サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反則を犯したチームヘの罰として相手チームによって試合を再開させるキック。直接得点できる直接フリーキックと、ほかのプレーヤーに触れてからでないと得点できない間接フリーキックがある。フリーキックの際は、守備側選手は一定距離離れなければならないが、その距離が満たされていなくても攻撃側はキックでプレーを始めることができる。


■詳細ルール
フリーキック


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
▽イエローカード
警告を告げる際に主審が提示するカード。同一試合に2枚で退場(レッドカード)となる。

▽レッドカード
退場を告げる際に主審が提示するカード。

▽ハンドリング、ハンド
プレイヤーが手でボールを扱う反則。故意や悪質と判断されたもの、決定的な得点の機会を阻止した(例 触らなければゴールになるシュートをフィールドプレイヤーが手で阻止した)場合には、警告や退場となる。一方、たとえばプレーに伴い、体のバランスを取るために手を広げていたところに相手の蹴ったボールが偶然当たったような場合は、手に明らかに当たっていても反則を取られない。

▽キッキング
相手選手を蹴ること。

▽トリッピング
相手選手をつまずかせる行為。足、又は体を使い相手選手を倒したり、倒そうとする行為。

▽ジャンピングアット
相手選手に飛びかかる行為。

▽ストライキング
相手を殴ること。または殴ろうとする行為。

▽プッシング
相手選手を押すこと。

▽ファールチャージ
乱暴で危険な手法で相手選手にチャージする行為。または、妨害していない相手選手を背後からチャージする行為。

▽ファールコンタクト
ボールに触れる前に相手選手に触れること。

▽ホールディング
相手選手を押さえ込むこと。

▽スピッティング
相手選手に唾を吐きかけること。

▽アドバンテージ
守備側に反則があったが、その反則を取らずに流したほうが明らかに攻撃側に有利な場合 (例 守備側に後ろからのチャージがあって攻撃側選手が倒されたが、ボールがこぼれて他の攻撃側選手に渡り、得点のチャンスとなった場合等) はその時点での反則を取らないことがある。これをアドバンテージといい、主審は両手を上前方にあげるジェスチャーで示す。一方、それは反則をなかったことにするということではないので、ボールがタッチを割るなどしてプレーが切れたときに、その反則を犯した選手に警告や退場を命じることがある。

▽シミュレーション
相手選手との接触による転倒を模擬し、審判を欺こうとする行為。



■詳細ルール
ファール
イエローカード
レッドカード
ハンド
アドバンテージ
シミュレーション


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
■オフサイド
相手側ゴールラインより前に相手側の選手が2人(GK含む)の時に、相手選手達より前、あるいは間に味方が立ち、その味方にボールを蹴り出す行為。または、ボールに関与する動きをすること。または、相手選手を邪魔すること。

もう少し明確な説明をすると
①相手のエリアであること(ハーフウェーラインから相手のゴールラインまでのエリア)
②ボールのある位置よりゴールラインまで
③ゴールラインからGKを含む相手のプレイヤー二人目のいる位置まで

この3つの条件を同時に満たす範囲をオフサイドのゾーン(オフサイドポジション)と定義し、このポジションより前で待っている選手にパスを出した時に、オフサイドと判定される。(ボールが蹴られた瞬間のポジションで判断する。キック後に選手がオフサイドポジションから下がっても、オフサイドになる。)

一般に、サッカー初心者にとってはわかりにくいとされるこのルールが存在するのは、相手ゴール前での「待ち伏せ」を防止するためである。また、歴史的に起源を同じくするラグビーにも同名のルールがある。

審判に判断をゆだねられている部分があり、オフサイドポジションに味方選手がいた場合でも、シュートなどでその味方選手がプレーに関与していなければオフサイドはとらない場合がある。しかしシュートで跳ね返ったボールを、オフサイドポジションにいた選手が拾った場合などでは、相手の脅威になったとしてさかのぼって前のプレーをオフサイドと判定するケースもある。時間にして2、3秒であるが審判の判断の難しい部分である。


■詳細記事
オフサイド




Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
■得点
ゴールにボールを入れたチームがその前に競技規則の違反を犯していなければ、両ゴールポストの間とクロスバーの下でボールの全体がゴールラインを越えたとき得点となる。


▽勝利チーム
試合中に得点の多かったチームを勝ちとする。両チームが同点か、共に無得点の場合は、試合は引き分けである。

▽競技会規定
引き分けに終わった試合のために、試合の勝者を決定するための延長戦、あるいは国際評議会が承認したその他の手続きに関する条項を競技会規定にもうけることができる。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

■ボールのアウトオブプレー

ボールは次のときにアウトオブプレーとなる
①地上、空中を問わず、ボールがゴールラインまたはタッチラインを完全に越えた
②主審がプレーを停止した


■ボールのインプレー

これ以外の全ての時間は、次の場合も含めてボールはインプレーである
①ボールがゴールポスト、クロスバー、コーナーフラッグポストからはね返ってフィールド内にある
②ボールがフィールド内にいる主審または副審に当たる



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
キックオフ若しくはドロップボールで試合が開始、再開される。 開始前、団結力を高める為にチームで円陣を組むことは日本から始まった。


■関連記事
キックオフ


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
▽前後半45分の計90分。

▽年齢、性別により変更できる。

▽途中の選手交代や負傷などによる中断時間を審判員が独自に計測し、その分の余剰時間(ロスタイム)を付ける。

▽一定以上の規模の試合では、第4の審判員が目安となる時間をタッチラインで明示する。

▽時間内に決着がつかなければ次のように取り扱われる。
①引き分け
各国リーグではそのまま引き分けにする場合が多い。
②延長戦
トーナメント戦で次のラウンドに進むチームを決める場合に行われる事が多い。
③PK戦
延長戦でも勝者が決しない場合に行われる。ごくまれに、延長戦を行わずにPK戦を行う場合もある



