サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FCバルセロナ(Futbol Club Barcelona)は、スペイン・バルセロナを本拠地とするサッカークラブチームである。

1899年創設。愛称は「バルサ(Barça)」、またはクラブカラーから「ブラウ・グラーナ(Blau Grana えんじと青)」。数々のタイトルを獲得したヨーロッパでも屈指のビッグクラブ、名門クラブであり、政治的背景などからレアル・マドリードとは長年のライバルである。そのため同じマドリードをライバルとするアトレティコ・マドリードとの関係は良好であるが、対戦成績が奮わない相手であり2006年2月6日にホームスタジアムカンプ・ノウでの無敗記録、リーガ連勝記録を14で止めたのもアトレティコであることから天敵でもある。

「クラブ以上の存在(Més Que Un Club)」がクラブのスローガンであり、ユニフォームの後襟にもこの言葉がプリントされている。

リーガ創立以来2部以下に落ちたことがなく、これは他にレアル・マドリードとアスレティック・ビルバオのみである。また、同じバルセロナを本拠地とするエスパニョールとの試合は、カタルーニャ・ダービーと呼ばれる。サッカーのみならず政治的・地域的に長年の対立関係にある首都マドリードのレアル・マドリードとの試合はエル・クラシコ(El Clásico)と呼ばれ、100年近く因縁の対決を続けており、スペイン国内だけでなく世界的にも注目度の高いイベントである。ホームスタジアムはカンプ・ノウ。

一般に多くのサッカークラブではユニフォームに出資(協賛)スポンサーのロゴを入れているが、FCバルセロナは一般市民などからの会費(ソシオ)で運営していることから、ユニフォームにスポンサーのロゴを入れていないのもクラブの伝統となっている。2005年には北京オリンピック組織委員会からユニフォームロゴ掲出依頼のオファーを受けていたが、立ち消えとなっている。なお2006-2007シーズンからは児童福祉活動への支援という観点から、ユニセフと毎年190万ドルの寄付、総額950万ドル寄付の5年契約で合意し、他クラブのそれとはかなり位置付けが違うものの、2006年9月12日から史上初めて胸にロゴを入れたユニフォームを着用している。ソシオの会員は現在世界中で14万に達している。日本でも、2004年6月より日本でのソシオ会員の募集が行われている。

「攻撃的でスペクタクルなフットボール」をクラブのアイデンティティとしており、試合に勝ったとしてもその内容が守備的でつまらないとサポーターから容赦ないブーイングが浴びせられる。このような習慣はスペインほぼ全てのクラブに存在するが、バルセロナは特にこれが顕著。結果よりも内容の価値が遥かに大きい点でこのクラブは“特異”な存在であるとも言える。

「カンテラ」と呼ばれる下部組織が非常に発達しており、数々の名選手が輩出されている。また、カンテラ出身の選手はサポーターから絶大な声援を受ける。

バスケットボール、ハンドボール、ローラーホッケーのチームもある。

エクアドルのサッカークラブ、バルセロナSCはバルセロナからの移民がエクアドルのグアヤキルで設立したもので、クラブ自体には何の繋がりも無い。ただ、エンブレムは非常に似ており、FCバルセロナも親善試合を行ったことがある。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
レアル・マドリード・クラブ・デ・フットボール(Real Madrid Club de Fútbol)は、スペインの首都マドリードに本拠地を置くサッカークラブチーム。

1902年に創設。ホームスタジアムはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ。現在は、リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属し優勝回数は国内最多31回、更にUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数は大会創設期の5連覇を含む9回と世界最多を誇り、FIFAにより「20世紀最強のクラブ」に認められた、世界屈指の超名門クラブである。

因みに、同チーム創設当初のスペインにはサッカーを統括する団体がなく(スペインサッカー連盟は1909年創設)、また、同チームが唯一のサッカー団体であったため、スペインを代表してFIFAの創設メンバーに名を連ねた。

FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードの両クラブとは永遠のライバルである。バルセロナとの対戦はエル・クラシコ (El Clásico) と呼ばれ、100年近く因縁の対決を続けている。アトレティコ・マドリードとの対戦はマドリードダービー (Derbi Madrileño) と呼ばれ、この2試合は非常に白熱している。また、この3クラブをスペイン3大名門クラブと言う。

