サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1920年代から30年代までは、バックスと呼ばれていたポジション。このポジションも一般的には背の高い人物が好まれるが、スピードタイプのFWが増えてきた現在では、それに対応できるだけの俊敏さを兼ね備えていることも必須の条件となっている。

DFラインのシステムは、3人の場合は3バック、4人の場合は4バックと言うように表される。3バックもしくは4バックが主流であるが、相手が守りを固めていたり、点を取る必要に迫られた時は2バックも用いられる。逆にサイドハーフの選手がDFラインの位置まで降りてきて、ほとんど攻撃参加ができない場合は5バック、6バックのように見られる場合もある。

DFのポジションは大きく2つに分けることができる。すなわち、ディフェンスラインからサイドライン付近を駆け上がり攻撃参加を行うサイドバック(SB)とゴール前の守備を固めるセンターバック(CB)である。4バックの場合はその両端にSBを付けSB-CB-CB-SBと言う並びになるのが一般的である。3バックの場合はその全てがセンターバックで構成されCB-CB-CBと言う並びになる。サイドバックの役割についてはサイドハーフの項目も参照されたい。

センターバックについてはさらに、ストッパーとリベロに分かれる。ストッパーは相手FWについて、攻撃機会をつぶすことが期待される。相手が2トップの場合、3バックでは1人分ディフェンス側に余裕がある。この残った1人がリベロとなる。ストッパーがつぶした相手FWからボールを奪い取り、DFラインからの攻撃参加を行う役割が期待される。3バックの場合両端にストッパーを置き、真ん中にリベロを置くのが一般的である。

相手が2トップであれば、ここまでで話は終わるのであるが、3トップであれば、FWとDFが3対3となり、DFの数的優位が消えてしまう。ここで登場するのがスウィーパーと言うポジションである。これによりDFの数的優位を取り戻し、前3人のDFがつぶした相手FWからボールを奪い取ることが期待されるポジションである。

特性上、4バックの場合はラインディフェンスを、3バックの場合は相手に付くディフェンスを行うことが多い。フィリップ・トルシエが模索した3バックでラインディフェンスを行う、いわゆるフラット3はかなり特異な戦術であると言える。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soccerbible.blog93.fc2.com/tb.php/102-8aa71f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。