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
フィールド上に主審が、タッチライン上に副審2名が置かれる。大きな大会ではこれ以外に第4、第5の審判員が設置される。


■詳細ルール
審判員



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
シャツ
パンツ
ストッキング
スパイク
脛当て(シンガード)(レガース)
グローブ(キーパー用)


■関連記事
競技者の用具



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
▽11人以下。但し、そのうち1人は必ずゴールキーパーであること。どちらかのチームが7人未満の場合は試合を行わない。

▽FIFA、各大陸連盟、各国協会が行う公式競技会ではいかなる試合でも最大3人まで交代できる。

▽親善試合などでは6人までの範囲で交代枠を増やすことができる(対戦者の合意があればさらに増やすことができる場合もある)。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
■ボールに求められる規格
球形である。
革皮または適切な材質である。
外周は68-70cmとする
重さは試合開始時に、410-450gとする
空気圧は0.6-1.1気圧とする。

■試合の途中でボールが破損した場合の取り扱い
主審の許可なしに、試合中ボールを交換する事は出来ない。
主審の許可を得て試合を中断する
新しいボールに交換した上で、ボールが破損した位置から、ドロップボールで試合を再開する

■その他FIFAによる決定事項
試合球は上に挙げた、ボールに求められる規格を全てクリアしていなければならない。
試合球には公式のFIFAの検定印が刻印されていなければならない。

■例外事項
ただし、16歳未満の競技者・女子・35歳以上のカテゴリーにおいては以下を大会の競技規則で修正できる。

大きさ
重さ
材質


■関連記事
サッカーボール



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
▽フィールド大きさ
縦105m×横68m(国際大会)

▽ライン
12cm以下

▽ゴールの大きさ
7.32×2.44m(内側寸法)、柱12cm程度

▽コーナーフラッグ
高さ1.5m以上

▽センターサークル
ゲームの開始時 (キックオフ) 、また、得点が入ったとき、ここの中心 (センターマーク) からプレイが始められる。相手側の選手がこのエリアにいるときは、キックオフすることができない。

▽タッチライン
フィールドの長辺(側方)に引かれたライン。ボールがこのラインからフィールドの外に出たとき、最後に触れた選手の相手方のチームにスローインが与えられる。

▽ゴールライン
フィールドの短辺(ゴールの接する辺)に引かれたライン。ボールがこのラインからフィールドの外に出たとき、最後に触れた選手が攻撃側の場合はゴールキック、守備側の場合はコーナーキックになる。

▽ペナルティーエリア
このエリア内では、守備側のゴールキーパーがボールを手で扱える。また、守備側が直接フリーキック(FK)にあたる反則をした場合には、攻撃側にペナルティーキック (PK) が与えられる。


■関連ページ
サッカーのフィールド



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
サッカーにおけるフリーキック(Free Kick)とは、試合中に何らかのファウル、不正行為が行われた時、反則を受けた側が反則を受けた地点から相手の妨害を受けない形でキックする事によってプレーを再開するルールである。直接ゴールを狙う事が許される直接フリーキックと、2人以上のプレーヤーがボールに触れないとゴールが認められない間接フリーキックに分けられる。また、ペナルティーキックもフリーキックの一種である。


■ルール上の規定

サッカーのルールとなるLaw of the Game(日本サッカー協会では「サッカー競技規則」)では第13条フリーキック(Free Kick)に於いて規定がなされている。尚、どのようなファウル、不正行為が直接フリーキック、間接フリーキックに相当するかは第12条の「ファウル、不正行為」に於いて定められている。


▽直接フリーキックに相当するファウル、不正行為

相手を蹴る、躓かせる、飛び掛る、チャージする、殴る、押す、抑える、つばを吐きかける、ボールに行っていないタックル、ハンドが直接フリーキックに相当する。


▽間接フリーキックに相当するファウル、不正行為

又、間接フリーキックは主にゴールキーパーの不正行為に対して、相手チームに与えられるもので、ゴールキーパーがボールを手から離すまでに6秒以上掛かる、ボールを手から離して相手プレーヤーが触れる前に再び手で触れる、バックパスを手で触れる、味方プレーヤーのスローインを直接手で触れる。といった行為に対して与えられるものである。

ペナルティエリア内においてゴールキーパーが味方の選手のバックパスを手で触れてしまうと間接フリーキックとなるが、その場合はどんなにゴールに近い位置でも間接フリーキックになる。当然フリーキックなので間接フリーキックを与えてしまった側も壁を作ることが出来る。

又フィールドプレーヤーに対しては、危険な方法でプレーする、相手の前進を妨げる、ゴールキーパーがボールを離すのを妨げる行為に対して間接フリーキックが与えられる。


▽主審のシグナル

直接フリーキック時には、審判は手を横に掲げる。間接フリーキック時には審判は手を上方に掲げる。


▽ボールがゴールに入った時の扱い

直接フリーキック
・直接フリーキックが行われ、相手ゴールに直接入った場合は得点として認められる。
・直接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、相手側のコーナーキックで試合が再開される。

間接フリーキック
・間接フリーキックが行われ、相手ゴールに直接入った場合はゴールキックとなる。
・間接フリーキックが行われ、自分のゴールに直接入った場合、相手側コーナーキックで試合が再開される。


▽フリーキックを行う位置

・フリーキックは、直接、間接を問わず、ファウル、不正行為が行われた位置から行われる。
・相手プレーヤーはボールがインプレーになるまでボールから、9.15m(10yds)以上離れなければならない。この距離は、主審(場合によっては副審)が設定し、この距離までプレーヤーを下がらせるように整理を行うが、主審の指摘に反して、距離が不足している場合は「距離不足」という名目でイエローカードの対象となる。なお、ペナルティエリア内での間接フリーキックのときは、守備側はゴールライン上にいる場合に限って9.15m(10yds)以上離れていなくても良い。
ボールが蹴られた瞬間インプレーとなる。


