サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オサスナ(Club Atlético Osasuna)は、スペイン・パンプローナに本拠地を置くサッカークラブ。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しており、2003年/2004年シーズンは13位。長らく2部や3部に所属していたが、近年はバスク人を中心とした選手構成に南米や下部の有望選手を加えた効果的な選手補強と、戦術家であり人格者としても知られる名将ハビエル・アギーレ(元メキシコ代表監督)の指揮によって完全に一部リーグに定着した。

2005年/2006年シーズンは出だしから好調を維持、新星のラウール・ガルシアを中心として安定感ある戦いぶりを見せ、最終的には勝ち点68で並んだセビージャを直接対決の成績(オサスナの2勝)で上回り4位となり、UEFAチャンピオンズリーグ予備予選3回戦からの出場権を獲得した。

日本のJリーグの湘南ベルマーレと2004年に業務提携を行い、湘南側にコーチなどを派遣している。


■オサスナのタイトル

▽国内タイトル
なし

▽国際タイトル
なし


■オサスナの過去の成績

1996-1997 セグンダ・ディビシオン  16位
1997-1998 セグンダ・ディビシオン  15位
1998-1999 セグンダ・ディビシオン  13位
1999-2000 セグンダ・ディビシオン   2位
2000-2001 プリメーラ・ディビシオン 15位
2001-2002 プリメーラ・ディビシオン 17位
2002-2003 プリメーラ・ディビシオン 11位
2003-2004 プリメーラ・ディビシオン 13位
2004-2005 プリメーラ・ディビシオン 15位
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン  4位
2006-2007 プリメーラ・ディビシオン 14位


■オサスナの歴代監督

ミゲル・アンヘル・ロティーナ
ハビエル・アギーレ(メキシコ) -2006
ホセ・アンヘル・ジガンダ 2006-


■オサスナの歴代所属選手

▽DF
アントニオ・ロペス(スペイン) 2002-2004

▽MF
クリスティアン・マンフレディーニ(イタリア) 2002-2003
パブロ・ガルシア(ウルグアイ) 2002-2005
ラウル・ガルシア(スペイン) 2004-2007
ジャヴァド・ネクナム(イラン) 2006-
シャビエル・マルガイラス(スイス) 2007-
ウーゴ・ヴィアナ(ポルトガル) 2007-

▽FW
サンティアゴ・エスケーロ(スペイン) 1994-1996
ヨン・アンドニ・ゴイコエチェア(スペイン) 1999
ジョン・アロイージ(オーストラリア) 2001-2005
ピニェイロ(ブラジル) 2003
サボ・ミロシェビッチ(セルビア) 2004-
マルセロ・ソサ(ウルグアイ) 2005-2006
ベルナルド・ロメオ(アルゼンチン) 2005-
ロベルト・ソルダード(スペイン) 2006-2007
ハビエル・ポルティージョ(スペイン) 2007-







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
エルチェCF(Elche Club de Fútbol) は、スペイン・エルチェに本拠地を置くサッカークラブ。


■エルチェCFのタイトル

▽国内タイトル
なし

▽国際タイトル
なし


■エルチェCFの過去の成績

2005-2006 セグンダ・ディビシオン 14位


■エルチェCFの歴代監督

フェルナンド・ダウシク
ラディスラオ・クバラ


■エルチェCFの歴代所属選手

GK サンティアゴ・カニサレス
GK イニャキ・ラフエンテ
DF ハビ・ナバーロ
MF ホセ・イグナシオ・サイーノス
MF アルベルト・ナジィ
MF ロベルト・アクーニャ
FW トーマス・フランコフスキー
FW ババ
FW ホセ・カルドナ






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
エルクレスCF(Hércules Club de Fútbol)は、スペイン・アリカンテに本拠地を置くサッカークラブ。1922年創設。


■エルクレスCFのタイトル

なし


■エルクレスCFの歴代監督

シャーンドル・コチシュ 1972-1974
ミゲル・ムニョス 1976-1977


■エルクレスCFの歴代所属選手

ルイス・アラゴネス 1959-1960
ヤン・トマシェフスキー 1981-1982
マリオ・ケンペス 1984-1986
フラビオ・マエストリ 1997-1998
ロナルド・ゴメス 1997-1998
リュドヴィク・ビュテル 2005
イスマエル・ゴメス・ファルコン 2007-





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レアル・クラブ・デポルティウ・エスパニョール・デ・バルセロナ(Real Club Deportiu Espanyol de Barcelona)は、スペイン、バルセロナに本拠地を置くプロサッカークラブチーム。

現在はリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属。かつては西澤明訓も所属していた。同じバルセロナを本拠地とするFCバルセロナとの試合は「カタルーニャ・ダービー」として盛り上がりを見せる。

反中央・反王室の意識の高いカタルーニャにあって、「レアル」を冠するクラブであるからか、昔から地元での人気はライバルのFCバルセロナに押されがちである。しかし近年では04-05シーズンにリーグ戦5位、05-06シーズンにはコパ・デル・レイ制覇、06-07シーズンにはUEFA杯で準優勝を記録するなど着実に戦績を挙げている。サポーターは「ペリコ」(インコの意味)と呼ばれ、少ないながらも熱狂的な応援で知られる。また、ライバルのバルセロナ以上とも言われるスペインでも屈指の充実した下部組織を擁し、有望な若手選手を次々輩出している。

スタジアムはバルセロナオリンピックにも使用されたエスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイックであり、バルセロナ市から借りている。現在、最大4万2千人収容のサッカー専用スタジアムを建設中である。


■RCDエスパニョールのタイトル

▽国内タイトル

コパ・デル・レイ:4回
1928年/1929年
1939年/1940年
1999年/2000年
2005年/2006年


▽国際タイトル

なし


■RCDエスパニョールの過去の成績

1996-1997 プリメーラ・ディビシオン 12位
1997-1998 プリメーラ・ディビシオン 10位
1998-1999 プリメーラ・ディビシオン  7位
1999-2000 プリメーラ・ディビシオン 14位
2000-2001 プリメーラ・ディビシオン  9位
2001-2002 プリメーラ・ディビシオン 14位
2002-2003 プリメーラ・ディビシオン 17位
2003-2004 プリメーラ・ディビシオン 16位
2004-2005 プリメーラ・ディビシオン  5位
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン 15位
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン 11位


■RCDエスパニョールの歴代スタジアム

エスタディオ・サリア 1923-1996
エスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック 1996-


■RCDエスパニョールの現所属メンバー

1 GK ゴルカ・イライソス
2 DF ハビエル・チカ
3 DF ダビド・ガルシア
4 DF ホセ・マリア・ラクルス
5 DF セルヒオ・サンチェス
8 MF パブロ・サバレタ
9 MF イバン・デ・ラ・ペーニャ (vice captain)
10 FW ルイス・ガルシア・フェルナンデス
11 MF アルベルト・リエラ
13 GK イドリス・カルロス・カメニ
14 MF イト
16 MF ジョナタス
17 MF モハ
18 MF フランシスコ・ルフェテ
19 DF マルク・トレホン
20 FW フェラン・コロミナス
21 DF ダニエル・ハルケ (vice captain)
22 MF モイセス・ウルタード
23 FW ラウール・タムード (captain)
26 GK ビエル・リバス
27 MF ジュリアン
31 MF アンヘル
32 DF アルベルト・セルラン
33 FW ミケル・パランサ
― MF フレヂソン・コスタ
― MF クレメンテ・ロドリゲス
― GK キコ・カシージャ
― MF ブラド
― FW ヤニ・アズラン

監督
― エルネスト・バルベルデ


▽ローン移籍選手
in
out
― MF フレヂソン・コスタ toサンパウロ
― MF エドゥアルド・コスタ toグレミオ


▽07/08移籍

in
MF クレメンテ・ロドリゲス fromボカ・ジュニアーズ
GK キコ・カシージャ fromマドリー・カスティージャ
MF ブラド fromオサスナ
FW ヤニ・アズラン fromアシュドッド

out
DF ファン・ベラスコ, released
FW ワルテル・パンディアーニ toオサスナ


■RCDエスパニョールの歴代監督

エルネスト・バルベルデ 2006.5- 
ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2004.6-2006.5
ルイス・フェルナンデス 2003.11-2004.6
ハビエル・クレメンテ
ラモン・モジャ
ファンデ・ラモス
パコ・フローレス
マルセロ・ビエルサ
ホセ・アントニオ・カマーチョ


■RCDエスパニョールの歴代所属選手

▽GK
ビエル・リバス(スペイン)
リカルド・サモラ(スペイン) 1916 - 1919
パブロ・カバジェロ(アルゼンチン) 1999 - 2000
イドリス・カルロス・カメニ(カメルーン) 2004 - 
ゴルカ・イライソス(スペイン) 2005 -
キコ・カシージャ(スペイン) 2007 -

▽DF
イヴァン・エルゲラ(スペイン) 1998 - 1999
デリオ・トレド(パラグアイ) 2000 - 2001
モレノ・トリチェッリ(イタリア) 2002 - 2004
ピエール・ウォメ(カメルーン) 2003 - 2004
フアン・ベラスコ(スペイン) 2006 - 2007

▽MF
コンスタンティン・ガルカ(ルーマニア)
タイフン・コルクト(トルコ)
フレヂソン・カマラ(ブラジル) 2000 -
パウロ・ソウザ(ポルトガル) 2001 - 2002
マキシ・ロドリゲス(アルゼンチン) 2002 - 2005
イヴァン・デ・ラ・ペーニャ(スペイン) 2002 -
ジョルディ・クライフ(オランダ) 2003 - 2004
ムスタファ・ハッジ(モロッコ) 2004

▽FW
ラディスラオ・クバラ(ハンガリー and more) 1963 - 1965
アルフレッド・ディ・ステファノ(アルゼンチン and more) 1964 - 1966
イスマエル・ウルサイス(スペイン) 1995 - 1996
ミオドラグ・アンジェルコビッチ(セルビア) 1996 - 1997
ラウール・タムード(スペイン) 1996 -
西澤明訓(日本) 2000 - 2001
アントニオ・パチェコ(ウルグアイ) 2002.1 - 6
フェラン・コロミナス(スペイン) 2003 -
ルイス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン) 2005 -
ミケル・パランサ(スペイン) 2006 -
ワルテル・パンディアーニ(ウルグアイ) 2006 - 2007
ヤニ・アズラン(イスラエル) 2007 -





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
UDアルメリア(Unión Deportiva Almería)は、スペイン・アルメリアを本拠地とするサッカークラブチーム。1989年創設。

2001年6月にアルメリアCFとポリデポルティーボ・アルメリアの2チームが合併し、現在の形となった。


■UDアルメリアのタイトル

▽国内タイトル
なし

▽国際タイトル
なし


■UDアルメリアの過去の成績

2002-2003 セグンダ・ディビシオン 18位
2003-2004 セグンダ・ディビシオン 13位
2004-2005 セグンダ・ディビシオン 14位
2005-2006 セグンダ・ディビシオン 6位
2006-2007 セグンダ・ディビシオン 2位


■UDアルメリアの歴代監督

ウナイ・エメリー


■UDアルメリアの歴代所属選手

ロベルト・ナンニ(アルゼンチン) 2004-2005
サンデル・ヴェステルフェルト(オランダ) 2006-
ロドリ(スペイン) 2007.1-







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アルバセテBP(Albacete Balompié)は、スペイン、アルバセテに本拠地を置くプロサッカークラブチーム。