同チームからは、数々の名プレーヤーが誕生した。アルフレッド・ディ・ステファノ、レイモン・コパ、フェレンツ・プスカシュ、ウーゴ・サンチェス、エミリオ・ブトラゲーニョ、ホルヘ・バルダーノ、フェルナンド・イエロ、ラウール・ゴンサレス、グティ、イケル・カシージャス等。

また、一般的にはサッカークラブチームが有名だが、バスケットボールのクラブチームも持つ、総合スポーツクラブである。スペインバスケットボールリーグ1部ACBのレアル・マドリード・バロンセストがそれであり、優勝回数1位を誇る屈指の名門クラブである。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ポリ・エヒド(Club Polideportivo Ejido)は、スペインのアルメリア県・エル・エヒドに本拠地を置くサッカークラブチーム。ポリデポルティーボ・エヒドとも表記される。セグンダ・ディビシオンBに所属している。

1969年創設。その後長らくテルセーラ・ディビシオン(4部)でのシーズンが続いた。2001年から2008年まで7シーズンの間セグンダ・ディビシオン(2部)に在籍していた。2007-08シーズンは22位と振るわず、セグンダ・ディビシオンB(3部)に降格した。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レアル・ベティス・バロンピエ(Real Betis Balompié)は、スペインのアンダルシア州セビリアに本拠地を置くサッカークラブ。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

ベティスのサポーターはベティコ (béticos) と呼ばれ、労働者階級層に強い支持基盤を持つ。同じセビリアを本拠地とするセビージャFCとの試合は「アンダルシア・ダービー(セビリア・ダービー)」として盛り上がる。

クラブの前身のひとつベティスFC (Betis Foot-ball Club) は、セビージャFCから離反した役員達によって1909年に創設された。当時のセビージャFCは労働者階級出身の選手との契約を拒んでおり、これに批判的な一派が旗上げしたのがベティスだった。クラブ名のベティスとはアンダルシアを指すローマ帝国時代の属州名バエティカに由来する。

もうひとつの前身セビーリャ・バロンピエ (Sevilla Balompie) は学生達によって1907年に創設された。ふたつのクラブは1914年に合併して現在のレアル・ベティス・バロンピエとなった。クラブは公式な創設年をベティスFCの1909年ではなくセビーリャ・バロンピエの1907年と定めている。第二共和政時代の数年間はレアル(王室)の名を外したベティス・バロンピエに改称させられていた。

クラブはその歴史の中で幾度も昇降格を繰り返しており、1940年代から1950年代にかけてはテルセーラ・ディビシオン(3部)にまで落ちた。このようなベティスを表している有名なフレーズに「ベティス万歳、たとえ敗れようとも! (¡Viva er Beti manque pierda!)」というものがある。

クラブにとって唯一のリーグ制覇は1934-35シーズンに成し遂げられた。1977年にはコパ・デル・レイに初優勝。1994-95シーズンは2部からの復帰初年ながら3位に食い込み、これが現在までの最高順位となっている。2004-05シーズンに2度目のコパ・デル・レイ優勝を果たし、リーグでは4位に食い込んだ。2005-06シーズンには、アンダルシアのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズリーグに出場した。予選3回戦でASモナコを退けてグループリーグに進出し、グループリーグではチェルシーFCを破るなど健闘した。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ヘタフェCF(Getafe Club de Fútbol S.A.D.)は、スペインのマドリード自治州ヘタフェに本拠地を置くプロサッカークラブ。

1983年に設立された新興チーム。現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。2003-2004シーズンに2部で2位になり初の1部昇格を果たすと、以後2シーズンは限られた戦力ながら13位・9位と好成績を残している。

同じマドリード自治州の両名門クラブレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードとの関係は比較的良好。因みにヘタフェのアンヘル・トーレス会長は熱心なマドリディスタ(レアル・マドリードのファン)である。そのためレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードから若手選手をレンタルで獲得することも多い。またバレンシアとも密接な繋がりがあり、ヘタフェの監督として実績を挙げたキケ・サンチェス・フローレスがバレンシアに引き抜かれたり、バレンシアの若手有望選手をレンタルで獲得したりと交流が深い。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

ヒムナスティック・タラゴナ(Club Gimnàstic de Tarragona)は、スペイン・タラゴナ(カタルーニャ自治州)に本拠地を置くサッカークラブチームである。現在はリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属している。