▽フリーキック時の反則

フリーキックの時、相手プレーヤーがボールから9.15m(10yds)以上離れていない時、若しくはインプレーになっていないのに、この距離を意図的に縮めた時は再びキックを行わなければならない。


■フリーキックの名手

マルコス・アスンソン
阿部勇樹
岩本輝雄
遠藤保仁
小笠原満男
小野伸二
ロベルト・カルロス
エンリコ・キエーザ
木村和司
三都主アレサンドロ
ジーコ
ジネディーヌ・ジダン
ドラガン・ストイコビッチ
ジャンフランコ・ゾラ
ホセ・ルイス・チラベルト
中村俊輔
名波浩
イアン・ハート
アレッサンドロ・デル・ピエロ
アンドレア・ピルロ
ルイス・フィーゴ
ミシェル・プラティニ
デビッド・ベッカム
トーマス・ヘスラー
ハビエル・デ・ペドロ
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ
ピエール・ファン・ホーイドンク
本田圭佑
ディエゴ・マラドーナ
三浦淳宏
三浦知良
シニシャ・ミハイロヴィチ
ロベルト・リベリーノ
アルバロ・レコバ
リバウド
ティエリ・アンリ
フアン・セバスティアン・ベロン


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
一般的にはフーリガンと言う言葉はイングランドのフーリガンの代名詞となっているが、フーリガンが最初に発生したのはオランダ・ユトレヒトのスタジアム。全席が移動の容易な立見席だったため、サポーター同士の衝突が頻繁に発生した。1980年代にはドイツ、イングランドからヨーロッパ各地に広がり社会問題となった。

1985年5月29日、ヨーロッパチャンピオンズカップの会場となったベルギーのヘイゼルスタジアムで、リヴァプール(イングランド)のサポーターがユヴェントス(イタリア)のサポーターと衝突し、多数の死者を出した事件(『ヘイゼルの悲劇』と呼ばれる)により、フーリガン=イングランドのイメージが定着した。

現在では1982年に新たに建設されたユトレヒトスタジアムがFIFAのモデルとなり、イングランドにおいては会員制のチケット販売や立ち見席の廃止、監視カメラの導入等で英国のスタジアムでもフーリガンはほとんど見られなくなっている。とはいえ、外国人がスタジアムのゴール裏に行ってサッカー観戦することは、安全上好ましいことではない、と堂々と案内されるケース(特にイタリア)もあり、注意が必要である。

その意味では、日本のJリーグでは全体的として安全なサッカー観戦が可能である。一部では過激なサポーターも存在することも事実であるが、老若男女が集って応援できるJリーグは、世界的なサッカー観戦のスタイルからいっても非常にレアな(そして胸を張ることのできる)ケースといえよう。とはいえ、FIFAワールドカップでサッカー日本代表の試合が終わった際、毎度の事のように渋谷等で興奮してフーリガンと化した若者達による暴動が起きている。


▽関連記事
フーリガン


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
フーリガン (hooligan) は主に暴力的な行為を行うサッカーの応援団(サポーター)を指す。単純なスポーツの応援形態という問題にとどまらず、国によって失業問題や民族、人種、宗教間の対立等の様々な問題が根底にあると言われる。


■語源

19世紀のロンドンで暴れていたアイルランド系一家の姓Houlihanが由来
19世紀のイギリスで流行していた歌の中で揶揄されるアイルランド系住民の名がフーリガンであったことに由来等の説がある。
19世紀後半にフーリガンズと自称する不良集団がイギリスで新聞記事となり広まった
がある。


■フーリガンの分類
フーリガンには大きく3つの種類がある、とされている。

①試合の観戦ではなく、暴れる事そのものを目的とする人
②自分は暴動に加わらないが、騒ぎを煽り立てる人
③自分から騒ぎを引き起こすことはないが、他人が騒ぎ始めればその場のノリでそれに加わる人(アルコールが入っている場合が多い)
特に1と2のタイプは、警察から厳重にマークされている。

サッカーのサポーターは試合の勝敗に直結して騒ぎを起こすことが多いが、フーリガンの場合は、暴れること自体が目的であり、サッカーの結果や内容とは関係なく、相手サポーターやチームに言いがかりをつけて暴れることがほとんどである。

移民系の選手の多いヨーロッパの各国リーグでは、最近、人種差別的・侮蔑的なブーイングを起こして試合を中断させるケースも多くなってきた。これは、いままでのフーリガンのように、直接器物を破壊する単純なケースとは明らかに異なる。多種多様なヨーロッパの人種形成の根幹、社会構成に絡んで、問題解決の糸口も一様ではない。しかし、サッカー観戦のモラルそのものが低下していることは事実であり、今後、大きな問題に発展する可能性もある。


▽関連記事
フーリガンの歴史


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
一般にイギリスと呼ばれるこの国は、正式には「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」といい、行政上まとまりのあるイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4カ国で構成されている。

「近代サッカーの母国」と呼ばれ、それぞれに独自のサッカー協会があり、独立してリーグを展開している

各国の協会とも国際サッカー連盟(FIFA)より早く発足していたため、FIFAには各国単位での加盟を認められ、W杯・欧州杯にも独自の代表チームを参加させている。さらに7人いるFIFA副会長の一人はこの4協会から選ばれるなど、いくつかの特権的な地位が与えられている。

イギリスでは選手の人形が子供たちに良く売れている。ハロッズ等のデパートでも良く見かける人形は産業大国日本から見れば決して似ていると言えたものではないが、なぜか子供たちを中心に人気のある選手は良く売れる。