現在はリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオンに所属しており、2004-2005シーズンは20位で2部へ降格。選手層が十分とは言い難く、苦戦を強いられている。


■アルバセテBPのタイトル

▽国内タイトル
なし

▽国際タイトル
なし


■アルバセテBPの過去の成績

2000-2001 セグンダ・ディビシオン 5位
2001-2002 セグンダ・ディビシオン 10位
2002-2003 セグンダ・ディビシオン 3位(昇格)
2003-2004 プリメーラ・ディビシオン 14位
2004-2005 プリメーラ・ディビシオン 20位(降格)
2005-2006 セグンダ・ディビシオン 13位
2006-2007 セグンダ・ディビシオン


■アルバセテBPの歴代所属選手

イスマエル・ウルサイス 1991-1992
マルコ・エチェベリ 1991-1992
サンティ 1992-1995、2005-
フェルナンド・モリエンテス 1993-1995
フランシスコ・モリーナ 1994-1995
イバン・エルゲラ 1996-1997
アイトール・オシオ 1999-2000
ハビ・ゲレーロ 1999-2001
エマニュエル・アムニケ 2000-2002
パブロ・イバニェス 2002-2004
マヌエル・アルムニア 2003-2004
フェルナンド・ナバーロ 2004
ホセ・イグナシオ・サイーノス 2006-
カルロス・ロア 2002-2004
マルク・ゴンサレス 2004-2005


■アルバセテBPの歴代監督

ベニート・フローロ 1989-1992
マルティン・モンテアグド
セサル・フェランド 2002-2004、2005-
ホセ・ゴンザレス 2004-2005





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
デポルティーボ・アラベス(Deportivo Alavés)は、スペイン・ビトリアに本拠地を置くサッカークラブチーム。

獲得タイトルこそないものの、2001年にはUEFAカップで準優勝を果たしている。2003年に2部へ降格したものの、2005-2006シーズンから1部へ復帰。しかしながら、わずか一年で再び降格の憂き目にあった。


■デポルティーボ・アラベスのタイトル

▽国内タイトル

なし


▽国際タイトル

なし


■デポルティーボ・アラベスの過去の成績

2004-2005 セグンダ・ディビシオン 3位
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン 18位
2006-2007 セグンダ・ディビシオン


■デポルティーボ・アラベスの歴代監督

ホセ・マヌエル・エスナール・マネ
チュチ・アラングレン
ペペ・メル
チュチ・コス
ラファエル・モンフォルト 2005
ヘスス・ゴメス・コス 2005-2006
ファン・カルロス・オリバ 2006
マリオ・ルナ 2006-


■デポルティーボ・アラベスの歴代所属選手

▽GK
リシャール・ドゥトルエル (フランス) 2002-2003
ロベルト・ボナーノ(アルゼンチン) 2004-2006
フランコ・コスタンソ(アルゼンチン) 2005-2006

▽DF
コスミン・コントラ (ルーマニア) 1999-2001
オスカル・テジェス(スペイン) 1999-2006
ファブリシオ・コロッチーニ(アルゼンチン) 2001-2002
アベラルド(スペイン) 2002-2003
マウリシオ・ペジェグリーノ(アルゼンチン) 2005-2006

▽MF
ジェラール・ロペス(スペイン) 1998-1999
ジョルディ・クライフ(オランダ) 2000-2003
リチャード・ビチュヘ(オランダ) 2001-2002
アレクサンドル・モストヴォイ(ロシア) 2004-2005

▽FW
ホルヘ・バルダーノ(アルゼンチン) 1975-1979
ラウール・タムード(スペイン) 1997-1998
マルティン・パレルモ(アルゼンチン)
アドリアン・イリエ (ルーマニア) 2002-2003
マリオ・ジャルデウ(ブラジル) 2004-2005
パペ・チャウ(セネガル) 2004-2005
ジョン・アロイージ (オーストラリア) 2005-
フリオ・サリナス(スペイン) 1999-2000





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アトレティコ・マドリード(Club Atlético de Madrid S.A.D.)は、スペインのマドリードを本拠地とするサッカークラブチーム。

ホームスタジアム(カーサ)はビセンテ・カルデロン。1903年に創立。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに籍を置く。スペインにおいては、レアル・マドリード、FCバルセロナにつぐ第三のクラブとして認知されている屈指の名門クラブである。

永遠のライバルクラブであるレアル・マドリードとの対戦はマドリードダービーと呼ばれ、リーガ・エスパニョーラでも屈指の好カードである。

アトレティコという名称がつくチームは世界にも複数あるが、一般的にアトレティコと言えばこのアトレティコ・マドリードのことを指す。現スペイン代表監督ルイス・アラゴネス曰く、「スペイン3位、ヨーロッパで9位のチームである」とのこと。


■アトレティコ・マドリードの歴史

クラブの起源は、バスクの名門クラブ、アスレティック・ビルバオがマドリードに設置した姉妹チームに遡る。現在はその関係は切れてはいるが、チームカラーがビルバオと同じ系統であるのはそのためである。同じマドリードを本拠とするライバルのレアル・マドリードが主に富裕層の支持を受けるクラブであったのに対し、アトレティコは主に労働者階級の支持を受けて発展してきたクラブである。そういった経緯もあって、現在でもアトレティコはスペインでも有数の熱狂的なサポーターに支えられたチームである。

現在のクラブ名になったのは1947年。この頃から徐々にチームは勢いを増していく。特に、後にインテルにグランデ・インテルと称される黄金期を齎すことになるアルゼンチン人の名将エレニオ・エレーラが就任してからは、モロッコ人ベン・バレクらを擁するチームが国内リーグを連覇。エレラが去って以降もチームは勢いを増し、60年代にかけて黄金期を現出する。惜しむらくは、同時期にアルフレッド・ディ・ステファノのレアル・マドリー、ラディスラオ・クバラのバルセロナという余りに強大な敵が国内に存在したことから国内でのタイトルを積み上げられず、結果欧州レベルでの実績を挙げることができなかった点であろう。1959年にはチャンピオンズカップの準決勝まで駒を進めているが、立ちはだかったのは仇敵レアル・マドリーであった。結局、黄金時代のアトレティコが得た国際タイトルといえば、1962年のUEFAカップウィナーズカップ優勝のみに止まっており、その実力に比してあまりに寂しい結果に終わっている。

1974年にはUEFAチャンピオンズカップで決勝戦に進出。バイエルン・ミュンヘンを相手に0-0のまま延長戦に持ち込み、114分のルイス・アラゴネスのゴールで先制を果たすと、このまま延長戦終了間際までリードを保つ。しかし誰もがアトレティコのビッグイヤー獲得を確信した試合終了30秒前、シュヴァルツェンベルクに30メートル以上のミドルシュートを叩き込まれ、欧州No.1の座を目前に土壇場で同点に追いつかれてしまう。結局2日後の再試合では敗れ、準優勝に終わってしまった。しかし、その後出場を辞退したバイエルンにかわって出場したインターコンチネンタルカップ(あるいはトヨタカップ、現在はFIFAクラブワールドカップに統合)では、アルゼンチンのインデペンディエンテを降し、見事世界一の座に輝いた。なおスペインにおいて、インターコンチネンタルカップを獲得しているクラブは、レアル・マドリードとこのアトレティコだけである。

1987年には事業家のヘスス・ヒルが会長に就任。ヒルは潤沢な資金をアトレティコに投下し強化を推進する一方で、下部組織を解散(結果、そこに所属していたラウル・ゴンサレスは最大のライバルであるレアル・マドリードへと移籍し、後にマドリードのスター選手となる)させたり、また勝てなければ即監督の首を切り、ギロチン・ヒルと揶揄されるなど独裁的な人物としてつとに有名であった。このヒル会長は、アトレティコに数多くの栄光と挫折を味わわせることになる。

1995-1996シーズンには、スペイン史上初めてリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイの二冠を達成、これはヒル会長の敢行した大型補強の成果といえる。他方、1999-2000シーズンにはカルロス・アギレラやジミー・フロイド・ハッセルバインク等の数々の有名選手を擁しながら、不振を極め、2部降格の憂き目に遭っているがこの不振も会長による独裁の結果、若手育成や継続的補強ができなかったことに起因するものとされる。しかし2部に落ちた時も、ソシオの数は増え続けたり、テレビの放送の数がほとんど減らず、経済的打撃をほとんど受けなかった。さらに、この前年プリメーラ・ディビシオンで得点王を獲得したサルバ・バジェスタが加入するなど、アトレティコがスペインにおいていかに特別なクラブであるかを如実に物語るエピソードも数多い。

1年での1部復帰も叶わず、名将ルイス・アラゴネス(現スペイン代表監督)を招聘し、新星フェルナンド・トーレスの台頭等もあって、ようやく2002-2003シーズンに1部復帰を果たした。

2003年にはヘスス・ヒルが会長から退任したが、低迷を続けるアトレティコが上昇のきっかけをつかむことはできなかった。

不振が続く中、2005-2006シーズンには南米随一の名将と言われるカルロス・ビアンチが監督に就任し、クラブはマルティン・ペトロフ、マキシ・ロドリゲス、マテヤ・ケジュマン、ルシアーノ・ガジェッティ等ワールドクラスのプレーヤーの補強を次々敢行。優勝候補の一角にも挙げられたが、予想に反しチームは低迷。前半戦終了を待たずしてビアンチは解任された。その後、下部組織からぺぺ・ムルシアが監督に就任。その後は14年ぶりの6連勝を果たすなど一時調子を上げたが、マキシ・ロドリゲスが代表召集中に怪我をしてから再び失速、最終的には10位でシーズンを終えている。

2006-2007シーズンには、メキシコ代表やオサスナで実績を挙げた名将ハビエル・アギーレを招聘。更にもはや恒例となった大型補強をし、チームの再建を図った。だがリーガ最終順位は7位と低迷を脱する事はできなかった。

ちなみにアトレティコは、1930年代後半から1940年代前半には軍隊のチームとなり、アトレティコ・アビアシオンという名称だった時期がある。9回の優勝のうち2回はその名称の時に獲得したものである。現在、その名称はアトレティコの下部組織の名前として残っている。


■アトレティコ・マドリードのタイトル

▽国内タイトル

リーグ : 9回

1939年~1940年
1940年~1941年
1949年~1950年
1950年~1951年
1965年~1966年
1969年~1970年
1972年~1973年
1976年~1977年
1995年~1996年