2005-2006シーズンにはセグンダで準優勝し、3度目となる1部リーグ昇格を果たしたが、2006-2007シーズンはプリメーラ・ディビシオン20位と低迷し、再びセグンダに降格した。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

デポルティーボ・アラベス(Deportivo Alavés)は、スペイン・バスク自治州の州都ビトリアに本拠地を置くサッカークラブチーム。現在はリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属している。

2000-2001シーズンには、UEFAカップで準優勝を果たしている。このときはコスミン・コントラやファブリシオ・コロッチーニを擁し、決勝ではリヴァプールFCに延長戦で惜敗した。02-03シーズン終了後に2部へ降格したものの、05-06シーズンは1部へ復帰する。しかしそのシーズンは18位に終わり、翌06-07シーズンからは2部で戦っている。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アトレティコ・マドリード(Club Atlético de Madrid S.A.D.)は、スペインのマドリードを本拠地とするサッカークラブチーム。

ホームスタジアム(カーサ)はエスタディオ・ビセンテ・カルデロン。1903年に創立。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに籍を置く。スペインにおいては、レアル・マドリード、FCバルセロナにつぐ第三のクラブとして認知されている屈指の名門クラブである。

永遠のライバルクラブであるレアル・マドリードとの対戦はマドリードダービーと呼ばれ、リーガ・エスパニョーラでも屈指の好カードである。

アトレティコという名称がつくサッカークラブは世界にも複数あるが、一般的にアトレティコと言えばこのアトレティコ・マドリーのことを指す。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アスレティック・ビルバオ(Athletic Bilbao)、正式名称アスレティック・クラブ(Athletic Club)は、スペイン・バスク地方・ビルバオに本拠地を置くサッカークラブである。2007-2008シーズンはリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。

バスク地方のビルバオに本拠を置いているため、マドリードやバルセロナへの対抗意識が根強く、バスク人もしくはバスクにゆかりのある選手のみでチームを構成しており、サッカーの国際化の流れの中で独自色を前面に押し出しているクラブである。クラブの歴史は古く、数々のタイトルを獲得し、特にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)では24回の優勝を誇るが、近年は中位に留まっている。


■アスレティック・ビルバオの特徴
三大名門クラブのレアル・マドリード、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードに次ぐ名門クラブであり、レアル・マドリード、FCバルセロナと共に一度も2部に降格したことがない。レアル・ソシエダとの対戦は「バスク・ダービー」として盛り上がりを見せる。

1912年に最後の外国人選手がクラブから去って以降、アスレティックは選手をバスク人に限定するという掟を守っている。かつては同じバスクのレアル・ソシエダもこれに倣ったが、1989年からは外国人とも契約を交わすようになった。フランス国籍のビセンテ・リザラズが在籍したこともあるが、これは彼がバスク系フランス人であるためである。一方、監督に外国人を招くことには積極的で、クラブの初期から現在まで、多くの外国人が監督を務めた。

長らくFCバルセロナと同様にユニフォームに広告を入れていなかったが、2004年からはカップ戦のみ「バスク地方政府」を意味する「Euskadi」のロゴを入れている。2008年には、クラブ史上初めてとなる胸スポンサーとの契約に踏み切った。 また、ユニフォームはかつてkappaなどが製造していたが現在はクラブが製造しており、国外で入手するのはなかなか難しい。

トップチームのほかに、Bチームのビルバオ・アスレティック、CチームのCDバスコニア、スペイン女子リーグの強豪である女子チームがある。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
Jへの門番(ジェイへのもんばん)とは、日本フットボールリーグ (JFL) において毎年安定して上位をうかがう実力を持ち、かつ日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への参入を目指していないアマチュアのクラブやチームを指す通称である。

Jリーグ参入を目指すクラブは、JFLのリーグ戦においてアマチュアクラブや他のJリーグ参入を目指すクラブなどとの戦いを乗り越え、年間順位4位以内(2006年までは原則として年間順位2位以内)という成績をおさめることがJリーグへの参入要件の一つとして求められている。このため、結果的に強豪アマチュアクラブはJリーグ参入を目指すクラブの上位進出を阻む壁としての役割を果たすことが多く、いつしか「Jへの門番」または「Jの門番」と呼ばれるようになった。




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。