イギリス社会は非常に明確な階級社会である。上流階級というのは土地持ち貴族であり、その中でも爵位貴族は一握りしかいない最上流階級である。次に企業経営者・高度職業人(弁護士、医師、大学教員など)で構成される中流階級、そして一番下には労働者階級が存在している。サッカーはもともとラグビーと同じく中流階級の師弟が通うパブリックスクールで近代競技として成立したが、現在では労働者階級の娯楽として普及している。一方、ラグビー・フットボールはどちらかと言えば中流階級にファンが多い。上流階級はフットボールにあまり興味を持っていない。

面白いことに、サッカー選手や監督が、プロ競技における傑出した実績によって一代限りの騎士や勲爵士となることがある(デヴィッド・ベッカムやサー・ボビー・ロブソン、サー・アレックス・ファーガソンなど)。

サッカーがラグビーよりも下の階級に好まれる理由として、フーリガンという、あまり好ましくない暴力的なファンの存在が挙げられることもあるが、これは原因ではなくむしろ結果である。


▽関連記事
フーリガン


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ブラジルは世界一と言っても過言ではない程のサッカー大国である。代表チームの人選や戦績は常にニュースになる。サッカーが社会に与える影響は日本人からは想像できぬほど大きい。ブラジル版ドーハの悲劇のような事が起こったとしたら、実際に何が起こるか見当もつかない。

ブラジルの貧富の差は世界的にも有名である。その中で貧しい者が這い上がる術として一番身近なものがサッカーである。小学生程の子供たちがクラブチームが支給する物を手にするためしのぎを削っている。クラブチームが支給するものは奨学金やお小遣い程度の給料、ユニフォームやスパイクといった現物がある。クラブ側は育てて欧州等のビッグクラブに高額で移籍させる事を大きな目的としている。

ブラジル人選手のリズム感はサンバやカポエイラの影響があるとも言われている。実際、最高のドリブラーであるロナウジーニョなどは、その説を十分に納得させるものがある。

1950年に開催されたワールドカップ・ブラジル大会では、初優勝を目指すブラジルが、ウルグアイに惜敗した。このため、試合会場となったマラカナン・スタジアムでは、4名が死亡(自殺者2名、ショック死2名)、20人以上が失神した。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
言わずと知れたスーパースター、ディエゴ・マラドーナ。彼には国民全てと言っても過言でないほどの信仰がある。一人の社会人、人間としては賛否両論あるが、サッカーに関する限り、彼は神同然の存在である。2004年4月18日、マラドーナが薬物中毒で危篤となり入院した際には、入院先の病院の庭や、マラドーナの自宅前で神に祈りを捧げる人が後をたたなかった。

2001年12月のアルゼンチン通貨であるペソが大暴落し、庶民の生活は困窮を極めたが、それでも人々はスタジアムに足を運ぶことをやめなかった。クラブ側も入場料を現金で取るのをやめ、入場者に食料品や衣類など、生活必需品で家庭に余っているものを持ち寄ってもらうことで入場料とした。

1978年のワールドカップ・アルゼンチン大会は、1976年にクーデターを起こした軍事政権下で開催された。軍事政権はアルゼンチン代表チームに優勝を課し、大会の成功に国の威信をかけた。というのも、軍事政権は人権侵害などで欧州各国から悪いイメージを持たれていたためである。ワールドカップの成功で、欧州各国の世論のイメージを払拭しようとした。このように、欧州・南米では、サッカーは生活と文化に密着しているため、政治問題とも密接な関係を持っている。

アルゼンチンでは、バビーフットボールと呼ばれる現在のフットサルに似た競技が非常に盛んである。狭いスペースで激しいプレッシャーを浴びながら技術を伸ばすアルゼンチンの選手たちは、ドリブルに他国とは違う特徴を持っている。 ブラジルでは、カポエイラの文化が色濃く残っていることからボールには触れず体の揺さぶりによって相手の重心をずらしぬき去るというドリブルテクニックを持っているが、アルゼンチンでは、バビーフットボールのように狭いスペースで相手にボールを奪われないために細かくボールをタッチしてドリブルしていく特徴がある。 現在のサッカーシーンで数多く活躍するブラジル、そしてアルゼンチン選手。彼らのドリブルの特徴に注目してサッカーを観戦してみてはいかがだろうか。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ヨーロッパ各国のリーグ全体に言えることであるが、スペインでは各地方(特にカタルーニャ州とバスク国)の独立意識が強く、サッカーのクラブも各地方の象徴的存在として捉えられている。さらにフランコ独裁時代に中央(マドリード)の政府が各地方の民族文化を制限したことが、現在の各地方の民族意識を高揚させた側面も見逃せない。

中でもカタルーニャ人の首都マドリードに対する対抗意識(あるいは敵愾心)は強烈で、カタルーニャの象徴であるFCバルセロナと、マドリードの象徴であるレアル・マドリードの一戦エル・クラシコは全世界のサッカーファンが注目する一戦となっている。またバスク州のアスレティック・ビルバオはバスク出身者のみで構成されたチームに拘っていることで知られ、地元民の支持を得ている。

その反面、スペインという国家への各地方民の帰属意識は希薄であり、それがスペイン代表がなかなか国際大会で勝てない理由であるという説もある。ちなみにバルセロナでは代表戦を行っても盛り上がらないため、ホーム開催の国際試合はあまり行われない。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
最近では地上波TVでもよく聞くようになった「カテナチオ」。カギを掛ける、という意味で、堅実に守って一発で相手をしとめるサッカーを美徳とする風習がある。これは中世の騎士の影響等も言及されることがある。5-4で勝つより、1-0で勝つほうが好まれる。ブラジルでは1-0で勝つよりも5-5の引き分けの方が好まれることもある。しかし最近のイタリアサッカーは、ややブラジル化している。