コパ・デル・レイ : 9回

1960年
1961年
1965年
1972年
1976年
1985年
1991年
1992年
1996年


スペインスーパーカップ : 1回
1985年


▽国際タイトル

インターコンチネンタルカップ:1回
1974年


UEFAカップウィナーズカップ : 1回
1961年~1962年


■アトレティコ・マドリードの過去の成績

1985-1986 プリメーラ・ディビシオン  5位  コパ・デル・レイ 
1986-1987 プリメーラ・ディビシオン  7位  コパ・デル・レイ 準優勝
1987-1988 プリメーラ・ディビシオン  3位  コパ・デル・レイ 
1988-1989 プリメーラ・ディビシオン  4位  コパ・デル・レイ 
1989-1990 プリメーラ・ディビシオン  4位  コパ・デル・レイ 
1990-1991 プリメーラ・ディビシオン  2位  コパ・デル・レイ 優勝
1991-1992 プリメーラ・ディビシオン  3位  コパ・デル・レイ 優勝
1992-1993 プリメーラ・ディビシオン  6位  コパ・デル・レイ 
1993-1994 プリメーラ・ディビシオン 12位  コパ・デル・レイ 
1994-1995 プリメーラ・ディビシオン 14位  コパ・デル・レイ 
1995-1996 プリメーラ・ディビシオン  1位  コパ・デル・レイ 優勝
1996-1997 プリメーラ・ディビシオン  5位  コパ・デル・レイ 
1997-1998 プリメーラ・ディビシオン  7位  コパ・デル・レイ 
1998-1999 プリメーラ・ディビシオン 13位  コパ・デル・レイ 準優勝
1999-2000 プリメーラ・ディビシオン 19位  コパ・デル・レイ 準優勝
2000-2001 セグンダ・ディビシオン   4位  コパ・デル・レイ 準決勝敗退
2001-2002 セグンダ・ディビシオン   1位  コパ・デル・レイ 1回戦敗退
2002-2003 プリメーラ・ディビシオン 12位  コパ・デル・レイ 準々決勝敗退
2003-2004 プリメーラ・ディビシオン  7位  コパ・デル・レイ 準々決勝敗退
2004-2005 プリメーラ・ディビシオン 11位  コパ・デル・レイ 準決勝敗退
2005-2006 プリメーラ・ディビシオン 10位  コパ・デル・レイ 5回戦敗退
2006-2007 プリメーラ・ディビシオン  7位  コパ・デル・レイ 5回戦敗退


■アトレティコ・マドリードの現所属メンバー

▽監督  
ハビエル・アギーレ Javier Aguirre Onaindía オサスナ  

▽GK
1 イバン・クエジャル Iván Cuéllar Sacristán アトレティコ・マドリーB  
13 イスマエル・ゴメス・ファルコン Ismael Gómez Falcón アトレティコ・マドリーB
25 レオ・フランコ Leonardo Neoren Franco マジョルカ  
― クリスティアン・アッビアーティ Christian Abbiati ACミラン  

▽DF
2 ゲオルギオス・セイタリディス Georgios Seitaridis ディナモ・モスクワ  
3 アントニオ・ロペス Antonio López Guerrero オサスナ  第2主将
4 マリアーノ・ペルニーア Mariano Andrés Pernía ヘタフェ  
12 ファビアーノ・エレル Fabiano Eller dos Santos インテルナシオナル  
14 ゼ・カストロ José Eduardo Rosa Vale Castro "Zé Castro" アカデミカ・コインブラ  
18 フアン・バレーラ Juan Valera Espín ムルシア  
21 ルイス・ペレア Luis Amaranto Perea ボカ・ジュニオルズ  
22 パブロ・イバニェス Pablo Ibañez Tébar アルバセテ  

▽MF
5 ペテル・リュクサン Peter Bernard Luccin セルタ・デ・ビーゴ  
6 コスティーニャ Francisco José da Costa, "Costinha" ディナモ・モスクワ  
8 ガビ Gabriel Fernández Arenas ヘタフェ  
11 マキシ・ロドリゲス Maximiliano Rubén Rodríguez エスパニョール
15 フラド José Manuel Jurado Marín レアル・マドリード  
17 マルティン・ペトロフ Martin Petrov ヴォルフスブルク  
19 ミゲル Miguel Ángel de las Cuevas Barberá エルクレス  
20 マニシェ Nuno Ricardo Oliveira Ribeiro, "Maniche" ディナモ・モスクワ  
― ラウル・ガルシア Raúl García Escudero オサスナ  
― ルイス・ガルシア Luis Javier Garcia Sanz リバプール  
― クレーベル・サンタナ Cleber Santana Loureiro サントス  

▽FW
10 セルヒオ・アグエロ Sergio Leonel Agüero インデペンディエンテ  
23 ミスタ Miguel Ángel Ferrer Martínez, "Mista" バレンシア  
― ディエゴ・フォルラン Diego Forlán ビジャレアル
 

■アトレティコ・マドリードの歴代会長

エンリケ・アジェンデ: 1903
エドゥアルド・デ・アチャ: 1903-1907
リカルド・デ・ゴンドラ: 1907-1909
ラモン・デ・カルデナス: 1909-1912
フリアン・ルエテ: 1912-1919
アルバロ・デ・アギラル: 1919-1920
フリアン・ルエテ: 1920-1923
フアン・デ・エステファニア: 1923-1926
ルシアーノ・ウルギホ: 1926-1931
ラファエル・ゴンサーレス: 1931-1935
ホセ・ルイス・デル・バジェ: 1935-1936
ホセ・マリア・フェルナンデス: 1936-1939
フランシスコ・ビベス: 1939
ルイス・ナバロ: 1939-1941
マヌエル・ガジェゴ: 1941–1945
フアン・トウソーン: 1946-1947
セサレオ・ガリンデス: 1947-1952
マルケス・デ・ラ・フロリダ: 1952-1955
フアン・スエボス: 1955
ハビエル・バロッソ: 1955-1964
ビセンテ・カルデロン: 1964-1980
リカルド・イレサーバル: 1980
アルフォンソ・カベサ: 1980-1982
アントニオ・デル・オヨ: 1982
アグスティン・コトルエロ: 1982
ビセンテ・カルデロン: 1982-1986
フランシスコ・カステド: 1986-1987
ヘスス・ヒル: 1987-2003
エンリケ・セレソ: 2003-


■アトレティコ・マドリードの歴代監督

エレニオ・エレーラ 1950-1951 
セサール・ルイス・メノッティ 1987-1988
ホセ・マリア・マクレギ
ロン・アトキンソン
コリン・アッディソン
ハビエル・クレメンテ
ホアキン・ペイロ
イセリン・サントス・オベヘーロ
ルイス・アラゴネス 1991-1992、
オマール・パストリーサ
エクトル・エレディーア
ジャイル・ペレイラ
エミリオ・クルス
ホセ・ルイス・ロメーロ
フランシスコ・マツラナ
アルフィオ・バシーレ
ラドミール・アンティッチ 1995-1998、1999
アリゴ・サッキ 1998
クラウディオ・ラニエリ 1999
フェルナンド・サンブラーノ
マルコス・アロンソ
カルロス・ガルシア・カンタレホ
ルイス・アラゴネス 2001-2003
グレゴリオ・マンサーノ2003-2004
セサル・フェランド(スペイン)2004-2005
カルロス・ビアンチ(アルゼンチン) 2005-2006 途中解任
ペペ・ムルシア(スペイン) 2006-2006 途中就任
ハビエル・アギーレ (メキシコ) 2006-


■アトレティコ・マドリードの歴代所属選手

▽GK
フランシスコ・モリーナ(スペイン) 1995-2000
ヘルマン・ブルゴス(アルゼンチン) 2001-2004
レオ・フランコ(アルゼンチン) 2004-
リカルド・ロペス(スペイン)

▽DF
カルロス・アギレラ(スペイン) 1987-1993、1996-2005
サンティ・デニア(スペイン) 1995-2005
ホセ・アントニオ・チャモ(アルゼンチン) 1998-1999
ステファノ・トリージ(イタリア) 1998-1999
セルソ・アジャラ(パラグアイ) 1999-2000
ホアン・カプデビラ(スペイン) 1999-2000
カルロス・ガマーラ(パラグアイ) 1999-2000
ガルシア・カルボ(スペイン) 2001-2006
ファブリシオ・コロッチーニ(アルゼンチン) 2002-2003
コスミン・コントラ(ルーマニア) 2002-2004
ゴンサロ・デ・ロス・サントス(ウルグアイ) 2003-2004
セルジ・バルフアン(スペイン) 2002-2005
マティアス・レキ(アルゼンチン) 2003-2004
アントニオ・ロペス(スペイン) 2004-
パブロ・イバニェス(スペイン) 2004-
ルイス・ペレア(スペイン) 2004-
フアン・ベラスコ(スペイン) 2004-2006
マリアーノ・ペルニーア(スペイン) 2006-
ゼ・カストロ(スペイン) 2006-
ミケーレ・セレーナ(イタリア)

▽MF
エウセビオ・サクリスタン・メナ(スペイン) 1987-1988
パウロ・フットレ(ポルトガル) 1987-1992、1997-1998
ドナト・ガマ・ダ・シルバ(スペイン) 1988-1993
ベルント・シュスター(ドイツ) 1990-1993
ホセ・ルイス・カミネロ(スペイン) 1993-1998
ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン) 1994-1997
ウラジミール・ユーゴビッチ(セルビア・モンテネグロ) 1995-1997
ミリンコ・パンティッチ(セルビア・モンテネグロ) 1995-1998
クイントン・フォーチュン(南アフリカ) 1996-1999
ラデク・ベイブル(チェコ) 1996-2000
ルーベン・バラハ(スペイン) 1996-2000
ジュニーニョ・パウリスタ(ブラジル) 1997-1999
サンティアゴ・ソラーリ(アルゼンチン) 1998-2000
フアン・カルロス・バレロン(スペイン) 1998-2000
ゾラン・ニエグス(セルビア・モンテネグロ) 1998-2001
ホセ・マリア・モビージャ(スペイン) 2001-2003
デメトリオ・アルベルティーニ(イタリア) 2002-2003
エメルソン・モイセス・コスタ(ブラジル) 2002-2003
ルイス・ガルシア(スペイン) 2002-2003、2007-
アルバロ・ノボ(スペイン) 2003-
キキ・ムサンパ(オランダ) 2003-2005
アリエル・イバガサ(アルゼンチン) 2003-2006
ペテル・リュクサン(フランス) 2004-
ゴンサーロ・コルサ(スペイン) 2004-2006
イェスパー・グレンケア(デンマーク) 2005
ルシアーノ・ガジェッティ(アルゼンチン) 2005-2007
ウーゴ・レアル(ポルトガル)
ジョバン・スタンコビッチ(セルビア・モンテネグロ)

▽FW
フリオ・サリナス(スペイン) 1986-1988
キコ(スペイン) 1993-2001
フェルナンド・コレア(ウルグアイ) 1995-1996、1998-2003
ファン・エスナイデル(アルゼンチン) 1996-1997
サンティアゴ・エスケーロ(スペイン) 1996-1998
ヴェリコ・パウノヴィッチ(セルビア) 1996-1998、1999-2000、2000-2001、2003-2004
クリスティアン・ヴィエリ(イタリア) 1997-1998
ホセ・マリ(スペイン) 1997-2000、2002-2003
ジミー・フロイド・ハッセルバインク(オランダ) 1999-2000
フェルナンド・トーレス(スペイン) 2000-2007
サルバ・バジェスタ(スペイン) 2000-2001、2004-2005
マヌ・デル・モラル(スペイン) 2002-2003、2005-2006
ハビエル・アリスメンディ(スペイン) 2003-2004、2005-2006
マテヤ・ケジュマン(セルビア) 2005-2006
マルティン・ペトロフ(ブルガリア) 2005-
マキシ・ロドリゲス(アルゼンチン) 2005-
セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン) 2006-
ハビ・モレーノ(スペイン)
ジョルディ・ラルディン(スペイン)
フェルナンド・マルケス(スペイン)


■アトレティコ・マドリードのスタジアム移転問題

アトレティコは慢性的な財政難に悩まされており、2004年にはホームスタジアムを売却するという話が持ち上がった。アトレティコの現在のホームスタジアムであるビセンテ・カルデロンは、その下を高速道路が通過するという特異な構造を有するものであり、その拡張のためスタジアムの撤去を望んでいたマドリード州自治政府との利害関係が一致した結果であるとのことである。

