サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラシン・クラブ・デ・フェロル(Racing Club de Ferrol)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県フェロルのサッカークラブである。2008-2009シーズンはセグンダ・ディビシオンBに所属する。

1917年創設。現在までプリメーラ・ディビシオンに昇格したことは一度もない。1930年代後半にはガリシア選手権を2連覇、1939年のスペイン総統杯(現スペイン国王杯)では決勝に進出したが、セビージャFCの前に6-2で敗れ去った。

2002年には安永聡太郎が在籍した。三浦知良はフェロルの練習に数週間ほど参加したことがある。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
ラシン・サンタンデール(Real Racing Club de Santander S.A.D.)は、スペインのカンタブリア州サンタンデールに本拠地を置くプロサッカークラブ。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

2005-2006シーズンまでは、毎年、最終節まで残留争いを演じる降格候補の筆頭格だったが、2006-2007シーズンにミゲル・アンヘル・ポルトゥガルが監督に就任すると、開幕3連敗と序盤こそ躓いたが、セルビア代表の202cmの長身ニコラ・ジギッチと168cmのペドロ・ムニティスの凹凸コンビを中心に据えた安定したサッカーを披露し、中位でフィニッシュ。2007-2008シーズンは、ポルトゥガル監督が退任し(レアル・マドリードの国際部へ)、チームの中心であるジギッチが移籍する(バレンシアへ)など、再び降格候補の筆頭に挙げられたが、若き智将マルセリーノ・ガルシア・トラルの下で攻撃的なサッカーを披露し、欧州カップ出場権を手に入れた。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レアル・ムルシアCF(Real Murcia Club de Fútbol)は、スペイン・ムルシアを本拠地とするサッカークラブチーム。1908年創設。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
マラガCF(Málaga Club de Fútbol)は、スペインのアンダルシア州マラガに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1921年に創立されたマラガFC(Málaga Football Club)の数度に及ぶ名称変更、および1992年のチーム消滅を経て、1994年に新たに設立された新興クラブチーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属している。

レアル・マドリードと繋がりが深いクラブで、2006-2007シーズンからは元レアル・マドリード会長ロレンソ・サンスの息子で、双方のクラブでプレーしたフェルナンド・サンスが会長を務めている。

2004-05シーズン、経営難から主力のホセミやサルバを放出し、新戦力のマルシオ・アモローゾやパウロ・ワンチョペは使い物にならなかった。10節からの9試合で8敗を喫して降格圏に沈むチームを救ったのはアントニオ・タピア監督だった。グレゴリオ・マンサーノ監督からチームを引き継ぐとカンテラからセサール・ナバスを引き上げ、最終ラインの安定感をもたらした。攻撃陣も若手のファン・ロドリゲスや新たに獲得したフェルナンド・バイアーノを積極的に起用し、最終的に10位に食い込んで見せた。

2005-06シーズンはサルバを復帰させ、ウルグアイ代表のリカルド・モラレスを獲得したが、主力の大量放出の穴は埋まらなかった。黒星を積み重ね、最下位でシーズンを終えた。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


RCDマヨルカ(Real Club Deportivo Mallorca)は、スペインのマヨルカ島パルマ・デ・マリョルカに本拠地を置くプロサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くクラブの中で、歴史が最も古い。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属。2004-2005シーズンは序盤から低迷し降格の危機に瀕していたところ、かつてチームにカップウィナーズカップ準優勝、UEFAチャンピオンズリーグ出場などをもたらし、その後バレンシアやインテルでも実績を積んだエクトル・ラウル・クーペルを監督に迎えた。クーペル監督就任後もチームの調子は上がらず一時は降格を確実視されていたが、終盤戦に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ最終節でプリメーラ残留を決めた。この快挙をマヨルカ地元新聞紙はマヨルカの奇跡として称えた。

2004-2005シーズンの後半および2005-2006シーズンに日本の大久保嘉人が在籍した。

創立してはじめての試合で、FCバルセロナに対して0-8で敗れたことは良く知られている。

レアル・マドリードとは、若手選手をレンタルで獲得するなど交流が深い。





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レアル・マドリード・クラブ・デ・フットボール(Real Madrid Club de Fútbol)は、スペインの首都マドリードに本拠地を置くサッカークラブチーム。

1902年に創設。ホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在は、リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し優勝回数は国内最多31回、更にUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数は大会創設期の5連覇を含む9回と世界最多を誇り、FIFAにより「20世紀最強のクラブ」に認められた、世界屈指の超名門クラブである。

因みに、同チーム創設当初のスペインにはサッカーを統括する団体がなく(スペインサッカー連盟は1909年創設)、また、同チームが唯一のサッカー団体であったため、スペインを代表してFIFAの創設メンバーに名を連ねた。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ポリ・エヒド(Club Polideportivo Ejido)は、スペインのアルメリア県・エル・エヒドに本拠地を置くサッカークラブチーム。ポリデポルティーボ・エヒドとも表記される。セグンダ・ディビシオンBに所属している。