▽カテナチオ
カテナチオ、カテナッチョ(Catenaccio)とは、1950~60年代にイタリアで流行したサッカーの戦術。ほとんどの選手が自陣に引いてしっかり守るという堅い守備で、前線の数人だけで素早く得点を取るというイタリアのカウンター・サッカーの戦法をこう呼ぶ。サッカーにおいて堅実な試合運びを好み、内容よりも結果を重視するイタリア人らしい戦術である。 あまりにも守備を重視した戦術であったため、それが転じて、現在ではイタリア・サッカーの守備的な戦い方そのものを表す。 カテナチオという言葉自体は、イタリア語で「カギを掛ける」、「閂(かんぬき)」という意味である。ディフェンスラインの後ろで左右に動くスイーパーの動きがかんぬきを差す動きに似ていたところから、そう名付けられた。また、カギを掛けたように守備が堅い戦術という意味もある。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

ドイツサッカーを形容する最も象徴的な言葉は「勤勉」である。全員がよく動き規律を重んじるサッカーが好まれる。華やかなサッカーを好むファンの中には「ドイツサッカーは面白くない」と切り捨てる者もいる。体格的に長身で屈強な選手が多いため、どこかパワープレイしか行わないというイメージがある。しかし、ドリブルが盛んな南米のサッカーと比べることは意味が無い。実際は、ドイツ人選手の多くはボールコントロールが上手い。W杯でブラジルに次ぐ成績を残していながら何故か肯定的に捉えられないことが多い国である。

また、俗に「ゲルマン魂」と形容される、どんな逆境下においても決して勝負を諦めない不屈の敢闘精神も特徴としてしばしば挙げられる。圧倒的な優勝候補だったハンガリーを破って初優勝した1954年のスイス大会、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーに率いられて地元優勝を果たした1974年の西ドイツ大会、低い前評判を覆して準優勝まで駒を進めた2002年の日本/韓国大会など、そのゲルマン魂はワールドカップの舞台でも、奇跡としか形容できない脅威の逆転劇を次々と起こしてきた。ドイツサッカーが泥臭く見られる原因の一つである。また、ベッケンバウアーをはじめとして、カール=ハインツ・ルンメニゲ、ローター・マテウス、マティアス・ザマー、オリバー・カーンなど、ゲルマン魂の体現者と呼ぶに相応しい闘志溢れるチームリーダーも多く輩出している。

国内リーグは世界屈指の観客動員を誇り、2004-2005シーズンの1部リーグ(18チーム)は観客動員が1149万4764人、1試合平均3万7565人だった。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
強豪国のひとつではあるもののFIFAワールドカップでの優勝経験はまだ無い。ヨハン・クライフが率いてトータルフットボールで席捲した1974年の西ドイツ大会も準優勝に終わった。優勝したのはオランダトリオ(ミラントリオ)が在籍した1988年のEURO88のみである。W杯で好成績が収められないのは白人選手と黒人選手による空中分解が原因だとされている。


▽ヨハン・クライフ
ヨハン・クライフ(Johan Cruijff, フルネーム:Hendrik Johannes Cruijff, 1947年4月25日 - )は。オランダが生んだ天才プロサッカープレイヤー。1960年代後半から70年代にかけて世界のフットボールシーンを席巻した。サッカー史上屈指の選手に位置づけられているプレーヤーである。選手時代に欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)を3度受賞。現役時代のポジションはフォワード(センターフォワード)、攻撃的ミッドフィールダー(トップ下)。

また、独自のフットボール理論とその傲慢とも取れる程の強烈なカリスマ性で、指導者としても実績を残した。1996年以降は監督業からも退いてはいるが、選手としてもプレーしたFCバルセロナ(スペイン)やオランダ代表をはじめ、今もなおサッカー界に多大な影響を与え続けている。

特徴的なプレーとしては、軸足の後ろ側にボールを通す「クライフ・ターン」が有名。現代サッカーでは基本テクニックのひとつとして各クラブの下部組織などで少年たちに教えられている。またワンタッチプレーを好み、独特のタイミングで放つパスやシュートで相手選手を翻弄した。1974年のワールドカップ西ドイツ大会、対ブラジル代表戦で魅せたジャンピングボレーシュートは、後の「フライング・ダッチマン」の愛称に繋がっている。


▽関連記事
オランダトリオ
オレンジ軍団



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL

アメリカ国内では"Football"はアメリカンフットボールの事を指し、4大スポーツの1つである。サッカー(Soccer)は1970年 - 1980年代前半に「アメリカプロサッカーリーグ (NASL)」が存在したものの解散し「サッカー不毛の地」と呼ばれた。94年のアメリカワールドカップ後の96年にプロサッカーリーグ「メジャーリーグサッカー(MLS)」が発足するなど盛り上がりを見せていたものの、4大スポーツレベルに達するには至っていない。最近では14歳のプレイヤー、フレディー・アドゥーがプロ契約をしたと言うニュースがあったが、リーグ自体の盛り上がりはあまり聞えて来ない。ただし競技者人口は非常に多く、代表チームはワールドカップの常連である。近年ではケーシー・ケラー、ブラッド・フリーデルなど優秀なゴールキーパーを輩出することでも知られる。

アメリカではむしろ女子サッカーの方が盛んといえる。NASLがサッカーを少年少女に普及させるべくキャンペーンを行った結果、女性にもサッカーが普及し、男女同権の訴えにより大学に女子サッカー部が数多く誕生した結果、プロサッカーリーグ「WUSA」が誕生。しかし2003年の第4回FIFA女子ワールドカップを目前に休止となってしまった。


▽フレディ・アドゥ
フレディ・アドゥ(Freddie Adu、1989年6月2日生)はガーナ出身のサッカー選手。3歳でアメリカに移住したため現在はアメリカ国籍も持つ。ポジションはフォワード。177cm、68kg。弱冠14歳でプロ契約。16歳ながらアメリカ代表で国際試合に出場した。