しかしスタジアム売却後にアトレティコのホームスタジアムとなる予定のラ・ペイネタは、現在の場所から遠い、しかもレアル・マドリードの勢力の強い地域にあるスタジアムであり、また陸上グラウンドも併設されたものであることから、サポーターの不興を激しく買った。

この計画は、2012年マドリード五輪の招致に伴うラ・ペイネタの拡張計画を前提とするものであったため、五輪招致の頓挫によりその先行きは不透明になったが、計画自体は生きており、現在でもサポーターの反対運動が続いている。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
▽ア
アジアのサッカークラブ
アフリカのサッカークラブ

▽オ
オセアニアのサッカークラブ

▽ホ
北中米カリブ海のサッカークラブ

▽ミ
南アメリカのサッカークラブ

▽ヨ
ヨーロッパのサッカークラブ








▽ア
アゼルバイジャンのサッカークラブ
アルメニアのサッカークラブ

▽イ
イスラエルのサッカークラブ
イタリアのサッカークラブ
イングランドのサッカークラブ

▽ウ
ウェールズのサッカークラブ
ウクライナのサッカークラブ

▽エ
エストニアのサッカークラブ

▽オ
オーストリアのサッカークラブ
オランダのサッカークラブ

▽キ
ギリシャのサッカークラブ

▽ク
グルジアのサッカークラブ
クロアチアのサッカークラブ

▽ス
スイスのサッカークラブ
スウェーデンのサッカークラブ
スコットランドのサッカークラブ
スペインのサッカークラブ
スロバキアのサッカークラブ

▽セ
セルビアのサッカークラブ

▽チ
チェコのサッカークラブ

▽テ
デンマークのサッカークラブ

▽ト
ドイツのサッカークラブ
トルコのサッカークラブ

▽ノ
ノルウェーのサッカークラブ

▽フ
フランスのサッカークラブ
ブルガリアのサッカークラブ

▽ヘ
ベラルーシのサッカークラブ
ベルギーのサッカークラブ

▽ホ
ボスニア・ヘルツェゴビナのサッカークラブ
ポーランドのサッカークラブ
ポルトガルのサッカークラブ

▽モ
モンテネグロのサッカークラブ

▽ユ
ユーゴスラビアのサッカークラブ

▽ル
ルーマニアのサッカークラブ

▽ロ
ロシアのサッカークラブ





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
レンジャーズ・フットボール・クラブ(Rangers Football Club)は、スコティッシュ・プレミアリーグに所属するスコットランドのグラスゴーを本拠地とするクラブチーム。

日本に於いては他国のレンジャーズとの混同を配慮してグラスゴー・レンジャーズとも呼ばれ、1873年に創立された歴史の古いクラブチーム。リーグ戦では51回の優勝回数を誇り、他のクラブの追随を許さない。しかし05-06シーズン以降やや不振に陥っており、セルティックの独走を許している。

同じグラスゴーを本拠地とするセルティックとのライバル関係は世界的に有名であり、「オールドファーム・ダービー」と呼ばれる直接対決の熱狂振りは凄まじい。クラブ側として、いかなる政治色、民族色、宗教色を打ち出している訳ではないが、創設当初より保守層であるアングロ=サクソン系で英国国教会派(プロテスタント系)の英国連合を支持する連合主義者 (ユニオニスト)の支持が多い。その為レンジャーズとセルティックの関係には、現英国連合に潜む民族的、宗教的、政治的な背景が絡んでいる。


■グラスゴー・レンジャーズFCのタイトル

▽国内タイトル

リーグ:52回

スコティッシュカップ:31回

スコティッシュリーグカップ:23回


▽国際タイトル

UEFAカップウィナーズカップ:1回
1971-1972


■グラスゴー・レンジャーズFCの現所属メンバー

▽GK
1 アラン・マクレガー 1998 - fromアカデミー
16 グレアム・スミス 2007 - fromキルマーノック
― ロイ・キャロル 2007 - fromウェストハム

▽DF
2 アラン・ハットン 2002 - fromアカデミー
3 ササ・パパッチ 2006 - fromオーストリア・ウィーン
5 デビッド・ウィア 2007.1- fromエヴァートン
12 ウーゴ・エヒオグ 2007.1 - fromミドルスブラ
18 イアン・マーレー 2005 - fromハイバーニアン
21 カーク・ブロードフット 2007 - fromセント・ミレン
22 アンディ・ウェブスター 2007 - fromウィガン (loan)
25 カルロス・クエジャル 2007 - fromオサスナ
26 スティーヴン・スミス 2004 - fromアカデミー

▽MF
6 バリー・ファーガソン 2005.1 - fromブラックバーン (captain)
7 ブライム・アムダニ 2005 - fromマルセイユ
8 ケビン・トムソン 2007 - fromハイバーニアン
11 チャーリー・アダム 2004 - fromアカデミー
14 リボル・シオンコ 2006 - fromオーストリア・ウィーン
15 アラン・ゴウ 2007 - fromファルカーク
17 クリス・バーク 2002 - fromアカデミー
20 ダマルカス・ビーズリー 2007 - fromPSV
― リー・マッカローク 2007 - fromウィガン

▽FW
4 トーマス・ブッフェル 2005 - fromフェイエノールト
9 クリス・ボイド 2006.1 - fromキルマーノック
10 ナチョ・ノヴォ 2004 - fromダンディー
19 ジャン・クロード・ダルシュヴィーユ 2007 - fromボルドー
23 フィリップ・シェボ 2006 - fromオーストリア・ウィーン

▽監督
― ウォルター・スミス 2007 - from


■グラスゴー・レンジャーズFCのReserve & Youth

― GK カラム・リードフォード
― GK ジョー・サガー
― GK スコット・ギャラハー
― GK グラント・アダム
― DF スティーヴン・キャンベル
― DF アラン・ローウィング
― DF マルティン・ウレ
― DF クリス・スミス
― DF ジョーダン・マクミラン
― DF マイケル・ドナルド
― DF スコット・ハデン
― DF ロス・ハーヴェイ
― DF ニコラス・ギャラハー
― DF ロス・ペリー
― DF ステファン・フォーブス
― DF ダニエル・ウィルソン
― DF スコット・ドゥリー
― MF Steven Kinniburgh
― MF サム・ウッズ
― MF ポール・エムスリー
― MF ジェローン・ファン・デン・ブルック
― MF ウィリアム・マクラクラン
― MF ディーン・ファーマン
― MF ステファン・スターリング
― MF アリスター・パーク
― MF ジェイミー・ネス
― MF グレッグ・ワイルド
― MF ギオルゴス・エフレム
― FW スティーヴン・レノン
― FW ロリー・ロイ
― FW クリス・クレイグ
― FW アンドリュー・シャイニー
― FW アーチー・キャンベル
― FW クレイグ・マクシェイ
― FW ジョン・フレック
― FW アンドリュー・リトル


■グラスゴー・レンジャーズFCのローン移籍

in
22 DF アンディ・ウェブスター fromウィガン

out
34 GK リー・ロビンソン toモートン


▽07/08移籍

in
MF ダマルカス・ビーズリー fromPSV, £7m
GK グレアム・スミス fromキルマーノック, free
FW ジャン・クロード・ダルシュヴィーユ fromボルドー, ?
DF カルロス・クエジャル fromオサスナ, £3m
GK ロイ・キャロル fromウェストハム, free
MF リー・マッカローク fromウィガン, £2m

out
DF カール・スヴェンソン toカーン, £7m
MF マハタール・エンディアイエ, released
MF ギャヴィン・レー toコヴェントリー, free
GK ステファン・クロス, retired
FW ダド・プルソ, retired


■グラスゴー・レンジャーズFCの歴代監督

ウィリアム・ウィルトン スコットランド 1899-1920
ビル・ストルス スコットランド 1920-1954
スコット・サイモン スコットランド 1954-1967
デビッド・ホワイト スコットランド 1967-1969
ウィリアム・ワッデル スコットランド 1969-1972
ジョック・ウァレス スコットランド 1972-1978
ジョン・グレイグ スコットランド 1978-1983
ジョック・ウァレス スコットランド 1983-1986
グレアム・スーネス スコットランド 1986-1991
ウォルター・スミス スコットランド 1991-1998
ディック・アドフォカート オランダ 1998-2002
アレックス・マクレイシュ スコットランド 2002-2006
ポール・ル・グエン フランス 2006
ウォルター・スミス スコットランド 2007-


■グラスゴー・レンジャーズFCの歴代所属選手

ゲーリー・スティーヴンス(イングランド) 1988-1994
リー・ハウストラ(オランダ) 1990-1995
クレイグ・ムーア(オーストラリア) 1993-1998、1999-2005
バリー・ファーガソン(スコットランド) 1994-2003、2004
バジール・ボリ(フランス) 1994-1995
ブライアン・ラウドルップ(デンマーク) 1994-1998
ポール・ガスコイン(イングランド) 1995-1998
ジェンナーロ・ガットゥーゾ(イタリア) 1997-1999
ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト(オランダ) 1998-2001
シュテファン・クロス(ドイツ) 1998-
トーマス・ミューレ(ノルウェー) 1999
クラウディオ・レイナ(アメリカ) 1999-2001
ミハエル・モルス(オランダ) 1999-2004
トゥガイ・ケリモギュ(トルコ) 2000-2001
ロナルド・デ・ブール(オランダ) 2000-2004
フランク・デ・ブール(オランダ) 2000-2004
フェルナンド・リックセン(オランダ) 2000-2006
ペーター・レーヴェンクランズ (デンマーク) 2000-2006
クラウディオ・カニーヒア(アルゼンチン) 2001-2003
ショタ・アルベラーゼ (グルジア) 2001-2005
ヘニング・ベルグ (ノルウェー) 2003-2004 
ジャン=アラン・ブームソン (フランス) 2004-2005
ダド・プルソ (クロアチア) 2004-
ロレンツォ・アモルーゾ (イタリア)
ヨルグ・アルベルツ
アンディー・ゴラム
オレグ・サレンコ(ロシア)
ゴードン・デューリー
アンドリュー・ドゥイエ
ビリー・ドッズ
ズラブ・ヒザニシュヴィリ (グルジア)
トーレ・アンドレ・フロー(ノルウェー)
マーク・ヘイトリー
コリン・ヘンドリー(スコットランド)
アリー・マッコイスト (スコットランド)
アレクセイ・ミハイリチェンコ (ウクライナ)
ジム・レイトン(スコットランド)







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ハート・オブ・ミドロシアン(Heart of Midlothian Football Club)は、スコットランド・エディンバラを本拠地とするサッカークラブチーム。

しばしば「ハーツ」と表記される。1874年創設の歴史あるクラブで、リーグ優勝5回などのタイトルを獲得している。2005-2006シーズンよりリトアニアのロマン・ロマノフがオーナーに就任し、東欧の選手を中心とした補強を積極的に行っている。しかしロマノフの独裁に現場から不満の声が挙がっており、主力選手だったプレスリーとハートリーはロマノフとの対立からセルティックに移籍した。


■ハート・オブ・ミドロシアンのタイトル

▽国内タイトル

リーグ:5回
1894-1895、1896-1897、1957-1958、1959-1960、1979-1980

スコティッシュカップ:7回
1890-1891、1895-1896、1900-1901、1905-1906、1955-1956、1997-1998、2005-2006