1969年創設。その後長らくテルセーラ・ディビシオン(4部)でのシーズンが続いた。2001年から2008年まで7シーズンの間セグンダ・ディビシオン(2部)に在籍していた。2007-08シーズンは22位と振るわず、セグンダ・ディビシオンB(3部)に降格した。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

レアル・ベティス・バロンピエ(Real Betis Balompié)は、スペインのアンダルシア州セビリアに本拠地を置くサッカークラブ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

ベティスのサポーターはベティコ (béticos) と呼ばれ、労働者階級層に強い支持基盤を持つ。同じセビリアを本拠地とするセビージャFCとの試合は「アンダルシア・ダービー(セビリア・ダービー)」として盛り上がる。

クラブの前身のひとつベティスFC (Betis Foot-ball Club) は、セビージャFCから離反した役員達によって1909年に創設された。当時のセビージャFCは労働者階級出身の選手との契約を拒んでおり、これに批判的な一派が旗上げしたのがベティスだった。クラブ名のベティスとはアンダルシアを指すローマ帝国時代の属州名バエティカに由来する。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


ヘタフェCF(Getafe Club de Fútbol S.A.D.)は、スペインのマドリード自治州ヘタフェに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1983年に設立された新興チーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。2003-2004シーズンに2部で2位になり初の1部昇格を果たすと、以後2シーズンは限られた戦力ながら13位・9位と好成績を残している。

同じマドリード自治州の両名門クラブレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードとの関係は比較的良好。因みにヘタフェのアンヘル・トーレス会長は熱心なマドリディスタ(レアル・マドリードのファン)である。そのためレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードから若手選手をレンタルで獲得することも多い。またバレンシアとも密接な繋がりがあり、ヘタフェの監督として実績を挙げたキケ・サンチェス・フローレスがバレンシアに引き抜かれたり、バレンシアの若手有望選手をレンタルで獲得したりと交流が深い。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

ヒムナスティック・タラゴナ(Club Gimnàstic de Tarragona)は、スペイン・タラゴナ(カタルーニャ自治州)に本拠地を置くサッカークラブチームである。現在はリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属している。

2005-2006シーズンにはセグンダで準優勝し、3度目となる1部リーグ昇格を果たしたが、2006-2007シーズンはプリメーラ・ディビシオン20位と低迷し、再びセグンダに降格した。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL


スポルティング・デ・ヒホン(Real Sporting de Gijón)は、スペイン北部アストゥリアス州の都市ヒホンに本拠地を置くサッカークラブチーム。1905年創設。ホームスタジアムであるエル・モリノンは1908年に建てられたスペイン国内のプロサッカー場としては最も歴史のあるスタジアムである。

下部組織の選手育成に定評があり、ルイス・エンリケやダビド・ビジャなどのスター選手を輩出している。

1981-1982、1982-1983シーズンには国王杯で2年連続準優勝を果たしている。2008-09シーズンは11季ぶりに1部リーグでプレーする。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ビジャレアルCF(Villarreal Club de Fútbol) は、スペイン・バレンシア近郊の小都市ビジャレアル(バレシンア州カステジョン県)に本拠地を置くサッカークラブチーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

ビジャレアルとはスペイン語で「王の町」という意味であり、その名の通りチームのエンブレムには王冠があしらわれている。ただし、この場合の王とはアラゴン王国の王を差し、現在のスペイン王室ではない。そのため王冠のデザインも他のレアルを冠するチームのものとは異なっている。

ユニフォームカラーの黄色から、ビートルズの有名曲にちなんでイエローサブマリンあるいはサブマリンズの愛称を持つ。この愛称は1967年から用いられている。なお、ホームスタジアムのエル・マドリガルの屋根も黄色に塗られている。創立初期の頃のチームカラーは黒であり、現在の黄と青に変更されたのは第二次世界大戦後の1946年のことである。アンダルシア州のクラブ、カディスCFもイエローサブマリンという愛称を持ち、どちらが本当のイエローサブマリンであるかがしばしば話題にのぼる。

同じバレンシア州のバレンシアを本拠地とするバレンシアCFとの試合は、近年一種のダービーの様相を呈し、盛り上がりを見せる。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
バレンシアCF(Valencia Club de Fútbol)は、スペイン・バレンシアに本拠地を置くサッカークラブチームである。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しており、UEFAチャンピオンズリーグでは99-00、00-01の2シーズン連続で準優勝している。

同リーグでの名門と呼ばれるクラブらに比べ、比較的創設が遅めではあるが、スペイン第三の都市バレンシアを代表するクラブとして、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、アスレティック・ビルバオ等を追うような形でその歴史を歩んできた。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。