10台半ばの選手としては卓越したテクニックを持つ選手。13歳でU-17選手権代表に、アラブ首長国連邦で行われたワールドユースの大会では、欧州、南米に比べレベルが高いとはいえないアメリカユース代表ながら、14歳で選出されたことからも、彼の抜きん出た能力と、周囲の期待が表されている。足の速さはユースの選手としては平均レベルのものだが、ボディバランスがよく、体の使い方がうまい。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ができるまで、日本にはアマチュアの日本サッカーリーグ(JSL)が存在し、それなりの人気があった。とくに1980年代には漫画『キャプテン翼』の大ヒットにより、小中学生を中心に野球を上回る人気があり、多くの少年がサッカーを始めるきっかけとなった。しかしJSLはそれほどの盛り上がりを見せずに、野球と人気を2分するまでには至らなかった。ただし、静岡県では大正時代からサッカーが盛んだった。

1993年にJリーグが開幕して空前のサッカーブームが起こり、またワールドカップへの関心が高まったが、アメリカ大会(1994年)のアジア地区最終予選(1993年)では、あとわずかの時間というところで本戦進出を逃す(ドーハの悲劇)。

しかしフランス大会(1998年)のアジア地区予選(1997年)では「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる劇的な通過を決めると、日本代表に対する人気が再び高まり、本大会の入場チケットが不足するなどの事態が起きた。更に日本と韓国で行われた2002年ワールドカップでは自国開催でもあるため、日本代表が出場しない試合でもテレビの視聴率は軒並み30%以上を記録し、またカメルーン代表チームが合宿地である大分県日田郡中津江村(現在の日田市中津江村)がクローズアップされるなど国民的なフィーバーが起きた。その結果、国内各地に数多くの大型スタジアムが作られ、とくに開催地であった新潟や大分に誕生したチームではプロ野球並みの観客動員を記録するなど、少しずつ観客が増えているといわれる。ただし自治体によってはせっかく造ったスタジアムに対する経費の維持管理が問題となるなど、必ずしもいいことばかりではなかった。

近年の調査によると日本国民はサッカー日本代表の試合に「関心がある」という人が増加しており、その割合は他のスポーツと比べても非常に多いとのことである。ただしその関心がJリーグにフィードバックするまでには至っていない。むしろ、増加する多くのサッカーファンはJリーグよりもレベルの高い欧州のプロサッカーチームに関心がある人が多い。日本で行われるクラブW杯ではヨーロッパのチームの試合においては常に満席である。また、多くのファンは若者に多く、逆に熟年層の多くは代表の試合しか見ないというのが殆どであり、こちらは野球のWBCで決勝に行けば高視聴率を記録したことから、ナショナリズムの影響も垣間見れる。

日本はサッカーがプロとなってまだ日が浅く、欧州や南米ほど生活に密着したサッカー文化は今のところ持たないが、その状況は徐々に変化していると言える。アルビレックス新潟などのように、J1でのタイトルを未だ獲得していなくても人気が高いチームも出現している。

サッカーというスポーツは既に日本でも人気のあるスポーツの一つとなっていることは疑いようが無く、現在はサッカー文化醸成の過渡期であるといえる。

例として、2006年の平均視聴率ではWBC決勝(43.4%)よりもW杯クロアチア戦(52.7%)やW杯豪州戦(49%)の方が高いなど、その影響は数字にも明確に表れてきている。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アイコンタクト(eye contact)とは

目で合図を送ってプレーすること。ボールホルダーが、パスを送る前に、パスを受ける選手に目線を送り、双方タイミングをはかる事。日本サッカー界では、ハンス・オフト監督が日本代表でスモールフィールド、トライアングル、スリーラインと共に、サッカー界にアイコンタクト・プレーの意識を広めた。今では目線フェイント(ノールックパス)も行われている。「右のサイド選手にアイコンタクトしておいて、中央のFWにスルーパスを出す。」ということもある。


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
アーリークロス(early Cross)

①相手ディフェンダーが戻らないうちに、ディフェンスラインとゴールキーパーとの間を狙って、浅い位置から早めに入れるクロス(センタリング)。

②カウンターなど速攻時は、相手のDFの数と陣形が揃ってないときに、低い位置から一気に前線に入れること。

アーリークロスの利点は、斜め後方からのロングパスになるために守備側はボールと選手を同時に捕らえにくく、またラインもそろえにくいのでマーカーを見失いやすい。有名な所ではベッカムが最も得意とするプレーである。欧州のカウンター型のチームが多用。


▽ベッカム
デビッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム OBE(David Robert Joseph Beckham OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス(イングランド)が世界に誇るスターサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(主に右サイドハーフ)。レアル・マドリード移籍後はセンターハーフ(ボランチ)でもプレイ、この経験から守備の意識が高まり、華やかな外見や評判からは想像しがたい献身的な働きを見せている。右足で蹴る「inch perfect」と称される正確なクロスボールとロングパスを得意とし、ゴールキーパーが触れることすら出来ないコースにカーブを描いて放たれるロングシュートは、時に「残忍なロングシュート」と形容される。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
ウイング (wing player)、またはウインガー (winger) は、サッカーのポジションの一つで、フォワードの一種。ピッチ上で左右の端に大きく開いた攻撃的選手のこと。

主な役割は、サイドの高い位置からドリブルなどにより局面を打開してフィニッシュワークに絡む事で、シュートないしクロスを上げることが求められる。 反面あまり低い位置まで戻ることはないので守備面の貢献度は低く、尚且つ長い距離を走る運動量も求められていなかった。

ウイングはかつてブリテン諸島では非常に重視されていたが、その重要度は徐々に減少していった、しかしながら現代フットボールに於いてはサイドアタックの重要性が見直されつつあり、ウイングプレーヤーを起用するチームが増えてきている。 ただ以前と違うのは守備面での貢献も求められており、純粋な突破力だけでなく守備力や長い距離を走れる走力を兼ね備えているサイドプレーヤーがほとんどである。  近年は3トップを採用するチームの増加とともに、ウイングのポジションも徐々に復活してきている。