スコティッシュリーグカップ:4回
1954-1955、1958-1959、1959-1960、1965-1966


▽国際タイトル

なし


■ハート・オブ・ミドロシアンの過去の成績

2005-2006 スコティッシュ・プレミアリーグ 2位
2004-2005 スコティッシュ・プレミアリーグ 5位


■ハート・オブ・ミドロシアンの歴代監督

ピーター・フェアリー 1901-1903
William Waugh 1903-1908
ジェームス・マクギー 1908-1909
ジョン・マッカートニー 1919-1935
ウィリアム・マッカートニー 1935-1937
デビッド・プラット 1935-1937
フランク・モス 1937-1940
デビッド・マクリーン 1941-1951
トミー・ウォーカー 1951-1966
ジョン・ハーベイ 1966-1970
ボビー・セイス 1970-1974
ジョン・ハガート 1974-1977
ウィリー・オルモンド 1977-1980
ボビー・モンカー 1980-1981
トニー・フォード 1981
アレックス・マクドナルド 1982-1990
ジョー・ジョーダン 1990-1993
サンディ・クラーク 1993-1994
トミー・マクリーン 1994-1995
ジム・ジェフェリーズ 1995-2000
クレイグ・リベイン 2000-2004
ジョン・ロバートソン 2004-2005
ジョージ・バーリー 2005
グラハム・リックス(イングランド) 2005.11-2006.3
ヴァルダス・イヴァナウスカス(リトアニア) 2006.3-2007.3
Anatoly Korobochkha(ロシア) 2007.3-


■ハート・オブ・ミドロシアンの歴代所属選手

アンディ・ウェブスター(スコットランド)
エディ・トムソン(スコットランド)
クレイグ・ゴードン(スコットランド)
タキス・フィッサス(ギリシャ)
スティーヴン・プレスリー(スコットランド)
エドガラス・ヤンカウスカス(リトアニア)
ネリウス・バラサ(リトアニア)
サウリウス・ミコリウーナス(リトアニア)
デイヴィナス・チェスナウスキス(リトアニア)
ルドルフ・スカーツェル(チェコ)
ロマン・ベドナージュ(チェコ)
マウリシオ・ピニージャ(チリ)
ミルサド・ベシュリヤ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ハイバーニアン・フットボールクラブ(Hibernian Football Club)は、スコットランドのエディンバラを拠点とするサッカークラブである。同じ市内にあるハーツとともに、スコティッシュ・プレミアリーグに所属する。現在の監督はトニー・モウブレー。


■ハイバーニアンの歴史

ハイバーニアンは、カノン・エドワード・ジョセフ・ハナンとマイケル・ウェラハンを筆頭とするアイルランド出身のサッカー狂たちによって、1875年に設立された。もともとはエディンバラ旧市街の南側で活動していたが、1880年代には現在地であるリース町のイースター・ロード・スタジアムに移転した。

このクラブはアイルランドからのカトリック系移民によって設立された最初の著名なクラブである。名称はアイルランドのラテン語名であるHiberniaに由来し、直訳すると「アイルランド人フットボールクラブ」となる。同クラブの設立にならって、その後ダンディー・ハイバーニアン(現在のダンディー・ユナイテッド)やセルティック(設立時にはグラスゴー・ハイバーニアンという名称案もあった)などが設立された。現在のハイバーニアンは、かつてに比べるとカトリック教会の色は薄く、ファンがチームを支援する理由も宗教的側面より地理的な面が大きい(ハイバーニアンは東エディンバラのチームと認識されている)。

1887年8月13日、ハイバーニアンは国内カップ戦同士の「世界王座決定戦」において、イングランドの勝者であったプレストン・ノース・エンドを破った。

1938年8月13日のハミルトン・アカデミカルFC戦において、ハイバーニアンはユニフォームの袖部分を白く変更したが、これはホームスタジアムであるイースター・ロードの大規模な改修を記念したものであった。イースター・ロードの入場口にある竪琴とクローバーのマークはスタンド部分ともに塗り直され、ピッチを取り巻く壁は全て白く塗られた。ゴールポストは緑色のネットを被せた円柱形のものに置き換えられた。この日、ハリー・スワンが拡声器を用いて多くの観衆に対して「明るくなったイースター・ロード」について講演を行い、続いてチームが新しいユニフォームで登場した。

ハイバーニアンは欧州の国際試合に初めて出場したイギリスのクラブでもある。同クラブはUEFA欧州カップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)が初めて開催された1955/1956年シーズンに同大会に出場している。ただし、これは現在のように予選を勝ち抜いたものではない(ハイバーニアンは前年のシーズンでスコティッシュ・リーグの5位に終わっていた)。最初の対戦はドイツのロート・ヴァイス・エッセンであり、エッセンでのアウェイゲームは4-0で勝利、ホームでは1-1の引き分けに終わった。この年、ハイバーニアンはスタード・ランスに敗れ、惜しくも準決勝進出を逃した。

2006年までにハイバーニアンが優勝した最後の主要大会は、1991年のスコティッシュリーグカップであり、これはダンファームリンを決勝で破ってのものだった。2004年にもリーグカップの決勝まで進んだものの、リビングストンFCに敗れた。またハイバーニアンは1902年を最後に、スコティッシュカップで優勝していない。最後に決勝に進出したのは2001年のことであり、この時は3-0でセルティックに敗れている。

ハイバーニアンが最後に1部リーグ(プレミアリーグの下位)へ降格したのは、1997/1998年シーズンの終わりである。しかしその後チームは劇的に変化し、12連勝を含む快進撃により年間勝ち点89(2位のファルカークに23点差)という記録を打ち立てて1部リーグの優勝を飾った。

チームカラーは緑と白である。ユニフォームは前述の通り胴が緑、袖と襟が白、袖口は緑と塗り分けられている。パンツは白、ソックスは緑だが最上部に白いワンポイントが入る。2004/2005年シーズンには、レアル・マドリッドとの親善試合で2-0で勝利してから40周年となることを記念して、パンツの色をシャツに合わせて緑色にした。これは当時と同じ色である。


■ハイバーニアンの愛称

ハイバーニアンは、ファンからしばしば「ハイビーズ(Hibees)」という愛称で呼ばれる。世界的には、「ハイブス(Hibs)」という略称が用いられる。ハイバーニアンのサポーターは「ハイビーズ(Hibbies)」と呼ばれ、あるいはリース町にあるパブ "The Cabbage And Ribs" にちなんで「キャベツ(Cabbage)」と呼ばれることもある。


■ハイバーニアンの歴代監督

ウィリー・マクファーランド(1969年-1970年)
デイヴ・ユーイング(1970年-1971年)
エディ・ターンブル(1971年-1980年)
ウィリー・オーモンド(1980年)
バーティ・オールド(1980年-1982年)
パット・スタントン(1982年-1984年)
ジョン・ブラックレー(1984年-1986年)
アレックス・ミラー(1986年-1996年)
ジョッキー・スコット(1996年)
ジム・ダフィー(1996年-1998年)
アレックス・マクリーシュ(1998年-2001年)
ドナルド・パーク(2001年、2002年、いずれも代行)
フランク・サウジー(2001年-2002年)
ボビー・ウィリアムソン(2002年-2004年)
トニー・モウブレー(2004年-)


■ハイバーニアンの記録

▽ホーム最多入場者数: 65,860人(1950年ハーツ戦)
▽最多得点勝利: 22-1(1881年9月3日ブラックウォッチ・ハイランダーズ戦)
▽リーグ戦最多得点勝利: 11-1(1959年10月24日エアドリー戦、および1965年11月6日ハミルトン・アカデミカルFC戦)
▽最多失点: 0-10(1898年12月24日レンジャーズ戦)
▽スコティッシュ・フットボール・チャンピオン: 4回(1903年、1948年、1951年、1952年)
▽スコットランド1部リーグチャンピオン: 1981年、1999年注1
▽スコットランド2部リーグチャンピオン: 1894年、1895年、1933年
▽スコティッシュカップ: 2回(1887年、1902年)
▽スコティッシュリーグカップ: 2回(1972年/1973年シーズン、1991年/1992年シーズン)
▽世界チャンピオン: 1回(1887年)
▽ドライブロウカップ: 2回(1972年、1973年)
▽テネンツ・シクッス優勝: 1回(1990年)


◇注
1981年と1999年の「1部リーグ」とは、スコティッシュ・プレミアリーグの下位に位置するリーグのことを指す。






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ダンディー・ユナイテッド(Dundee United Football Club)は、スコットランド・ダンディーを本拠地とするサッカークラブチーム。

1909年、「ダンディー・ハイバーニアン」として創設。1923年に現在の名称となった。1982-1983シーズンにリーグ優勝を果たしている。


■ダンディー・ユナイテッドのタイトル

▽国内タイトル

リーグ:1回
1982-1983

スコティッシュカップ:1回
1994

スコティッシュリーグカップ:2回
1980、1981


▽国際タイトル

なし


■ダンディー・ユナイテッドの過去の成績

2004-2005 スコティッシュ・プレミアリーグ 9位


■ダンディー・ユナイテッドの歴代監督

パット・レイリー 1909-1915
ハーバート・ダインティー 1915-1917
パット・レイリー 1917-1922
ピーター・オルーク 1922-1923
ジミー・ブラウリー 1923-1931
ウィリー・レイド 1931-1934
ジミー・ブラウリー 1934-1936
ジョージ・グレイグ 1936-1938
ジミー・ブラウリー 1938-1939
サム・イルヴィング 1939
ボビー・マッカイ 1939
ジミー・アラン 1939-1940
アーサー・クラム 1941-1944
ジミー・リトルジョン 1944
チャーリー・マクギリブレー 1944-1945
ウィリー・マクファドイェン 1945-1954
レギー・スミス 1954-1957
アリー・ギャラハー 1957
トミー・グレイ 1957-1958
アンディ・マッコール 1958-1959
ジェリー・ケール(スコットランド) 1959-1971
ジム・マクリーン(スコットランド) 1971-1993
イバン・ゴラッチ(ユーゴスラビア) 1993-1995
ビリー・カークウッド 1995-1996
トミー・マクリーン(スコットランド) 1996-1998
ポール・ストロック(スコットランド) 1998-2000
アレックス・スミス(スコットランド) 2000-2002
ポール・エガーティ(スコットランド) 2002-2003
イアン・マッコール(スコットランド) 2003-2005
ゴードン・キスホルム(スコットランド) 2005-2006
クレイグ・ブリュースター(スコットランド) 2006-


■ダンディー・ユナイテッドの歴代所属選手

ポール・エガーティ(スコットランド)
アンディ・グレイ(スコットランド)
ウォルター・スミス(スコットランド)
クリスチャン・デイリー(スコットランド)
ダンカン・ファーガソン(スコットランド)
クレイグ・ブリュースター(スコットランド)
ビリー・マッキンレー(スコットランド)
チャーリー・ミラー(スコットランド)
スチュワート・バクスター 1975-1976






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
セルティックFC(Celtic Football Club)は、スコットランド・グラスゴーを本拠地とするサッカークラブチーム。名称のセルティックとは、ケルト人、あるいはケルトの、ケルトに属するを意味する。ケルト系のアイルランドと同じく、チームカラーに緑と白、エンブレムにあしらわれたシャムロックとケルト色を打ち出している。ホームスタジアムはw:en:Celtic Park。

1888年に創立され、スコティッシュ・プレミアリーグに所属。同じグラスゴーを本拠地とするグラスゴー・レンジャーズと2強を形成し、そのライバル関係は「オールドファーム・ダービー」と呼ばれている。レンジャーズはアングロ=サクソン系で英国国教会派(プロテスタント系)の英国連合を支持する連合主義者 (ユニオニスト)の支持が多く、セルティックはカトリック系でケルト人の末裔であるスコットランド人(ゲール人)の支持が多い。また、同じ背景を持つアイルランドや北アイルランドにも根強い人気を誇る。このようにレンジャーズとセルティックの関係は宗教的なもののみならず、英国連合の政治的、民族的な関係をも含む複雑な背景がある。

