サッカーの用語・戦術と技術・ルールの掲載
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡辺 正(わたなべ まさし、1936年1月11日 - 1995年)は、日本の元サッカー選手、および指導者。選手時代のポジションはフォワード。サッカー日本代表選手として出場したメキシコシティオリンピックでは、今で言うスーパーサブ役を担い、銅メダル獲得に貢献した。晩年は日本代表監督も務めた。広島県広島市出身。


■渡辺 正の経歴

実家はお寺。子どもの頃、原爆で焼け野原になった町で、壊れた墓石運びの手伝いをさせられ、これが足腰の鍛錬になったという。広島市立基町高等学校から、同郷の名将・寺西忠成が監督を務めていた八幡製鉄サッカー部(後の新日本製鐵八幡)に入部した。当時の八幡製鉄は広島出身者が多数を占め、荒っぽい広島弁が飛び交う「野武士軍団」だったが、中でも渡辺の個性は出色で、酒豪で連夜ネオン街に繰り出し、泥靴で寝床に入ることもしばしばだったと言う。また負けず嫌いな性格から一度八幡製鉄を辞め、1958年に立教大学に進学。卒業後の1962年に再び八幡製鉄に入った。1960年前後の八幡の黄金期に中心選手として活躍。その熱血漢振りから「闘将」と呼ばれた。

1960年ローマオリンピック予選から全日本に選ばれる。1964年東京オリンピック、1968年メキシコシティオリンピック連続出場。メキシコでは、松本育夫と右ウイングの位置を分け合い、右サイドを高速で駆け上がりゴールを奪った。この大会6試合、日本の9得点のうち7得点が釜本で、あとの2得点は渡辺が挙げたものである。特に1次リーグ2戦目の対ブラジル戦では、1点リードされ敗色濃厚の後半終了間近に投入されると、杉山隆一の左からのクロスを釜本邦茂が相手選手3人に競り勝って頭で折り返し、ゴール前に詰めた渡辺がダイレクトボレーで決めた。この同点弾がなければ、銅メダルもなかった。代表通算38試合出場、Aマッチ通算13得点は歴代10位の記録。

晩年はプレーの切れ味こそ衰えたものの、ゴールへの執念はなお健在で、ゴール前のスペシャリストと呼ばれた。

1969年には八幡製鉄のプレイングマネージャーとなり、選手引退後も1975年まで監督を続けた。また1973年からは日本代表ユースコーチを兼ね、1977年日本代表コーチ、1980年日本代表監督を歴任し、木村和司、風間八宏、田嶋幸三、西村昭宏など若き才能を多く抜擢した。

しかし代表監督就任から5ヶ月でクモ膜下出血で倒れ、左半身不随となる。懸命なリハビリの末、半年後には新日鐵東京本社で業務に復帰するまで回復した。1984年、母校・立教大学サッカー部の監督に就任。1987年からは日本サッカー協会へ出向した。

1995年没。2006年、日本サッカー殿堂入り。


■渡辺 正の逸話

木村和司が明治大学在学中に日本代表に抜擢した。渡辺と同郷でもあった木村は八幡製鉄入りが確実とされていたが、諸般の事情により日産自動車に入部。このことはその後の日本リーグの勢力地図を大きく変えたといわれている。
気性の激しい選手として知られたが、松本育夫がヤマハの「つま恋ガス爆発事故」で瀕死の重傷を負い長期入院を強いられたときには、仕事の帰りに毎日見舞いに行き松本を励ました。


■渡辺 正の所属チーム

1953 - 1958 : 八幡製鐵
1958 - 1962 : 立教大学
1962 - 1969 : 八幡製鐵 通算79試合出場 19得点


■渡辺 正の代表歴

▽出場大会
ローマオリンピック予選
1962年 ワールドカップチリ大会予選
アジア競技大会 (1962,1966)
東京オリンピック(ベスト8)
メキシコシティオリンピック(銅メダル)
1970年 ワールドカップメキシコ大会予選

▽試合数
国際Aマッチ 38試合 13得点(歴代13位) (1958-1969)
国際Bマッチ 17試合 2得点 (1961-1968)
国際Cマッチ 77試合 15得点 (1957-1970)