ウイングを要して結果を残したチームでは、ヨハン・クライフがフリスト・ストイチコフとアイトール・ベギリスタインを擁したバルセロナ、ルイス・ファン・ハールがフィニディ・ジョージとマルク・オーフェルマルスを起用したアヤックスが共にUEFAチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグ)を制している。


■代表的なウイング・プレイヤー

アリエン・ロッベン(チェルシーFC)
フランク・リベリー(マルセイユ)
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)
リオネル・メッシ(FCバルセロナ)
アルベルト・ルケ(ニューカッスル・ユナイテッド)
ダミアン・ダフ(ニューカッスル・ユナイテッド)
ビセンテ・ロドリゲス(バレンシアCF)
ホアキン・サンチェス(バレンシアCF)
カズ(横浜FC)
岡野雅行(浦和レッズ)
ライアン・ギグス(マンチェスター・ユナイテッド)
リュドヴィク・ジュリー(FCバルセロナ)
ルイス・フィーゴ(インテル・ミラノ)
フレドリック・リュングベリ(アーセナルFC)
ハリー・キューウェル(リヴァプールFC)
ジョー・コール(チェルシーFC)


Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
黄金世代(おうごんせだい)とは、特定の分野において比較的狭い年齢層に突出した才能を持つ人材が集中することを指す言葉であり、英語のgolden generationの和訳である。近年ではスポーツ分野、特にサッカーで用いられることが多い。


■ポルトガルサッカーの黄金世代

現代において最もよく知られた黄金世代は、1969-1972年生まれで、1990年代に活躍したサッカーポルトガル代表の選手たちである。

1989年のワールドユースではパウロ・ソウザらを擁して優勝。さらに1991年に地元で開催された同大会にはルイス・フィーゴやルイ・コスタらが出場し、ポルトガルは連覇を果たした。ジョアン・ピントに至っては、この2大会に連続出場し2連覇に立ち会った。2006年現在、ワールドユースで2度優勝した選手はピントのみである。

彼らに続く世代も、1994年のUEFAU-21選手権準優勝、1995年ワールドユース3位、1996年アトランタオリンピックベスト4といった成績を残した。こうした実績から、彼らが長じて主力となった1990年代終盤から2000年代序盤のポルトガル代表に対しては、ポルトガルに欧州選手権やワールドカップをもたらすという期待がかけられていた。1998年までワールドカップ大陸予選での敗退が続いていたポルトガルは、2000年の欧州選手権でベスト4に進出し、期待を抱かせた。2002年ワールドカップでは大陸予選を突破したものの、本大会では1次リーグ敗退に終わった。

2004年には欧州選手権で決勝まで進出するも、伏兵ギリシャに敗れた。しかも、このとき代表に留まっていた黄金世代はフィーゴとルイ・コスタのみであった。結局、この世代がA代表としてポルトガルに栄冠をもたらすことはなかった。

彼らに代わる次の世代として、プラチナ世代が注目を浴びている


■日本サッカーの黄金世代

日本のサッカーにおける黄金世代は俗に「79年組」とも呼ばれ、1994年U16アジア選手権優勝メンバーの小野伸二、稲本潤一、高原直泰に代表される1979年-1980年生まれの選手たちを指すことが多い。その他、小笠原満男、加地亮、遠藤保仁、中田浩二、坪井慶介といった、後にA代表に定着することになった選手がこの年代に含まれる。

ちょうど彼らの少年期は、日本サッカー協会がトレセン制度を対抗戦方式から講習会方式に変更し、若手育成に力を入れ始めた時期に重なっている。また、多感な中学生年代にドーハの悲劇やJリーグ開幕といったイベントを経験したことが、彼らの意識に影響を与えたとする意見もある。こうしてサッカーにのめりこんでいった彼らの世代は、1999年にワールドユースで準優勝を果たした。世界大会での決勝進出は、日本サッカーにとって初めての快挙だった。

彼らが加わったサッカー日本代表は、その後もアジアカップ2000、同2004を連覇、シドニーオリンピックベスト8進出、地元開催のFIFAコンフェデレーションズカップ準優勝、FIFAワールドカップ日韓大会でも決勝トーナメントに進出するなど、それ以前を著しく上回る実績を残した。しかし、こうした成果を挙げた代表チームには中田英寿、中村俊輔ら1977年-1978年生まれの世代も多く加わっており、彼らの年代を含んで広義の黄金世代とする意見もある。

こうした目覚しい結果を残した世代に対し、1981年以降に生まれた(アテネオリンピックに出場したU-23日本代表)年代は、これほどの結果を残すことができず、またA代表への定着も進まないことから、しばしば谷間世代と揶揄されることがある。

また、黄金世代人気はテレビ界にも反影し色々な特集が組まれる中、2002年1月から、黄金世代の顔と言われている小野・稲本・高原を密着したSP番組「ワールドカップをめぐる冒険」が年に1度正月番組として放送されている。


■その他の黄金世代

韓国においては、日本より2歳ほど下(アテネオリンピックに出場したU-23韓国代表)の世代が黄金世代と呼ばれた。しかし、韓国は基本どの世代でも黄金世代という言葉を用いるので韓国における本当の黄金世代はどれを指しているのかはわからない。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
黄金のカルテット(おうごんのカルテット)または黄金の四人組(おうごんのよにんぐみ)とは、ブラジルのサッカー選手であるトニーニョ・セレーゾ、ファルカン、ソクラテス、ジーコの四人の総称である。


■黄金のカルテット

四人共に世界サッカー史上でも屈指の評価を得ているMFであり、その四人がブラジル代表として形成した中盤の豪華さを表す語として、他国メディアが羨望をこめて使用し浸透した通称。