ジョック・ステイン監督に率いられた1966-1967シーズンには、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を獲得した。これは英国勢初のビッグイヤー獲得で、セルティックサポーターにとって、大いなる誇りとなっている。しかし、その後イギリス経済が不況に陥り、その影響がスコットランドに及ぶと、財政難に陥り運営が難しくなった。そして、有名選手を集められない、ちゃんとしたサッカーを行なえないなどの結果を招き、スコティッシュ・プレミアリーグの人気が低迷することとなった。その後不況から脱出したとはいえ、例年の優勝争いの固定化や他国リーグの人気向上といった他の要因も絡んで、スコティッシュ・プレミアリーグは、かつてのような人気はもはや見られなくなった。そのため、セルティックはヘンリク・ラーションなどの有力選手を集めて、かつてのように復活しようとしたのである。 2002-2003シーズンのUEFAカップでは決勝に進出したが、FCポルトに敗れ準優勝に終わった。現在、イングランドFAプレミアリーグへの参加を希望しており、今後の動向に注目が集まっている。

2005-2006シーズンからは中村俊輔が所属している。そして2006年のUEFAチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドを破り、決勝トーナメント進出を決めた。これは、現行のUEFAチャンピオンズリーグとなってからでは初めてのことであった。

ストラカン体制下のセルティックは、6万人のセルティックファンの熱狂的な声援を受けるホームでは強さを発揮するが、アウェーでの強豪との試合では守備を崩され大敗を喫することがある(UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07でのアウェーのFCコペンハーゲン戦、ベンフィカ戦)。


■セルティックのタイトル

▽国内タイトル

リーグ : 41回

スコティッシュカップ : 34回

スコティッシュリーグカップ : 13回


▽国際タイトル

UEFAチャンピオンズカップ : 1回
1966-1967


■セルティックの成績

2001-2002 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2002-2003 スコティッシュ・プレミアリーグ 2位
2003-2004 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2004-2005 スコティッシュ・プレミアリーグ 2位
2005-2006 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2006-2007 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝


■セルティックの歴代監督

ビリー・マーレー 北アイルランド 1897年4月1日 - 1940年1月31日
ジミー・マクステイ 1940年2月1日 - 1945年7月31日
ジミー・マクグローリー スコットランド 1945年8月1日 - 1965年7月31日
ジョック・ステイン スコットランド 1965年8月1日 - 1978年5月31日
ウィリアム・ワッデル スコットランド 1969年 - 1972年
ビリー・マクニール スコットランド 1978年8月1日 - 1983年8月1日
デビッド・ヘイ 1983年8月1日 - 1987年5月20日
ビリー・マクニール スコットランド 1987年5月20日 - 1991年5月22日
リアム・ブレディー アイルランド 1991年6月19日 - 1993年10月7日
ルー・マカリ スコットランド 1993年10月7日 - 1994年6月16日
トミー・バーンズ スコットランド 1994年7月12日 - 1997年5月31日
ビム・ヤンセン オランダ 1997年7月1日 - 1998年5月11日
ジョゼフ・ベングロシュ スロバキア 1998年7月1日 - 1999年
ジョン・バーンズ イングランド 1999年 - 2000年
ケニー・ダルグリッシュ スコットランド 2000年2月10日 - 2000年6月1日
マーティン・オニール 北アイルランド 2000年6月1日 - 2005年5月31日
ゴードン・ストラカン スコットランド 2005年5月31日 -


■セルティックの現所属メンバー

▽GK
01 アルトゥール・ボルツ 2005 - fromレギア・ワルシャワ
21 マーク・ブラウン 2007.1 - fromインヴァーネス
47 マイケル・マクガヴァン 2001 - fromセルティック・ユース

▽DF
02 ポール・テルファー 2005 - fromサウサンプトン
03 リー・ネイラー 2006 - fromウルヴァーハンプトン
05 ガリー・コールドウェル 2006 - fromハイバーニアン
06 ボボ・バルデ 2001 - fromトゥールーズ
12 マーク・ウィルソン 2006.1 - fromダンディー・ユナイテッド
17 スティーヴン・プレスリー 2006.12 - fromハーツ
24 ジャン=ジョエル・ペリエ=ドゥンベ 2007.1 - fromレンヌ
41 ジョン・ケネディ 2000 - fromセルティックSフォーム
44 スティーヴン・マクマナス 2003 - fromセルティックSフォーム
48 ダレン・オディー 2006 - fromホーム・ファームBC
49 スコット・カスバート 2003 - fromセルティック・ユース

▽MF
11 ポール・ハートリー 2007.1 - fromハーツ
15 エファンデル・スノ 2006 - fromフェイエノールト
16 トーマス・グラヴェセン 2006 - fromレアル・マドリード
18 マッシモ・ドナーティ 2007 - fromACミラン
20 イリ・ヤロシク 2006 - fromバーミンガム・シティ
25 中村俊輔 2005 - fromレッジーナ
53 サイモン・フェリー - from
― スコット・ブラウン 2007 - fromハイバーニアン

▽FW
07 マチェイ・ジュラフスキ 2005 - fromヴィスワ・クラクフ
09 ケニー・ミラー 2006 - fromウルヴァーハンプトン
10 ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク 2006 - fromPSV
14 デレク・リオーダン 2006 - fromハイバーニアン
26 シリアン・シェリダン 2006 - from
38 ロッコ・クイン 2004 - fromセルティック・ユース
42 マイケル・マグリンチー - fromセルティック・ユース
46 エイダン・マクギーディ 2003 - fromセルティックSフォーム
51 ニッキー・ライリー - from
― スコット・マクドナルド 2007 - fromマザウェル
― クリス・キレン 2007 - fromハイバーニアン

▽監督
― ゴードン・ストラカン 2005 - fromサウサンプトン


▽07/08移籍
in
FW スコット・マクドナルド fromマザウェル, £600k
FW クリス・キレン fromハイバーニアン, free
MF スコット・ブラウン fromハイバーニアン, £4m
MF マッシモ・ドナーティ fromACミラン, £3m

out
MF ニール・レノン toノッティンガム・フォレスト
GK デヴィッド・マーシャル toノーウィッチ・シティ, £700k
FW クレイグ・ビーティ toWBA


■セルティックの歴代所属選手

ケニー・ダルグリッシュ(スコットランド) 1969年 - 1977年
ピエール・ファン・ホーイドンク(オランダ) 1995年 - 1997年
ジャッキー・マクナマラ(スコットランド) 1995年 - 2005年
パオロ・ディ・カーニオ(イタリア) 1996年 - 1997年
ヘンリク・ラーション(スウェーデン) 1996年 - 2004年
マーク・ヴィドゥカ(オーストラリア) 1998年 - 2000年
コリン・ヒーリー(アイルランド) 1998年 - 2003年
リュボミール・モラフチーク(スロバキア) 1998年 - 2003年
ボビー・ペッタ(オランダ) 1999年 - 2003年12月、2004年6月-
スティリアン・ペトロフ(ブルガリア) 1999年 - 2006年
アラン・トンプソン(イングランド) 2000年 - 2007年1月
ジョン・ハートソン(ウェールズ) 2001年 - 2006年
アンリ・カマラ(セネガル) 2005年
ジョン・コリンズ(スコットランド)
クリス・サットン(スコットランド) 2000年 -
ダレン・ジャクソン(スコットランド)
ジュニーニョ・パウリスタ(ブラジル) 2004年
アンドレアス・トーム(ドイツ)
クレイグ・バーリー(スコットランド)
スタラスニフ・ヴァルガ(スロバキア) 2003年 -
モルテン・ヴィークホルスト (デンマーク)
トム・ボイド(スコットランド)
トッシュ・マッキンリー(スコットランド)
ヨハン・ミャルビー(スウェーデン) - 2004年
リアム・ミラー(アイルランド) - 2004年
ロイ・キーン(アイルランド) 2005年 - 2006年
ポール・ランバート(スコットランド) - 2005年
ニール・レノン(北アイルランド) 2000年 - 2007年







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スターリング・アルビオンFCは、現在スコティッシュ・フットボール・リーグに所属しているクラブチーム。クラブのニックネームは「ザ・ビオンズ(The Bions/Beanos)」。かつてはあまりにも順位の上下が激しいことから「ヨーヨー軍団(The Yo-Yos)」と呼ばれたこともあった。スターリングの街に近いフォースバンク・スタジアムを本拠地としている。クラブのバッジはウォレス・モニュメントとスターリング東部に横たわるオチル丘陵を描いたものである。


■スターリング・アルビオンFCの歴史

▽起源

そもそもスターリングには、キングス・パークFCというクラブチームが存在したが、第二次世界大戦を契機として消滅した。その後を引き継いで新たに1945年にスターリング・アルビオンFCが創設された。かつてのキングス・パークFCは、その名の示す通り郊外の公園キングス・パークを本拠地としていたが、スタジアムが戦争中に爆撃されるなど大きな被害をうけ、その後の活動が困難になったとして解散した。

新設されたクラブは、地元の石炭産業で財を成していたトマス・ファーガソンがブレーンとなり運営が開始された。まず彼は、キングス・パークに代わる新たなスタジアムを建設するためにアンフィールドの土地を買い求めた。アンフィールドは町の中心部から400mほどの距離にあり、1992年までクラブの本拠地として利用された。


▽創成期:ヨーヨー時代

1940年代から60年代にかけて、アルビオンは下位のリーグにおいては卓越した戦力をもつクラブとして名声を集めたものの、ついに一流と呼ばれるほどの勝利をあげることができなかった。そのため、クラブには「ヨーヨー軍団(Yo-Yos)」というニックネームが与えられた。当時スコットランドでは、何かや誰かが「忙しく上下している様」をさして「まるでスターリング・アルビオンのようだ」と言う定番のジョークがあった。しかし、時が経ち、サポーターたちが世代交代するにつれ、若者たちはその悲しむべきニックネームを使わなくなっていった。その結果、現在、最も多くのサポーターたちに親しまれているクラブのニックネームは「ザ・ビノス(The Binos)」である。


▽1970年代から80年代:低迷の時代

1960年代末から70年代にかけて、アルビオンは常にリーグの最下位に位置し続けたことから、この時代は低迷の時代と呼ばれる。1970年代半ばにリーグ戦の制度が見直され、3部に分けられることになると、当然このヨーヨー軍団は最底辺のリーグに編入され、1977年までそこを脱出することができなかった。その後、クラブは1部リーグまで上昇を果たすが、その夢のような時代はわずか4年間で屈辱的な終末を迎えた。それは、1981年のリーグ戦の8ヶ月の間、クラブは一得点もあげることができなかったのである。しかしさらに驚くべき「事件」は、彼らはその年、最下位ではなく、最下位から2番目の順位でリーグを終えることができたことかもしれない。いくつものペナルティ・キックを失敗し、無数のゴールを相手に許したにもかかわらず。

1981年の2部リーグへの降格は、クラブを極めて退屈な存在へと変質させた。アレックス・スミス監督の下、クラブは先細りの入場者数に苦しみ、破産の一歩手前まで駒を進めた。破産寸前のクラブに残された唯一の道は、本拠地であるアンフィールド・スタジアムを地方自治体に売却し、それをとても安い価格でレンタルする、という方法だった。