■渡辺 正の指導経歴

1969 - 1975 : 八幡製鐵 / 新日本製鐵 監督
1979 : 日本代表 コーチ
1980 : 日本代表 監督






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
スポンサーサイト
横山 謙三(よこやま けんぞう、1943年1月21日 - )は、日本の元サッカー選手、コーチ・監督。現役時代のポジションはゴールキーパー。旧名は兼三。埼玉県出身。


■横山 謙三の経歴

埼玉県立川口高等学校3年時の1961年にゴールキーパーに転向。立教大学社会学部からJSLの三菱重工(現-浦和レッドダイヤモンズ)に入団した。JSLでは通算136試合出場、日本代表では国際Aマッチ37試合出場の記録を残した。1964年の東京オリンピックではアルゼンチンを破る大金星に貢献、1968年のメキシコシティオリンピックでも活躍、メキシコオリンピックの銅メダル獲得にも貢献した。三菱重工では1学年後輩(生年は同じ)の森孝慈と共に1969年の初優勝に貢献した。

1976年から三菱重工の監督に就任、1978年には日本サッカーリーグ、JSLカップ、天皇杯と当時の3冠を全て制覇した。この年から三菱のユニフォームは青から赤に変わり、これは今の浦和レッズにも受け継がれている。

1988年からは日本代表の監督に就任した。当時はまだ目新しかった3-5-2のシステムを採用し、両サイドのMFをウイングバックと呼び攻撃の基点とする戦術を取ったが、FIFAワールドカップイタリア大会の出場権を得ることは出来ず1991年辞任した。同メキシコ大会を下回るアジア予選1次ラウンド敗退という結果にサッカーファンの不満が高まり、ファンによる解任署名運動やスタジアムでの解任要求横断幕掲示が行われた。その後、総監督としてバルセロナオリンピック出場を目指したがこれも出場権を得られず再び辞任に追い込まれた。その一方で井原正巳、北澤豪、柱谷哲二、福田正博、三浦知良、ラモス瑠偉らを積極的に登用しキリン杯で初優勝するなど次代の日本代表の中心選手が育っていった。また、この時期は唯一「日の丸」の赤を基調としたユニフォームを着用していたことでも知られる。

1994年には、前年の成績不振で辞任した森の後任となり、三菱重工の後身としてJリーグに参加した浦和レッズの監督に就任したが、低迷するチームを建て直すことは出来ず、サポーターから激しい非難を浴びた。1995年からは浦和レッズのゼネラルマネージャーを務め、チーム成績は向上していったが、原博実監督での2シーズン目で躍進が期待された1999年には不調に陥り、J2降格となった。1年でのJ1復帰を掲げた2000年は斉藤和夫を監督に据えたが、シーズン終盤の10月にチームのJ1復帰が危うくなると自らが総監督としてチームの指揮を執り、最終戦の勝利でJ1復帰を辛うじて実現させた。

2002年からは森にゼネラルマネージャーの地位を譲り、強化担当からは離れて(株)三菱自動車フットボールクラブの取締役として地域活動の強化にあたった。2006年6月で退任し、財団法人埼玉県サッカー協会専務理事に就任した。

2006年、第3回日本サッカー殿堂入り。


■横山 謙三の所属チーム

埼玉県立川口高等学校
立教大学
三菱重工業サッカー部


■横山 謙三の代表歴

▽出場大会
日本代表
FIFAワールドカップ予選:1970年メキシコ大会(1969年)、1974年西ドイツ大会(1973年)
オリンピック本大会:1964年東京、1968年メキシコシティ
アジア競技大会:1966年、1970年、1974年

▽試合数
国際Aマッチ 48試合 0得点 (1964-1974)
国際Bマッチ 24試合 0得点 (1964-1974)
国際Cマッチ 99試合 0得点 (1963-1975)


■横山 謙三の指導歴

三菱重工業サッカー部:監督 1976-1983
日本代表:監督 1988-1991
オリンピック日本代表:総監督 1992
浦和レッドダイヤモンズ:監督 1994
浦和レッドダイヤモンズ:ゼネラルマネージャー 1995-2001
浦和レッドダイヤモンズ:総監督 2000.10-12
浦和レッドダイヤモンズ:常務取締役、取締役 2002-2006.6
埼玉県サッカー協会:専務理事






Wikipediaより出典 - Article - History - License:GFDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。