がって仕事をするだけではなく、中央に入り込んでラストパスを出したり、無理な攻撃を避けてタメを作ったりというゲームメーカー的な仕事も求められる事もある。


■サイドハーフの主な名称

▽サイドハーフ、サイドミッドフィルダー
特別な意味の込められていない、左右に位置するミッドフィルダーを表す言葉。「中盤の右(左)サイド」などと呼ばれる。ウイング的な役割をこなす選手と、ただミッドフィルダーの役割をこなす選手の両方を含む。

▽ウイングバック
3-5-2のフォーメーションで、アウトサイドに位置するMFまたはDFはウイングバックと呼ばれ、サイドでの守備と攻撃の両方を担う。相手のサイドの選手をマークしながらも、機を見て前線に上がり、ゴール前にクロスを送る。攻撃ではウイングの、守備ではサイドバックの役割をこなす。4-4-2のポジションになればこのポジションを務める選手はサイドバックに回ることが多い。

▽ウイングハーフ、ウイング
主に英国のフラットな4-4-2のフォーメーションの両サイド、あるいは1トップのフォーメーションでセンターフォワードの左右に位置するミッドフィルダーのこと。両サイドを攻め上がり、得点につながるクロスを送るのが主な仕事。ウイングバックとは異なり、後ろにサイドバックが控えているので、より攻撃的な役割を持たされている。守備では、サイドバックと協力して相手選手のサイド突破を防ぐ。

▽アウトサイド
中盤の両サイドに、大きく開いて構える選手のこと。ウイング的な役割を果たす選手を指すことが多い。

▽サイドアタッカー
左右の開いたスペースを使って攻撃を仕掛ける選手のこと。ウィングやサイドハーフなどの総称。


■代表的なサイドハーフ

ライアン・ギグス
ルイス・フィーゴ
ロベルト・カルロス
デビッド・ベッカム
ジャンルカ・ザンブロッタ
アリエン・ロッベン
クリスティアーノ・ロナウド
ロベール・ピレス
カフー
ルドビク・ジュリー
ハビエル・サネッティ
ホアキン・サンチェス
三都主アレサンドロ
ダミアン・ダフ



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/111-61b04f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。