この時代、クラブはスコティッシュ・カップにおける素晴らしい記録を樹立した。それは、1984年に、20対0の大差で、セルカークFCに勝利したことである。

1980年代のクラブは引き続き苦境下にあったが、驚くべきことに監督の交代劇は行われず、アレックス・スミスが引き続き指揮を執り続けた。結果として、1986年にアレックス・スミスはセント・ミレンFCに移籍する形でアルビオンの監督の座を降りた。

新たにジョージ・ピーブレスがクラブ監督に就任した。彼は「スコットランドではじめてスタジアムに人工芝を採用したクラブの監督」という称号を手にすることになった。というのも、アンフィールド・スタジアムを買い取った自治体が、1ペニーでも多くそのスタジアムから収益をあげるために、維持費のかかる本物の芝生をはがしてしまったからである。同様に、メインスタンドも「老朽化によって崩落の危険性がある」と判断されるやいなや、あっというまに取り壊されてしまった。1987年9月には、スコットランド史上初の人工芝での試合を一目見ようと山のような観客がスターリングに詰めかけたが、彼らが試合内容に関心があったかどうかは定かではない。ちなみにその試合は、スターリング・アルビオンFCとエア・ユナイテッドFCの対戦であった。

しかしその後、芝の品質差を主な理由として、スターリング・アルビオンFCを除く全てのクラブが人工芝でのプレイを拒否したため、続く5年間にわたってアルビオンFCはアンフィールド・スタジアムを公式戦で利用することができず、本来はホームの試合を全てアウェイで戦わねばならなかった。実際に試合が行われたとしても、人工芝がアルビオンFCに優位に働いたかどうかは疑わしく、その証拠にアルビオンFCは0-6でセント・ジョンストンFCに人工芝上で敗北している。その後、ピーブレス監督はやっとその苦行から開放され、新たにジム・フリーティングが監督の座に就任した。

ジム・フリーティングは、皮肉にも、わずか6ヶ月のあいだだけ監督を努めたことによって、その後10年間のチームの躍進の立役者となった。フリーティングはキルマーノックFCの監督になるべく早々にアルビオンFCを去る際、新監督をエースストライカーのジョン・ブローガンに打診することになったが、この選択がクラブに成功をもたらすことになった。新監督のもとでクラブは破竹の勢いで連勝を続け、ついには1991年4月7日、リンクス・パーク・スタジアムで優勝タイトルを手にすることに成功した。ついにアルビオンFCは悲願であった2部リーグ脱出を果たしたのである。敬虔なる「ヨーヨー軍団」のサポーターたちは、10年に渡る恥辱の記憶をやっと過去に葬り去ることに成功したのである。


▽1990年代:1部リーグと2部リーグのあいだで

その後、クラブは1部リーグで波乱に満ちた3年間を過ごした。アルビオンFCはしつこく抵抗したが、ついにアンフィールド・スタジアムとの離別の時は訪れた。スターリングの中心にほど近いアンフィールドで長年を過ごしたクラブだったが、フォース川の岸辺にほど近いフォースバンク・スタジアムに本拠地を移し、現在まで至っている。

やがてこのクラブは、スコットランドのフットボールの組織改革が再び行われ、3部から新たに4部リーグ制度が導入された際に、2部リーグに降格してしまった。ブローガン監督は解雇され、ケヴィン・ドリンケルが後を引き継いだ。このドリンケルは監督として就任するや、最悪の1シーズンを過ごすことになった。2月までにクラブは最下位から3番目の位置に低迷し、ブリーキンでの馬鹿げた敗北の後には、ついにサポーターたちがドリンケル監督に対して暴動を起こした。身の危険を感じたドリンケルは、最後のチャンスとばかりにポール・ディーズとゲイリー・パターソンの二名によってクラブの戦力を補強し、10連勝を成し遂げ、クラブはシーズン最終日には2位まで上昇。あっというまに1部リーグへの復帰を果たしたのである。1995年から96年にかけて、アルビオンFCは素晴らしい勝利の数々によってクリスマスまでには完全にリーグを掌握し、その他のクラブに対して6勝もしくは7勝をあげることに成功した。

1996年から98年にかけて、クラブは1部リーグで戦い続け、96年と97年には立派にも中位の成績を残した。97年と98年にかけても優秀な成績を残したが、新たに導入された外国人選手枠のルールによって、少なからぬ重要選手を失うことになった。1ゲームを残してドリンケル監督は、助監督を務めていたレイ・ステュワートによって解雇された。ステュワートは、かつてのウェストハム・ユナイテッドFCの選手であり、スコットランドの英雄であった。

1998年から2000年にかけては、クラブはジョン・フィリィベン監督の指揮の下、2部リーグを戦った。多額の資金がピークを過ぎた選手に消え、監督と親しい人々によっても予算が浪費され、クラブは苦境に陥った。フィリィベンが2000年に解雇されたことには何の驚きもない。その後、かつてドリンケル時代に助監督を務めたレイ・ステュワートが監督としてクラブに復帰した。


▽2000年代:低迷、そして安定へ

2000年から2001年にかけてのシーズンでは、スターリング・アルビオンFCの成績は低迷した。レイ・ステュワートが組み上げたあまりにもお金がかかりすぎるチームは、うまく機能しないことが判明した。クラブは17連敗し、2部リーグの最下位でリーグを終えた。

続くシーズンも同様に悲しむべきものだった。クラブは3部リーグの最下位から数えて2番目の順位でシーズンを終え、ぎりぎりのところで最下位を逃れることができた。スコティッシュ・カップでのアルビオンFCは同様に弱く、スコットランド東部リーグのガーラ・フェアリィディーンFCに完膚無きまでに叩きのめされた。レイ・ステュワートはシーズン終了と共に解雇された。

2002年からはアラン・ムーアが指揮を執ることになり、彼は素早くクラブに士気と幸運を取り戻した。2003年から2004年にかけてのシーズン終了後、スターリング・アルビオンFCはディヴィジョン2に昇格した。その後のシーズンもリーグ4位の成績を収めた。

このクラブの好調は2005年から2006年にかけても続いた。リーグにはあらたにプレイオフ制度が導入され、ディヴィジョンの昇格と降格についてのルールに大きな変更がなされた。ディヴィジョン1を9位で終えたクラブと、ディヴィジョン2で2位、3位、4位になったクラブがシーズン末のプレーオフに選出され、昇格と降格を競うことになった。グレトナFCが既に優勝を決定していたが、リーグ戦では下位チーとの試合が多く残されていた。スターリング・アルビオンFCは昇格をめぐる1つの空席をめぐって戦っていながら、開幕11戦でわずか3ポイントしか獲得していなかったが、10月半ばのモートンでの予期せぬ勝利によって大きく状況が好転することになった。このシーズンを語るうえで、新たに導入されたプレーオフ制度が昇格のチャンスを増やしたばかりでなく、36歳の年老いたベテランストライカーのパディ・コノリーの活躍を忘れることはできない。もちろん、転機となった10月のモートン戦でのアラン・ムーア監督の指揮を卓越したものであったと評価できる。

その後、1部リーグ進出を賭けたスターリング・アルビオンFCのプレイオフ進出の悲願は、最終的に4月15日のパトリック・シィスルFC戦に1対2で敗北したことによって達成されなかった。


▽2006年および2007年

2006年8月5日に今季は開幕し、アルビオンFCは2部リーグで戦いを続けている。



■スターリング・アルビオンFCの栄冠

▽2部リーグ:優勝 1952年-53年, 1957年-58年, 1960年-61年, 1964年-65年

▽新制度における2部リーグ 優勝:1976年-77年, 1990年-91年, 1995年-96年


■スターリング・アルビオンFCの持つ記録

▽勝利: 20-0 vs セルカークFC, スコティッシュ・カップ 1st Round 1984年12月8日

▽敗北: 0-9 vs ダンディ・ユナイテッドFC, 1部リーグ, 1967年12月30日

▽動員数(フォースバンク・スタジアム): 3,808人 v Aberdeen, Scottish Cup 4th Round, February 15 1996







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
キルマーノックFC(Kilmarnock Football Club)は、スコットランド・エアシャー・キルマーノックのサッカークラブ。

1869年創立のスコットランドで最も古いプロクラブである。地元のクリケット選手達が、シーズンオフにフットボールをプレイするためにフットボールクラブを創ったのが始まり。当初はラグビー式ルールでプレイしていたが、後にアソシエーション式に転向した。そのようなクラブの歴史はホームスタジアムであるラグビー・パークの名称に残っている。

1964-1965シーズンにリーグ優勝を果たしている。


■キルマーノックFCのタイトル

▽国内タイトル

リーグ: 1回
1964-1965

カップ: 3回
1920, 1929, 1997


▽国際タイトル

なし


■キルマーノックFCの歴代監督

Hugh Spence (1919-37)
Jimmy McGrory (1937-45)
Tom Smith (1945-47)
Tom Mather (1947-48)
Alex Hastings (1948-50)
Malky McDonald (1950-57)
Willie Waddell (1957-65)
Malky McDonald (1965-68)
Walter McCrae (1968-73)
Willie Fernie (1973-77)
Davie Sneddon (1977-81)
Jim Clunie (1981-84)
Eddie Morrison (1984-88)
Jim Fleeting (1988-92)
Tommy Burns (1992-94)
Alex Totte] (1994-96)
Bobby Williamson (1996-2002)
Jim Jefferies (2002 - 現在)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
インヴァーネス・カレドニアン・シッスルFC(Inverness Caledonian Thistle F.C.)は英国スコットランドのインヴァネスを本拠に置くサッカークラブ。1994年設立。スコティッシュ・プレミアリーグに所属している。


■インヴァーネス・カレドニアン・シッスルFCのタイトル

スコティッシュ・ファーストディビジョン(1): 2003/04
ベルズ・チャレンジカップ: 2003/04
スコティッシュ・サードディビジョン(1): 1996/97




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アバディーンFC(Aberdeen Football Club)は、スコットランドのアバディーンを本拠地とするサッカークラブチーム。

1903年創設。セルティックとグラスゴー・レンジャーズが二強を形成するスコティッシュ・プレミアリーグの中でリーグ優勝4回、リーグカップ優勝23回などを誇る。

かつては現マンチェスター・ユナイテッド監督・アレックス・ファーガソンが指揮を執っており、1982-1983シーズンにはカップウィナーズ・カップで優勝を果している。


■アバディーンFCのタイトル

▽国内タイトル

リーグ:4回
1954-1955、1979-1980、1983-1984、1984-1985

スコティッシュカップ:7回
1946-1947、1969-1970、1981-1982、1982-1983、1983-1984、1985-1986、1989-1990

スコティッシュリーグカップ:23回
1955-1956、1976-1977、1985-1986、1989-1990、1995-1996


▽国際タイトル

UEFAカップウィナーズカップ:1回
1982-1983

UEFAスーパーカップ:1回
1983-1984


■アバディーンFCの過去の成績

2004-2005 スコティッシュ・プレミアリーグ 4位


■アバディーンFCの歴代監督

ジミー・フィリップ 1903-1924
パトリック・トレーバース 1924-1937
デーブ・ハリデー 1938-1955
デーブ・ショー 1955-1959
トミー・ピアーソン 1959-1965
エディ・ターンベル 1965-1971
ジミー・ボンスローン 1971-1975
アリー・マクロード 1975-1977
ビリー・マクニール 1977-1978
アレックス・ファーガソン(スコットランド) 1978-1986
イアン・ポーターフィールド 1986-1988
アレックス・スミス、ジョッキー・スコット 1988-1992
ウィリー・ミラー 1992-1995
ロイ・エイケン 1995-1997
アレックス・ミラー 1997-1998
ポール・エガーティー 1998-1999
Ebbe Skovdahl 1999-2002
スティーブ・パターソン 2002-2004
ジミー・カルダーウッド 2004-