1982年スペインW杯では、テレ・サンタナ監督率いるブラジル代表を優勝候補筆頭に挙げる声が多かった。なぜならブラジル代表は、黄金のカルテットを擁していたからだ。しかし、二次リーグで同大会を制するイタリアに3vs2のスコア(パオロ・ロッシのハットトリック)で敗れ、優勝はならなかった。 それでも予選リーグで見せた高い攻撃力・華麗なテクニックは多くのサッカーファンを魅了し、いまもって「ブラジルサッカー史上、最も多くの人々を魅了したチーム」と称されている。と同時に、最も前評判がいいチーム、面白いサッカーをしたチームが勝つとは限らない、ということの代表例として挙げられることも多い。

ただし、この中盤の核であったジーコ自身はこの「黄金の中盤」を「確かに技術的には黄金だった。しかし、コンビネーションを煮詰める時間がなく、今でもこの中盤は失敗作と言っていいものと思っている」とインタビューで答えている。また同じインタビューにおいて、その後悔が監督としての指導法に影響(中盤においてコンビネーションを熟成する事を最重要に考えること)を与えている、とも語っている。

因みにジーコは現役生活の晩年住友金属、鹿島アントラーズでプレーした後日本代表監督に就任、ファルカンも日本代表監督、トニーニョ・セレーゾは鹿島アントラーズの監督を勤めるなど、ソクラテスを除く三人は日本サッカー界との縁が深い。


■カルテット・マジコ(魔法の4人組)

2006年の時点でブラジル代表チームはロナウド、ロナウジーニョ、アドリアーノ、カカー、ロビーニョの5人から攻撃的MFとFWあわせて4人を起用して、これをQuarteto Magico(カルテット・マジコ=魔法の4人組)と呼んでいる。ちなみに5人全員を起用した場合はQuintet Magico(クインテット・マジコ=魔法の5人組)になる。しかし、これを採用するとチームバランスが異様なまでに前がかりになってしまう上、5人のプレーエリアは重なっている部分が多いので、それぞれの持ち味を消してしまう危険性が高いので採用される可能性はほとんど無いだろう。現状ではロビーニョが控えに回ることが多いので、ロビーニョを除いた4人をカルテット・マジコとする見方が一般的である。 この4人組もドイツW杯本大会ではほとんど本領を発揮できずに、ベスト8で敗退した。


■銀の四人組

この「黄金の四人組」とよく引き合いに出されるものとして、1982年スペイン大会・そしてメキシコ大会でのフランス代表チームの中盤を指した「銀の四人組」がある。ミシェル・プラティニ、ジャン・ティガナ、アラン・ジレスの所謂「三銃士」がいることはどちらの大会にも共通である。スペイン大会時は、これにベルナール・ジャンジニを加えた四人が、メキシコ大会時には引退したジャンジニに代わってルイス・フェルナンデスを加えたメンバーが、それぞれこの呼び方をされることとなった。

この銀の四人組もまた、ワールドカップで優勝することは出来なかった。


■日本の黄金のカルテット

ブラジルの黄金の中盤にならって名づけられたのが日本の黄金のカルテットである。そのメンバーは稲本潤一、小野伸二、中村俊輔、中田英寿の四人。日本代表のジーコ監督就任後初試合のジャマイカ戦で日本を代表するこの四人のMFが初めて同時にピッチに立ち、大きな注目を集めた。しかし、2004年以降中田、稲本が怪我で長期離脱した他、代表のシステムも変化していき、日本版黄金のカルテットは死語になりつつある。一部ではスター選手のスターシステム的扱いを好むテレビ・新聞などマスコミが過剰に騒いだ結果独り歩きした語である、という見方もある。

2004年4月チェコ代表に勝利、6月にはイングランド代表と引き分け大躍進を遂げた。しかし、チェコ戦、イングランド戦に中田の姿はなく、イングランド戦では試合終了間際に稲本が相手選手とぶつかり骨折(左足腓骨)してしまうというアクシデントが起こった。また、小野も怪我で離脱する事が多く、なかなか四人を同時に召集する事ができずにいた。その間に、国内組の小笠原、福西らが頭角を現し始める。そのため世間では、もう黄金の中盤の復活は難しいと見做されていた。しかし、ワールドカップアジア最終予選イラン戦(アウエー)では中田英寿のケガからの復調もあって、誰もが黄金の中盤の復活を予想した。しかし、そこには稲本の姿はなく、福西が出場し黄金の中盤復活には至らなかった。ジーコ監督は「DF・田中誠が累積警告で出場できないためのもので一時的なものだ」と話している。 本大会でも4人が同時にピッチに立つ事はなく、チーム自体も予選リーグで敗退した。

ちなみに、ジーコJAPAN初戦の2002年10月26日ジャマイカ戦、最終戦の2006年6月23日W杯ブラジル戦、共にスタメン出場を果たしたのは全メンバーの中でも中田、中村、稲本の三選手だけである。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
サッカーにおけるオフサイドは一言で簡潔に述べると、オフサイドポジションにいる選手に対してパスを出す事を禁止するルールと言える。主審からは見えにくいことが多く、オフサイドの判定には副審が重要な役割を果たしている。

オフサイドポジションになる選手は、以下の条件を全て満たした場合である。

①相手陣内にいる。
②ボールより前にいる。
③相手の2番目に後ろの選手よりゴールラインに近い位置にいる。通常はゴールキーパーが最後尾なので、前にフィールドプレーヤーが1人いることが目安になる。

近年はルールが複雑となり、下記のように変更されている。

▽上記の条件の際にフィールドを縦に3分割し、パスの出た先がオフサイドポジションの選手と違う位置で、かつその選手が以降のプレイでボールに影響するプレイ(その位置からボールに向かって走る等)をしていない場合は、オフサイドを適用しない。

この条件を全て満たした選手にパスを送ると、オフサイドが適用され、相手の間接フリーキックにより試合は再開される。



Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。