■アバディーンFCの歴代所属選手

ライアン・エッソン(スコットランド)
クリス・クラーク(スコットランド)
ダニー・グリフィン(北アイルランド)
スティービー・クロフォード(スコットランド)
ジョン・スチュワート(スコットランド)
ゴードン・ストラカン
バリー・ニコルソン(スコットランド)
マイケル・ハート(スコットランド)
アレックス・マクレイシュ
ダレン・マッキー(スコットランド)
ウィリー・ミラー
ジム・レイトン(スコットランド)
エディ・トムソン(スコットランド)





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
HNKリエカ(HNK Rijeka)は、クロアチア・リエカを本拠地とするサッカークラブチーム。


■HNKリエカの歴史

1946年 : SDクヴァルネル・リエカ(SD Kvarner Rijeka)として創設される。
1954年 : NKリエカ(NK Rijeka)に改名。
2002年 : HNKリエカ(HNK Rijeka)に改名。


■HNKリエカのタイトル

▽国内タイトル

ユーゴスラビア・カップ:2回
1978, 1979

クロアチア・カップ:2回
2005, 2006


▽国際タイトル

バルカンズ・カップ:1回
1978


■HNKリエカの過去の成績

2005-2006 : 2位


■HNKリエカの歴代所属選手

ニーノ・ブーレ
ムラデン・ムラデノビッチ
トミスラフ・エルツェッグ
財前宣之
松原良香






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
NKヴァルテクス・ヴァラジュディン(Nogometni klub Varteks Varaždin)は、クロアチア・ヴァラジュディンを本拠地とするサッカークラブである。

1931年にNKスラヴィヤ(NK Slavija)として創設。第二次世界大戦中に一時活動を休止したが、1945年にNKテクスティラツ(NK Tekstilac)の名で再建された。1958年に地元の衣類メーカー「ヴァルテクス」がスポンサーとなって、NKヴァルテクス(NK Varteks)に改名して現在に至る。

旧ユーゴスラビアカップで1回、クロアチアカップで5回の準優勝を数えるシルバーコレクターだが、未だタイトルの獲得はない。1998-99シーズンのUEFAカップウィナーズカップでは準々決勝に進出した。


■NKヴァルテクス・ヴァラジュディンのタイトル

なし


■NKヴァルテクス・ヴァラジュディンの歴代所属選手

ブランコ・イバンコビッチ
ドラジェン・ラディッチ
アルビン・ペラック
イゴール・ツビタノヴィッチ






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ハイデュク・スプリト(Hrvatski nogometni klub Hajduk Split)は、クロアチア・スプリトを本拠地とするサッカークラブ。

国内ではディナモ・ザグレブとライバル関係にある人気チームである。


■ハイデュク・スプリトのタイトル

▽国内タイトル

ユーゴスラビア・リーグ:9回
1927、1929、1950、1952、1954-1955、1970-1971、1973-1974、1974-1975、1978-1979、

ユーゴスラビア・カップ:9回
1966-1967、1971-1972、1972-1973、1973-1974、1975-1976、1976-1977、1983-1984、1986-1987、1990-1991

クロアチア・リーグ:6回
1991-1992、1993-1994、1994-1995、2000-2001、2003-2004、2004-2005

クロアチア・カップ:4回
1992-1993、1994-1995、1999-2000、2002-2003


▽国際タイトル

なし


■ハイデュク・スプリトの歴代監督

ナドベザ・ペーター


■ハイデュク・スプリトの歴代所属選手

トミスラフ・エルツェッグ(クロアチア)
イゴール・トゥドール(クロアチア)
アレン・ボクシッチ(クロアチア)
ロベルト・ヤルニ(クロアチア)
ミラン・ラパイッチ (クロアチア)
ゴラン・イワニセビッチ(クロアチア)
スティペ・プレティコサ(クロアチア)
ダリヨ・スルナ(クロアチア)







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
NKディナモ・ザグレブ(NK Dinamo Zagreb)は、クロアチア共和国・ザグレブを本拠地とするサッカークラブである。

ディナモ・ザグレブは旧ユーゴスラビア時代からクロアチアを代表する強豪クラブのひとつであり、ユーゴスラビアリーグでは4回の優勝をしていた。1966-67シーズンにはクロアチアのクラブとして唯一のヨーロッパタイトルとなるフェアーズ・カップ(現・UEFAカップ)を獲得した。

1992年にユーゴが分離され、クロアチアが再独立してからは、クロアチアリーグの最強豪チームとなり、8回のリーグ優勝を飾っている。


■ディナモ・ザグレブの歴史

第二次世界大戦後、ユーゴスラビア共産党の指導によってそれまでザグレブに存在したHAŠK(1903年創設)やグラジャンスキー(1911年創設)といったクラブは解散させられ、1945年6月9日にディナモが創設された。創設当初の選手は主に元グラジャンスキーの選手から構成されていた。

1991年にHAŠKグラジャンスキー、1992年にクロアチア・ザグレブへと改名された。一連の改名はクラブに大きく関与していたフラニョ・トゥジマン大統領の意向が働いたものであったとされるが、サポーター達はこれらの新しいクラブ名を拒絶した。そしてクラブは2001年に再度ディナモ・ザグレブに改名された。

1945年-1991年 ディナモ・ザグレブ (Dinamo Zagreb)
1991年-1992年 HAŠKグラジャンスキー (HAŠK-Građanski)
1993年-2000年 クロアチア・ザグレブ (Croatia Zagreb)
2001年-現在 ディナモ・ザグレブ (Dinamo Zagreb)


■ディナモ・ザグレブのタイトル

▽国内タイトル

ユーゴスラビア・リーグ:4回
1948、1952、1958、1982

ユーゴスラビア・カップ:7回
1951、1960、1963、1965、1969、1980、1983

クロアチア・リーグ:8回
1993、1996、1997、1998、1999、2000、2003、2006

クロアチア・カップ:6回
1994、1996、1997、1998、2001、2002、2004


▽国際タイトル

フェアーズ・カップ:1回
1967

バルカンズ・カップ:1回
1977


■ディナモ・ザグレブの歴代監督

ズラトコ・クラニチャール
ニコラ・ユルチェビッチ
ジュロ・バゴ
ネナド・グラツァン
オットー・バリッチ
イリヤ・ロンチャレビッチ
オズワルド・アルディレス


■ディナモ・ザグレブの歴代所属選手

▽GK

▽DF
アンドレイ・パナディッチ(クロアチア) 1988-1990
ゼリコ・ペトロビッチ(モンテネグロ) 1990-1991
ダリオ・シミッチ(クロアチア) 1992-1999

▽MF
ミハイロ・ペトロヴィッチ(セルビア) 1984-1985
ズボニミール・ボバン(クロアチア) 1985-1991
ロベルト・プロシネチキ(クロアチア) 1986-1987
スレチコ・カタネッツ(ユーゴスラビア)
ムラデン・ムラデノビッチ(クロアチア) 1990-1991
ヴィエッコスラブ・スクリーニャ(クロアチア) 1993-1994
エディン・ムイチン(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1995-2001、2002-2005
ブランコ・フチカ(クロアチア) 1996-1997
ニコ・クラニチャール(クロアチア) 2001-2004
ルカ・モドリッチ(クロアチア) 2002-2003、2004-
アルビン・ペラック(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 2003-2004
シルビオ・レイナルド・スパン(トリニダード・トバゴ) 2004

▽FW
ドラザン・イェルコビッチ(クロアチア) 1955-1965
ダヴォール・シューケル(クロアチア) 1989-1991
イゴール・ツビタノヴィッチ(クロアチア) 1993-1998、1999-2002
マーク・ヴィドゥカ(オーストラリア) 1995-1999
三浦知良(日本) 1999
ゴッツェ・セドロスキー(マケドニア) 1999-2004、2005






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
HNKシベニク(HNK Šibenik)は、クロアチア・シベニクを本拠地とするサッカークラブチーム。


■HNKシベニクの歴史

1932年 : NKシベニク(NK Šibenik)として創設される。
1992年 : HNKシベニク(HNK Šibenik)に改名。


■HNKシベニクのタイトル

▽国内タイトル

なし


▽国際タイトル

なし


■HNKシベニクの過去の成績

2005-2006 : 3位


■HNKシベニクの歴代所属選手

スラヴェン・ビリッチ
イヴァン・ラデリッチ






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
NKザグレブ(NK Zagreb)は、クロアチア・ザグレブを本拠地とするサッカークラブチーム。

1903年に創設されたクロアチアで最も古いサッカークラブのひとつ。創設当初のクラブ名はPNIŠK(Prvi Nogometni I Športski Klub)。2001/02シーズンに初のリーグタイトルを獲得した。

詩人シルヴィエ・ストラヒミル・クラニチェヴィッチにちなむクラニチェヴィチェヴァ通りにスタジアムがある事から、クラブは詩人(Pjesnici)のニックネームで呼ばれる。


■NKザグレブのタイトル

▽国内タイトル

クロアチアリーグ:1回
2001-2002


▽国際タイトル

なし


■NKザグレブの歴代監督

ミロスラフ・ブラジェヴィッチ


■NKザグレブの歴代所属選手

ロベルト・プロシネチキ
ブランコ・フチカ
ジョシップ・バリシッチ
ベルナルド・ヴカシュ
ブランコ・フチカ
ジョシップ・バリシッチ
ニーノ・ブーレ
ヴィエッコスラブ・スクリーニャ
ダリオ・ダバツ
イヴィツァ・オリッチ
ブランコ・ストルパール
ペタル・クルパン







Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
NKオシエク(NK Osijek)は、クロアチア・オシエクを本拠地とするサッカークラブチーム。


■NKオシエクの歴史

1947年 : FDプロレテル・オシエクとして創立。
1961年 : SDスラヴォニア・オシエクに改名。
1967年 : NKオシエクに改名。


■NKオシエクのタイトル

▽国内タイトル

クロアチア・カップ:1回
1995


▽国際タイトル

なし


■NKオシエクの歴代所属選手

ダヴォール・シューケル
イゴール・ツビタノヴィッチ
ユリツァ・ヴラニェシュ
マルコ・バビッチ





Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
NKインテル・ザプレシッチ(NK Inter Zaprešić)は、クロアチア・ザプレシッチを本拠地とするサッカークラブチーム。

1929年、主要スポンサーであるセラミックメーカーのユーゴケラミカの名を冠してクラブが創設された。ユーゴスラビア連邦解体後、ユーゴケラミカがインケル(INKER、INdustrija KERamikeの略)へと改名したため、クラブの名前も同様に改められた。2003年にインケルがスポンサーから撤退後は、語感が近いインテルというクラブ名になっている。


■インテル・ザプレシッチの歴史

1929年 : ユーゴケラミカ・ザプレシッチ(Jugokeramika Zaprešić)として創設。
1991年 : NKインケル・ザプレシッチ(NK Inker Zaprešić)に改名。
2003年 : NKインテル・ザプレシッチ(NK Inter Zaprešić)に改名。


■インテル・ザプレシッチのタイトル

▽国内タイトル

クロアチア・カップ:1回
1992

▽国際タイトル

なし






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。